困ったー

困ったことを調べたブログ

オリンピック特集👉👉👉 😊チケット申し込みは5/28まで。

10連休でお金が無くなったところへ、この攻撃は卑怯!👉👉👉 😊エピックストアで、 WorldWarZ 3880->2330円、サティスファクトリー 3380->2380円。 😊マイクロソフトストアで、 Minecraft Windows 10 スターター コレクション 3500->2350円。 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

はてなブログのSSL(https)化 保護された通信にするには?アクセス数は変化する?

いよいよ通常のはてなブログ(ドメイン変更していないもの)でもhttps対応となりました。今日見てみたら利用可能になったので変更してみました。

ただし設定変更だけではだめで、サイドバーの内容によってはちゃんと保護されないので注意が必要です。

また、設定変更によってPV等変化があるのかないのか気になるところです。

 

 

通常のはてなブログでhttpsに変更するには?

https

はてなブログでは、ドメインを独自ドメインに割り当てなどしない場合にはSSL暗号通信、つまりhttpsの設定は利用できませんでした。

 

しかしやっとはてなブログの通常のサブドメインの場合でも、設定を変更するだけでhttpsにすることができます。

 

SSL化するメリットは?

SSL化(https対応)ができると、通信が暗号化されて保護されます。

通販サイトでクレカや住所を入力したデータが、途中でなんらか傍受される...という危険性が減ります。

 

また、グーグルではSSL対応しているページを推奨しています。

 

将来的にはサイト評価が上がる可能性もあります。

 

ただしSSL化したら検索順位が落ちた!...、なんて人もいるようです。

 

多くの場合は、ドメイン変更http->httpsへの転送設定などの問題だとは思います。このあたりは神の領域なのでうちにはどうでるかはまだ確定的なことはいえません。

 

変更するには?

「設定>詳細設定」で「URL設定」のところに「HTTPS配信が利用いただけます」となっていれば変更可能です。

 

「変更する」ボタンを押して、確認を再度押せば変更できます。

ただし一度変更すると元に戻らないとのこと。

これがページビューなどにどのような変化があるかわかりませんので、最初はページビューの少ないブログに割り当ててみるのがよいでしょう。

今回は「困ったー」の姉妹サイト「困ったー 運動編」のほうを変更してみました。

f:id:apicode:20180305162825j:plain

 

所有サイトすべて変更できる?

うちの持っている一部のサイトでは、まだできないと表示されています。

所有サイトすべてが利用可能になる...ということでもないようです。

f:id:apicode:20180305224323j:plain

 

(更新 2018/4/17)

はてなのドメインによっては対応してないものもありました。

しかし正式にはてなの提供する全ドメインでHTTPS配信が可能となりました。

staff.hatenablog.com

 

変更後に確認する内容は?

保護された通信になったか確認する

設定を変更しただけでは実はページが完全に保護されたことにはなりません。

 

通常はSSLに対応すると、クロームなどでは「保護された通信」であることが緑緯度で表示されます。

f:id:apicode:20180305163817j:plain

 

しかしHTTPSにはてなブログを変更したにもかかわらず、「保護された通信」という表記は出てきません。

f:id:apicode:20180305163844j:plain

 

HTTPのCSSファイルやジャヴァスクリプトをロードするような場合には、このように完全に保護された状態にはなりませんので注意が必要です。

 

すべてがちゃんと直っていれば下のほうに自分のはてなブログを表示したときに「保護された通信」のほうな表示がちゃんと出ます。

f:id:apicode:20180305164109j:plain

 

 

デザインの画像を確認する

例えば「デザイン>ヘッダ>タイトル画像」が「http://」で始まるURLの画像のままだと、保護ができないようです。

 

うちでは再度タイトル画像をアップロードしなおしてみたら直りました。

 

アマゾンやカエレバの商品

はてなブログで以前からアマゾンの商品挿入機能を使っている場合、HTTPとして入っている場合があります。

 

するとページ自体が「保護された通信」にならないところがありました。

リンクはHTTPでもいいのですが、画像ファイルがHTTPのままだとよくないためと思われます。

 

そのため、商品のところを再度入れなおす必要があります。

 

カエレバを使っていても、カエレバがHTTPS対応する以前のバージョンのコードを使っていると、同様の問題が生じます。再度入れなおしましょう。

 

Flickr画像

昔挿入したFlickrの画像もHTTPのままのものがあるようです。

入れ替えしたら、ちゃんと「保護された通信」となりました。

 

できれば事前に入れ替えておきたいものです。

はてなブログで「http://www.flickr」で検索すると出てくると思います。

 

リンク

通常にHTTPSではないHTTPのページへリンクを張っているだけならば、それ自体で「保護された通信」がでなくなるということはありません。

 

またはてなではブログカード形式でリンクを埋め込んでいます。

こちらは特に改変しなくても大丈夫でした。

 

IFRAME

IFRAME形式で埋め込みで利用しているものがあります。

 

IFRAME内はHTTPSで保護されたページをロードする分には大丈夫なようです。

 

グーグルアナリチクス

グーグルアナリティックスやグーグルサーチコンソール(さちこ)などを利用している場合には変更が必要です。

 

グーグルアナリティックスの場合、プロパティで対象URLのプルダウンで「http」を「https」に変更しましょう。

 

サーチコンソールの場合、新規に「https://~」を追加します。

ただしなぜかグーグルアナリティックスのコードによる確認がうまくいきませんでした。

 

その場合HTMLコードで「metaタグ」を取得。

 

「はてなの詳細設定>検索エンジン最適化>headに要素を追加」のところにコピペして保存。

 

サーチコンソールから再度確認すると認証できるはずです。

 

 

ページビューの影響は?

ページビューに変化があるかは、また後日確認してみたいと思います。

気になる人はこのページをブックマークお願いします。

 

(更新 2018/3/10)

約1週間経ちました。

推移は以下の通り。

若干下がってますが、平日はこのぐらいなので「https」に変更したら一気にページビューが激減した...という感じではありません。

f:id:apicode:20180310101252j:plain

 

(更新 2018/3/28)

変更してから1ケ月弱なので再度チェックしてみました。

見た感じでは、PVが下がるなどのマイナスの影響はなさそうです。

増えた!といえるほどでないところが寂しいですが、今後に期待しましょう。

f:id:apicode:20180328104124j:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。