困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトWin10DVDUSBPDFエクセル

【エクセル】練習シート グラフ編

エクセル初心者の方や、ステップアップを目指すための方の練習シートです。

ここではグラフの使い方を中心に練習します。グラフを上手に作れると、プレゼン資料などの説得力をアップすることができます。

なお、グラフ作成機能はスマホ版エクセルでは対応していません。PC版エクセルでご利用ください。

😀エクセルのグラフ練習シート 円グラフ

Work projects by percentage


エクセルで円チャートを表示させます。

面積が大きいものがシェアが多いことが直感的にわかります。

「中国のGDPシェアは現状このぐらいである」「スマホでアイフォンの現状のシェアはこのぐらいである」など、全体の中での割合を把握させるときに便利です。

 

サンプルに関東の人口データを使います。

実際にエクセル上でシートを開く場合、以下からシートを無料でダウンロードできます。

www.dropbox.com

 

またセキュリティ上の都合でシートのダウンロードをしたくない場合は、以下のテーブルを直接コピペし、東京都がA1セルにくるようにエクセルへペーストして使ってみてください。

東京都 13,839,910
茨城県 2,885,625
埼玉県 7,310,878
群馬県 1,951,183
千葉県 6,256,195
神奈川県 9,161,113
最大値  
最小値  
平均値  
合計  

 

円グラフを作成する

シートにある都道府県の人口データから円グラフを作ります。

 

以下のようになれば正解です。

f:id:apicode:20190613094941p:plain



 

 

作るには「挿入」リボンから円グラフのアイコンを選び「2D円」の最初のアイコンを実行します。

f:id:apicode:20190613094816p:plain

 

シート「グラフ1」で作成例をみることができます。

f:id:apicode:20190613094952p:plain

 

 

円グラフのラベルを設定する

円グラフでラベルを設定します。

ラベルとは数値や名前などのデータです。

 

以下のように円の中に数字データが表示で切ればOKです。

f:id:apicode:20190613095144p:plain

 

 

 

作成例はグラフ2からみることができます。

f:id:apicode:20190613095641p:plain

 

作り方は最初に作った円グラフで、+アイコンをクリック。

グラフ編集で「データラベル」のチェックをオンにし、表示方法で「自動調整」などを選択します。

f:id:apicode:20190613095148p:plain


 

 

東京都以外の円グラフを作る

グラフでは特定のデータは省きたい場合があります。

しかしそのためにいちいち元のセルのデータを変更するのは面倒です。

 

エクセルの円グラフでは特定のデータだけオフにして表示できるのでやってみましょう。

A1~A6までセルを選択した状態でグラフをつくり、設定変更で東京都のデータだけ省くようにしましょう。

以下のように表示できればOKです。

f:id:apicode:20190613095410p:plain

 

 

作例は「グラフ3」のシートから見ることができます。

f:id:apicode:20190613095714p:plain

円グラフを作ったあと、右側下にあるアイコンをクリック。

カテゴリで「東京都」のチェックを外し「適用」ボタンを押します。

f:id:apicode:20190613095400p:plain

 

 

特定のデータだけ離して目立たせる

円チャートを作る場合、特定のデータだけちょっと円から遠ざけることで強調することができます。

関東のデータで、東京の円(青色部分)だけ円からちょっと離して作ってみましょう。

f:id:apicode:20190614153722p:plain

 

 

作成例はシートのデータ4を参照ください。

 

作り方は円グラフをまず作ります。

東京のデータの扇型の部分だけ右クリックしてメニューを表示。

「データ要素の書式設定」を選びます。

f:id:apicode:20190614153825p:plain

 

あとは、「要素の切り出し」のところでスライダを動かして値をセットします。

あまり遠ざけるとかえってわかりにくいですから、15%ぐらいがちょうどいいように思います。

f:id:apicode:20190614153827p:plain


 

😀エクセルのグラフ練習シート 折れ線グラフ

エクセルで折れ線グラフを作成します。

折れ線は年次の推移がわかりやすくなります。

「わが社の売り上げは年々減少している」「年々交通事故は減っているが、高齢者の事故は増え続けている」など、減少や増加の傾向を把握してもらうには便利なグラフの種類です。

 

練習用データは以下よりダウンロードできます。

www.dropbox.com

 

またはコピペでも利用できます。

円ドル 円ユーロ
2009年 93.5701   130.1911  
2010年 87.7799   116.441  
2011年  79.807  111.0678
2012年 79.7905    102.5996
2013年  97.5957  129.6388
2014年 105.9448    140.5111
2015年  121.044  134.2944
2016年 108.7929    120.3318
2017年  112.1661 126.6321  
2018年  110.4232  130.3897

 

折れ線グラフを作る

データのあるセルを選択し、以下のような折れ線グラフを作りましょう。

f:id:apicode:20190613110333p:plain

 

 

正解はグラフ1のシートをみてください。

f:id:apicode:20190613110338p:plain

 

作るには「挿入」リボンで、2D折れ線を選ぶと作成できます。

f:id:apicode:20190613110341p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。