困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトWin10DVDUSBPDFエクセル

グーグルホーム・ミニのレビュー WiFiがつながらない?スポティファイを再生するには?

しゃべりかけるだけで、音楽を再生したり、照明を制御したり、質問に答えてくれるスマートスピーカー。グーグルではグーグルホームという製品を2017年末に登場させました。 ここではグーグルホームの種類や評判などの情報についてまとめていきます。

グーグルホームとは?Google Home on table in front of sunny window.

コンピュータは今後ディスプレイもキーボードもなくなり、音声だけでできてしまう....そんな未来を垣間見させてくれるのがアマゾンエコーという製品です。  

 

そしてアマゾンに負けじとグーグルもスマートスピーカーという製品をリリース。日本では2017/10より販売がスタートしました。

 

有楽町ビックカメラでは入り口付近でグーグルホームの商品展示を行っており、積極的にPRしていました。販売員さんによれば、初日500台も売れたとのことで反応はいいようです。

https://www.instagram.com/p/BaBkHaaluqD/ #googlehome #biccamera      

 

グーグルのスマートスピーカーの主な機能は以下のようなものがあります。

 

グーグルアシスタント

グーグルのAI機能。現在ではおもにチャットアプリALLOなどで利用できます。 もちろんホーム版では音声合成を使って会話的に教えてくれるものと思います。   

 

スピーカー

ブルートゥース接続でスピーカー代わりとして利用できます。 もっとも音質がどの程度か気になるところですが。 

 

通話

ハンズフリー通話機能に対応。ただし国内版ではどのようなあつかいになるかはまだ不透明です。   

 

コマンド作成

ショートカットと呼ばれ、言葉を登録して複数のコマンドを実行させることができるようになるようです。   

 

外部サービス

グーグルホームは多数のサービスと提携しています。

音楽は ・ユーチューブミュージック ・スポティファイ ・パンドラ ・グーグルプレイミュージック  

ホームオートメーションでは ・nest ・フィリップスhue ・tp-link   エンターテイメントでは ・CBS ・ネットフリックス ・ユーチューブ  

その他サービスでは、 ・ドミノピザ ・ウーバー ・グーグルカレンダー

...などが対応しています。

 

 

グーグルホームの機種は?

グーグルホーム

Google Home tech Google Home tech / ndb_photos  

日本での正式価格は15120円となっています。 大きさは類似商品のアマゾンエコーやラインウェーブよりも小ぶりでコンパクトです。  

 

ホームミニ

f:id:apicode:20171005102822j:plain

小型のホームです。日本での正式価格は6480円です。    

 

ミニについて、実際にビックカメラ店頭で説明員さんのお話を聞くことができました。   ミニはあくまで寝室やキッチンなどでサブ的に使うことが前提?であり、音楽スピーカーとしての音質面を期待しないような使い方がメインとなるようです。    

確かにサイズも小さいですし、音楽再生として購入するのはちょっと微妙かもしれませんね。     

 

最近では、このようなスマートスピーカーをキッチンで利用する人も増えつつあるようです。

両手がふさがることが多いため、音声だけでレシピを確認するのに便利です。

ミニもキッチンでの利用のほうが適しているかもしれませんね。

 

ホームマックス

音楽再生に特化したモデルです。

AIによる音質最適化、キャスト機能によるスポティファイへの対応などが特徴。 アメリカでは2017年12月販売。ユーチューブミュージックの広告なし契約が1年分追加されています。399ドル。 日本ではまだ未発売です。

 

 

グーグルホーム・ミニのレビュー

 f:id:apicode:20180210121350p:plain

グーグルホームはグーグルのAIスピーカーです。ちょうど、LINEのウェーブ、アマゾンのエコーにつづき3台めとなりましたので、簡単に比較してみましょう。

 

音楽

AIスピーカーは音楽再生でよく利用されています。

 

ただし、製品によって使える音楽サービスが制限されます。 LINEはLINEミュージック、アマゾンはアマゾンミュージックアンリミテッド(エコーエディション)、グーグルホームはグーグルプレイミュージック、スポティファイ、ユーチューブミュージックが対象となります。   うちではスポティファイをメインに使っていて、さらにアップルウォッチ用にアップルミュージックに加入しています。

さらにまたAIスピーカーのために音楽サービスに入るのもちょっとどうなんだろう...というのがあります。  

今回はスポティファイを使いたいためにグーグルホームを選びました。   

 

音質

LINEウエーブは思ったより低音が効いてよかったです。 アマゾンエコードットやグーグルホームミニは廉価版のため、ウェーブとは比較する対象にはなりません。 両者とも音質は、そんなにいいというほどではありません。キッチンラジオぐらいと思ったほうがいいと思います。 比べると、しいて言うと若干エコードットのほうがよかったかなという印象です。 

 

デザイン

デザインでは、LINEウェーブは悪くないです。アマゾンエコーは結構シャープでデザインもいいです。 ただしグーグルホームはちょっとださいです(あくまで個人の感想です)。 音声認識時にランプで知らせるのですが、アマゾンエコーが光のラインがパッと回転して走ったりするのに比べると非常に地味です。 もっともAIスピーカーにそんなに美学は必要不可欠というわけではないでしょうが...

 

音声認識

音声認識の精度は、LINEウェーブは呼びかけの「クローバ」の段階で認識されないことが多くて非常にフラストレーションがたまりました。   それに比べると、アマゾンエコーやグーグルホームはましといったところ。 ただし質問などしてみると、グーグルホームも思ったほど精度はよくなかったです。

 

電源

LINEウェーブはUSBとそれを指して電源へさせるソケット付き、アマゾンエコードットはUSBのみ、グーグルホームは電源ソケットのみでした。 ケーブルを変えれば対応できるんでしょうけど、3つとも別々だったのが印象的です。   

 

ショッピング

普段アマゾンを使っている人はエコードットがいいです。音声だけで商品を探したり注文できますから。   

 

本体・同梱物

ホームミニは価格も安いコンパクトな商品です。 箱も小さめです。 f:id:apicode:20180201163446j:plain  

 

開けるとこんな感じ。本体と電源ケーブルがメインです。 f:id:apicode:20180201163503j:plain  

 

置くとこんな感じ。

f:id:apicode:20180201163437j:plain   

 

アプリのセットアップ

グーグルホームアプリからグーグルホームの設定を行うことができます。

グーグルホームを電源につなぎ、グーグルホームアプリを開いて確認します。

f:id:apicode:20180201163640p:plain 

 

WiFiがつながらない?

最初はなぜかグーグルホームがWiFiにつながらず苦労しました。 グーグルのクロームキャストの時などは1度も問題なくつながりましたので、同じグーグルの製品でも使ってる部品?などは若干違うのかもしれません。  

 

結局WiFiのオンオフさせて、何度かセットアップ作業を繰り返していたら無事WiFiへの接続が可能となりました。  

 

うまくいかない場合は、スマホでWiFiのところにグーグルホームの名前がちゃんと出るかどうかを確認しながらやるといいと思います。

f:id:apicode:20180201163719p:plain   

 

スポティファイの利用方法

スポティファイでプレミアムアカウントであれば、自分の好きな曲やプレイリスト再生ができるようです。   最初にグーグルホームアプリで、基本的に使う音楽サービスをスポティファイにセットしておきます。

f:id:apicode:20180201163809p:plain

 

コマンドは、

  • アーチスト「ビートルズを再生して」
  • 音楽の一時停止「音楽、一時停止」
  • 音楽の再生「音楽、再生」
  • プレイリスト「(プレイリスト名)を再生して」

などです。   

 

プレイリストが再生できない?

プレイリストは、「プレイリスト名 + 再生して」でいけるようですが、なかなかうまいくいきません。  

 

海外のフォーラムでも、グーグルホームでスポティファイのプレイリストを再生できない人が結構いるようです。  

 

ただし有料アカウントでないと対応していないかもしれません。  

 

推測では、プレイリストを利用できるようになるまでちょっと時間がかかるのではないかと思います。 最初「プレイリスト名 + 再生して」ではダメでしたが、同じフレーズを後で言ったら一発でプレイリストを再生してくれました。 個人のプレイリスト情報がデータとして反映されるまでに時間がかかるのかもしれません。  

 

また裏技?といえるほどでもないのですが、スポティファイでは1ユーザが1度に再生できるデバイスは1つに限定されています。

そこでまずグーグルホームでスポティファイで音楽を再生します。

すると、あとはPCでスポティファイのソフトから音楽を指定すると、グーグルホーム上の音楽を切り替えることができます。

f:id:apicode:20180201162734j:plain

ほとんど外部スピーカーの感覚でグーグルホームを利用できます。

確実にxxさんのxxという曲を聴きたい!という場合には、この方法を使うほうがフレストレーションなく聞きたい曲をプレイできると思います。 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。