困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows10】無料ペイントアプリのまとめ おすすめは?

ウィンドウズ10で動作する無料のペイントソフト。果たしておすすめはどれでしょうか。

 

スケッチャブル~本格的ドローツール

ウィンドウズ10でも利用できる本格的なドローイングツールです。

無料でも利用できるので、とりあえず試してみるとよいでしょう。

 

f:id:apicode:20160221204348p:plain

 

使い方は?

メニューから「+」ボタンを押すと、白紙ページが追加されます。

続けて右端にあるペンのアイコンを押すとお絵かきモードになります。

f:id:apicode:20160221204802p:plain

 

お絵かきモードではペンを選んだり色を変えたり、消しゴムで消したりできます。

f:id:apicode:20160221205055p:plain

 

上にはアンドゥ、リドゥ、ミラー(鏡面反転)といった基本ツールが並んでいます。

なおアンドゥはコントロールキー+Zで、

リドゥはシフト+コントロールキー+zで行うことができます。

f:id:apicode:20160221205642p:plain

 

左端には色関係のツールが並んでいます。

一番上を選ぶとカラーパレットが表示され、カラーを自由に選ぶことができます。

f:id:apicode:20160221205412p:plain

 

下のペンを選ぶと筆を切り替えることができます。

なお左端は消しゴムですので、選んでから画面用をなぞると、その場所を消していくことができます。

f:id:apicode:20160221205235p:plain

 

上のスパナアイコンをクリックすると、入出力や共有を選ぶことができます。

基本的にはいちいちファイルを保存しなくても自動で保存されています。

画像ファイルにするにはExportからPageを選び、ファイル種類を選び(PSD,PNG等に対応)ファイル名を付けて書き出しましょう。

f:id:apicode:20160221204558p:plain

 

 

評判は?

サイトではいいという人とダメという人と真っ二つですが、無料でも結構使えるのでドローイングツールを探している人には重宝すると思います。

 

より本格的に描きたい人向けにプレミアム版が用意されています。

特に

  • レイヤー
  • マスク
  • ペンプレビュー
  • 拡大縮小

などの機能が網羅。価格は2000円となっています。

 

 ダウンロードはこちら:

www.microsoft.com

 

スケッチブック~ご存じオートデスクの無料ペイント

CADソフトや3Dソフトで有名なオートデスクから出ているペイントソフトです。

Sketchableやペインターのように筆を切り替えて精緻なグラフィックを作成できます。

 

マイクロソフトストアより無料でダウンロードできます。ウィンドウズ10でも無事動きました。

基本画面はこんな感じ。

左側からペン種類を選ぶことができます。

あとはキャンバス上で筆を動かすだけ。

f:id:apicode:20160224095001p:plain

 

左側のアイコンで一番上を押すとカラー変更ができます。

f:id:apicode:20160224095251p:plain

 

画面上のパレットにはいくつかボタンがあります。

 

中央の2つの矢印がアンドゥ、リドゥを行います。

押すとどんどんアンドゥしてくれるので便利です。

左端のアイコンをクリックすると新規や保存といったメニューが出てきます。

右端のアイコンを押すと、ペンやこのパレットが消えてすっきりしたモードに変更します。

f:id:apicode:20160224094936p:plain

 

評判は?

レビューでは使いやすい、動作が快適などの声が目立ちます。

無料でそのままでもシンプルで使えますが、サインアップすることでよりいろんな機能が使えるようになります。

 

ただし日本語化されていないので、メンバーシップのあたりがちょっと煩雑に感じるかもしれません。

 

ダウンロードはこちら。

www.microsoft.com

 

Graphiter

f:id:apicode:20160221212406p:plain

ペンや紙のかすれた感じを表現できるシンプルなペイントソフトです。

機能はそれほど多くありませんが、使いやすいし、表現力もいい感じです。

 

使い方は?

起動するとこんな感じ。

まずは画面上からペーパー、つまり用紙を選びます。

カギアイコンがあるものは有料で、アプリ内課金でアンロックしないと使えません。

まずは「Fine」か「Linen」を選びましょう。

f:id:apicode:20160221211616p:plain

 

画面左のペンを選択すると、ペンサイズを選ぶ吹き出しが出てきます。

そしてそのまま用紙上でドラッグすると絵が描けます。

用紙とかすれたペンという感じがよく出ています。

f:id:apicode:20160221212221p:plain

 

左側ペンで3つめのはカラーペンです。購入しないとしようできません。

 

4つめに消しゴムがあり、これで消すことができます。

消しゴムもアナログチックな消え方でかすれた感じがいいです。

f:id:apicode:20160221212406p:plain

 

左上の戻るボタンで、オートセーブで自動的に保存されます。

 

 

Graphiterの評価は?

評価数はまだ少なく、いいという人とダメという人とはっきり分かれています。

 

残念ながら日本語対応はないですが、使いやすいのでそんなに苦にならないでしょう。

 

ペンのかすれた感じなどが出ているので、アナログのペンとノートの味わいのあるスケッチツールを探している場合にはぴったりでしょう。

 

背景の用紙やカラーツールは有料でないと使えませんが、価格は安いです。

 

全般的に機能は少な目ではありますが、使った感じは悪くないです。

日本語メニュー:なし

機能:★★

使いやすさ:★★★★

おすすめ度:★★★

 

マイクロソフトストアからダウンロードできます。

www.microsoft.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。