困ったー

困ったことを調べたブログ

オリンピック特集👉👉👉 😊チケット申し込みは5/28まで。

10連休でお金が無くなったところへ、この攻撃は卑怯!👉👉👉 😊エピックストアで、 WorldWarZ 3880->2330円、サティスファクトリー 3380->2380円。 😊マイクロソフトストアで、 Minecraft Windows 10 スターター コレクション 3500->2350円。 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

シャオミは安全?

シャオミ(小米科技 Xiaomi)は、中国を代表するユニコーン企業です。日本でもシャオミのスマホを使っている人は多いのではないでしょうか。

2018年にはIPOを果たしており、資金調達を活用した更なる成長が期待されます。

シャオミとは?

f:id:apicode:20180710092829j:plain

出典:https://www.mi.com/en/

 

中国企業です。設立は2010年です。

 

スマホ販売が中心で急成長し、今ではアップルやサムスン電子のライバル格になるまでに拡大してきました。

 

2018年には香港取引所へIPOをはたし、5兆-10兆円ぐらいの時価総額となりそうです。

 

シャオミの成長戦略については以下のようなキンドル本が出ています。

 

今ではSNSを使ったセールスプロモーションは当たり前となっていますが、シャオミも最初は小企業だったためネットの活用にはかなり積極的に取り組んでいたことがわかります。


シャオミ 爆買いを生む戦略 買わずにはいられなくなる新しいものづくりと売り方
*記事執筆時のAmazon価格:*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

主な商品は?

スマホ

スマホはシャオミのMiシリーズが主力商品です。

スマホの評判ですが、ユーザレビューを見ても価格と性能を比較してコスパ面で評価するユーザが多数見受けられます。

 


世界初4G LTE+3G同時待ち受け★Xiaomi Mi 5 Standard Editon Global Versio
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 35,500*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

フィットネスバンド

うちが最初に買ったシャオミの商品がフィットネスバンドのMiBandです。

 

当時心拍数測定のついたフィットネスバンドは数万円するものがほとんどでした。しかしMiBandは数千円で実現。

モノは試し...と購入してみたわけです。

 

バンドが硬い、数値確認が不便などはありましたが、それでもコストパフォーマンスとしては十分な商品と思いました。

 

現在はMi band2がリリースされています。


【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 2 | Xiaomi (小米 シャオミ) スマートウォッチ 活動量計
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 3,699*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

他にも電動スクーターや体重計、ロボット掃除機などもリリースしています。

 

 

シャオミは安全?

興味深い記事がカスペルスキーブログに出ています。

シャオミのロボット掃除機を調査したところ、思った以上にセキュリティがしっかりされていたとのことです。

 

廉価な価格の商品が中心ですと、どうしてもソフトウェアやセキュリティについてなおざりにされがちです。

セキュリティ面についてしっかり考えられており、そういう姿勢が見受けられる点は評価できます。

 

そうはいっても、年間でかなりの台数の製品を製造・出荷していると、トラブルが皆無というわけにもいかないでしょう。

 

過去にどんなトラブルがあったのでしょうか。

 

2016 情報漏えい?

シャオミスマホを使っているユーザが、使ってないのに国際SMSの請求を請けたそうです。

 

どうやらMiクラウド(シャオミのクラウドシステム)ではないかとのこと。対策としてはSMS送信してそうなアプリをオフにしいます。

参考:

Xiaomiスマホユーザはご注意 国際SMS送信しているかも – やらないで後悔するよりやって後悔。迷ってる暇があればやれ!

 

2018 アドウェア感染

インターネット・セキュリティ大手のチェック・ポイントによると、多数のアンドロイドスマホがアドウェア感染のまま出荷されていたそうです。

 

メーカーではファーウェイやOPPOなどと並んで、シャオミの製品も含まれていたようです。

参考:

中国製スマホ500万台が出荷前にウイルスに感染! 中国人被害者が「批判しない」ワケとは?

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。