困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

お得情報👉👉👉 😊オリガミペイで最大3%オフは6/1-9/30。 😊オリガミペイでケーズ、ヤマダ電機などで10%オフは6/12-25。 😊ペイペイ10%還元は6/1-6/30。

ソフトのセール情報!👉👉👉 😊フォトショップエレメンツが30%オフ(-6/26まで) 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

【Windows 10】ウィンドウズアップデートの不具合 更新を停止できる?止まる場合は?

ウィンドウズアップデートがいつみてもダウンロード中で%が進んでいない場合があります。

こうなると更新されませんから、新機能が使えなったり、バグ対応が反映されません。そうなった場合の対応をまとめました。

ウィンドウズアップデートの使い方

ウィンドウズアップデートが適用されたか調べるには?

ウィンドウズアップデートによる不具合がよく起きています。

その場合に不具合のもととなる「KB4480xx」などのアップデートの番号が紹介されることがあります。

それが自分のPCに適用されているかを確認したい場合は、「設定>更新とセキュリティ>Windows Update」から「更新の履歴を表示する」を選択。

f:id:apicode:20190110194143p:plain

 

すると適用された更新がチェックできます。

f:id:apicode:20190110194145p:plain

 

ウィンドウズアップデートはブロックできる?

ウィンドウズ10が登場以降、アップデートをさせない方法がいろいろあったのですが現在は利用できません。

 

 (更新 2019/4/15)

アップデート後の不具合が多いこともあってか?、一定期間はアップデートしないという設定が追加されました。

これなら「今週だけはどうしてもパソコンの動作が止まってしまうと困るのでこの時期のアップデートは絶対避けたい」...という場合に対応できます。

 

「設定>WindowsUpdate」で「更新を7日間一時停止」という項目が追加されました。

これをクリックすると...

f:id:apicode:20190415160726p:plain

 

...このように「更新プログラムが一時停止しています」となり、再起日時も記述されています。

手動で再開するには「更新の再開」をクリックします。

f:id:apicode:20190415160727p:plain


 

また、アップデートの実行と勝手な再起動がされない時間帯を設定しておくことも大事です。

 

「設定>更新とセキュリティ>Windows Update」から「アクティブ時間の変更」を選択。

f:id:apicode:20190110193717p:plain

 

勤務時間などの大事な時間帯を指定して、その間には自動再起動などが行われないようにしましょう。

f:id:apicode:20190110193719p:plain

 

ウィンドウズアップデートを削除するには?

コントロールパネルよりプログラムのアンインストールを開きます。

「appwiz.cpl」を「ファイル名を指定して実行」から行うことでも開きます。

開いたら左側のメニューから「インストールされた更新プログラムを表示」を実行します。

f:id:apicode:20190107102237p:plain

 

すると「KB2565063」「KB4483234」「KB4477137」「KB2504637」など、「KB...」という名前のものが列挙されています。

「KB」ではじまるものがウィンドウズアップデートとして配布されたファイルです。

 

あとは右クリックでメニューを表示し「アンインストール」を実行しましょう。

f:id:apicode:20190107102239p:plain

 

 

ウィンドウズアップデートが止まる場合は?

plastic cave

うちでも、よく?ウィンドウズアップデートが止まることがあります。

そんな場合、以下の対処法を試してみましょう。

 

キャッシュをクリアする

ウィンドウズアップデートでのキャッシュを一度削除することで、アップデートがまた動くようになるかもしれません。

 

まず「ウィンドウズキーX」でメニューから「コマンドプロンプト(管理者実行)」を選びます。

 

以下のコマンドを入れ、ウィンドウズアップデートのサービスを止めます。

net stop wuauserv

net stop bits

 

ファイルエクスプローラで、以下のディレクトリにアクセス。

中のファイルをすべて削除します。

これによって途中までキャッシュされている更新データを破棄します。

C:\Windows\SoftwareDistribution

 

以下のコマンドを入れ、ウィンドウズアップデートのサービスを再開します。

net start wuauserv

net start bits

 

なお、この方法を試すと「SoftwareDistribution」ですべてのファイルが削除できない場合がありました。

しかしそんな場合でも、続けてウィンドウズアップデートのほうを続けたらうちではインストールエラーが回避できました。フォルダが削除でききらない場合でも効果はあるように思います。

参考:Windows Update stuck downloading updates in Windows 10

 

 

トラブルシューティングを試す

ウィンドウズアップデート用のトラブルシューティングを利用します。

「設定>更新とセキュリティ>トラブルシューティング」には「WIndowsUpdate」をチェックする項目があります。

 

apicodes.hatenablog.com

 

 

 

アップデートをキャンセルするには?

ウィンドウズアップデートでは、更新は基本的には行われるようになりました。

ただしあいかわらず特定の更新プログラムが実行されると、特定のソフトに影響が出たりということは日常茶飯事となって?います。

 

特定の更新プログラムをブロックしたい場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

実は、「特定の更新を設定でブロックできるツール」がマイクロソフトから配布されていました。

 

まずは以下サイトへアクセス。

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2015/07/30/windows-10-windows-update-12/

 

「Download the "Show or hide updates" troubleshooter package now.」というリンクをクリックし、「wushowhide.diagcab」をダウンロードして実行します。

 

すると以下ツールが起動します。「次へ」で進めます。

f:id:apicode:20161114204015p:plain

 

するとしばらくパソコンを調べられます。

残念ながらうちではこの状態で1時間以上たっても進展がありませんでした。

f:id:apicode:20161114204020p:plain

 

ダウンロードページによれば、この後「Show or hide updates」を実行することでブロックしたいアップデートのバージョンなどを選択することができるようです。

f:id:apicode:20161114204029p:plain

 

残念ながらうちではいまのところ確認できていません。しかしながら「特定の更新プログラムを実行すると問題がおきる」という場合にはこのツールを試す価値はあるかもしれません。

 

thanks to:安田さん

 

 

アップデート時のエラーコード一覧

0xc0000098

ブートアップ時に表示され、以降ウィンドウが起動しないというクリティカルなエラーになります。このような場合には根本的にクリーンインストールしなおしたほうがいいと思います。

クリーンインストールについては以下参照ください。

 

apicodes.hatenablog.com

 

参考:Microsoft Community

 

0xC004C003

インストール時にこのエラーが出る場合、ライセンス認証がうまく行われていない可能性が高いです。

まずはウィンドウズのプロダクトキーを用意しましょう。

「[設定>更新とセキュリティ>ライセンス認証」を実行します。

「プロダクト キーの変更」から25 文字のプロダクト キーを入力します。

 

0xc1900201

使っているハードウェア構成でSSDとハードディスクの両方を使っている場合、ハードディスクに残った隠しファイルなどが影響していてアップデートできない...というケースがあるようです。

そのような場合は、アップデート時にハードディスクを完全にはずします。完了後に再びつなげば大丈夫だったようです。

参考:Error Code 1900201 - Windows Central Forums

 

0x80070008

ウィンドウズアップデートやメモリエラーの場合に出るようです。

上記のトラブルシューティングを実行してみましょう。

 

0x80070035

ウィンドウズアップデートを実施した後、共有フォルダにアクセスしようとするなどの処理でネットワークエラーエラーが発生します。

「KB4480970」のアンインストールで治たっとするユーザもいますが、基本的には修正パッチを待つのが確実でしょう。

 

0x800F081F

0x80070490

ウィンドウズアップデートに必要なファイルが破損している可能性があり、以下の方法で修復する必要があります。

 

まずコマンドプロンプトを管理者として実行します。

以下のコマンドを実行します。

dism.exe /online /cleanup-image /scanhealth

dism.exe /online /cleanup-image /restorehealth

 

 

0x80072ee2

ウィンドウズ更新中に起きるエラーです。

ウィンドウズアップデートへアクセスが集中している場合に起きることがあります。

時間をおいてから再度試してみましょう。

 

参考:Windows Update エラー 80072ee2 - Windows ヘルプ

 

0x80240439

このエラーが治った事例としては、BIOS設定で「セキュアブート」をオフにしたらよくなったというケースが紹介されています。

BIOS設定は面倒なので、あまりパソコンに詳しくない人はやらないほうがいいかもしれません。

参考:Windows Update Error Code 80240439 - Microsoft Community

 

0x80248014

このエラーになる場合には、キャッシュファイルが影響しているかもしれません。

上記に「キャッシュをクリアする」方法を記述しています。

参考にして、アップデート途中のファイルをクリアしてから再度インストールを試してみましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。