困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】タスクマネージャーのまとめ

ウィンドウズではいろんなタスクが動いています。タスクとは、アプリだったり、ウィルスチェックだったり、いろんなものが動いています。

タスクを調べるのに便利な機能がタスクマネージャーです。

ここではタスクマネージャーについてのTIPSなどをまとめていきます。

 

タスクマネージャーを表示するには?

アプリを強制終了させたい場合などに便利なのがタスクマネージャー。

Windows 10でも、タスクマネージャーは用意されています。

 

「Ctrl + Alt + Del」で、メニュー一覧を出して「タスクマネージャー」を選べば表示可能。

 

さらに今度はタスクビューからも呼ぶ出すことができます。

 スタートメニューのバーのタスクビューアイコンで右クリック。

f:id:apicode:20150806092853p:plain

 

ここでタスクマネージャーを選ぶと表示できます。

 

いちいち「あのショートカットキーなんだっけ?」と思い出すのに手間がかかるという事態はこれで避けられそうです。

 

タスクマネージャーの見方は?

タスクマネージャーにはいろんなメニューがあるので、どこにどんなものがあるか覚えておくと便利でしょう。

 

タブによって切り替えることができます。

 

プロセス

f:id:apicode:20170113224028p:plain

どんなアプリが起動しているかチェックするのに便利なのがプロセスです。

 

起動中のアプリでメモリやCPU利用率の高いものなどを見分けるときに便利。

また、特定のプロセスを選んで右クリック。メニューから「タスクの終了」を選ぶと終わらせることができます。アプリが暴走などで終了できないときにはこちらから終わらせるとよいでしょう。

 

〇起動中のアプリをチェック

〇メモリをよく使っているものをチェックできる

〇アプリの終了の時にも便利

 

パフォーマンス

f:id:apicode:20170113223950p:plain

現在のウィンドウズの状態をチェックできます。

主にCPU稼働率が高いかどうか、メモリがいっぱいになっているかどうか、ネットワークの転送量が多いか少ないか、などです。

 

特にメモリがいっぱいに使われていると、それぞれのアプリの動作もかなり遅くなったりします。

こちらの画面でチェックしてみましょう。

 

〇CPUの稼働率をチェック

〇メモリの空き具合をチェック

〇ネットワークの稼働状況をチェック

 

アプリの履歴

f:id:apicode:20170113224309p:plain

どのアプリがCPUの利用が多いのか、メモリをよく使っているのかチェックできます。

 

〇アプリ別にネットワーク利用量がわかる

〇アプリ別にCPU利用状況がわかる

 

スタートアップ

f:id:apicode:20170113224524p:plain

パソコン起動時にどんなアプリが読み込まれるのか調べることができます。

普段使わないようなものは、起動時にロードしないようにしておくといいです。

右クリックして、メニューから「無効化」を選ぶとロードしなくなります。

 

〇起動プログラムを一覧できる

 

ユーザー

どのユーザーがよくパソコンを使っているかが分かります。

自分だけ使っている場合にはあまり参考になりません。

 

〇ユーザごとのCPU利用状況などがわかる

 

詳細

f:id:apicode:20170113224955p:plain

1つのアプリを起動したとき、実際には複数の実行プログラムが稼働しているケースが多いです。

この詳細を選ぶと、 細かい単位で起動しているアプリが一覧できます。

 

例えば「プロセス」タブではクロームは1つだけですが、「詳細」で見てみると複数のクロームが起動していることが分かります。

これら細かいプログラムをチェックしたり、右クリックのメニューから「無効化」を選んでストップさせることができます。

 

〇より詳細なプロセス一覧

 

サービス

f:id:apicode:20170113224647p:plain

ウィンドウズで登録されているサービスを一覧できます。

サービスとは、常駐プログラムのようなものだと考えればよいでしょう。

例えばサーバソフトならば、ポートをチェックするプログラムがサービスとして登録されていたりします。

印刷ならば、印刷データが送られてきていないかチェックするサービスが稼働しています。

 

ただし、基本的には専門家向けの機能だと思っておいた方がよいでしょう。1つの機能をストップしたら、関連した複数のアプリが動かなくなるといった危険性もあります。

 

右クリックでメニューから「開始」や「停止」、「再起動」を選ぶことができます。

 

〇サービスの一覧

〇サービスの開始や停止

 

 

症状別にどこを見る?

Wonder

パソコンの起動が遅くなった

・「スタートアップ」で不要な起動項目をオフにする

 

パソコンを使っているとどんどん遅くなる

・「アプリの履歴」でCPUやメモリをよく使っているソフトをチェック。

 

ソフトの動作が遅い

・「パフォーマンス」でCPUがフル稼働しすぎていないかチェック。

・「パフォーマンス」でメモリがいっぱいっぱいになっていないかチェック。

 

ソフトが終了しなくなった

・「プロセス」でアプリを選び、右クリックからタスクの終了を実行

・「詳細」でアプリを選び、右クリックからタスクの終了を実行

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。