困ったー

困ったことを調べたブログ

【ワンドライブ】使い方まとめ

スポンサーリンク

マイクロソフトのクラウドストレージがワンドライブ。 ドロップボックスのウィンドウズ版と考えればよいでしょう。

ここではワンドライブの使い方やTIPSをまとめてみました。

 

ワンドライブとは?

マイクロソフトの提供するクラウドストレージです。ウィンドウズ10では標準装備です。

 

クラウドストレージとは、マイクロソフトのサーバコンピュータにも同じファイルが自動的に作成されるシステムです。すると違うパソコンからでも絶えず最新版のファイルがワンドライブからすぐ利用できるようになり、便利です。

 

価格は?

価格は変更されたり、あるいはキャンペーンで割りびきになったりしますので、最新価格はワンドライブのページで確認してください。

OneDrive のプラン

 

現状確認したところでは15GBまで無料。

100GBまで月190円

>200GBまで月380円

1TBまで月1274円

です。

 

ちなみにドロップボックスの価格は、

2GBまで無料。

1TBまで月1200円

 

ちなみにグーグルドライブは

無料15GBまで

100GBまで月1.99ドル(約240円)

1TBまで月9.99ドル(約1200円)

 

無料の多さでは、ワンドライブやグーグルドライブ。

有料版でもそんなに大きくは違わないので、使いやすさや他のアプリとの連携具合などで決めるとよいでしょう。

 

対応しているウィンドウズのバージョンは?

公式サイトによれば、

  • ウィンドウズ10
  • ウィンドウズ8、8.1
  • ウィンドウズ7
  • ウィンドウズVista

...などが対象となっています。

ただしウィンドウズ10からワンドライブ標準装備となり、相性がいいように思います。

旧バージョンのかたはウィン10で利用してみたほうがいいように思います。

参考:OneDrive システム要件 - OneDrive

 

利用可能なディスク容量を調べるには?

ワンドライブのサイトにログイン後、以下のサイトを表示させます。

https://onedrive.live.com/ManageStorage

f:id:apicode:20151007211745p:plain

 

たまにすごいキャンペーンで簡単に容量が増やせる場合があるかもしれません。

ただそうでない場合には以下の方法で容量を増やしましょう。

 

人に紹介して容量を増やすには?

あなたを経由してワンドライブ利用者が増えると、その人とあなたにそれぞれ0.5GB容量が増える特典がつけられます。(ただし最大5GBまで)

 

「追加のストレージ」から「無料ストレージを取得」をクリックします。

f:id:apicode:20151007211746p:plain

 

知り合いをダイレクトに誘うには「メールの送信」で宛先にメールアドレスをいれて送信します。

f:id:apicode:20151007211748p:plain

 

ツイッター・フェイスブック・リンクトインをやっている場合、「ソーシャルネットワークに投稿」を選び、投稿した情報を経由して人が参加すると、両者に無料ストレージが追加されます。

f:id:apicode:20151007211749p:plain

 

容量を購入するには?

月190円で100GBが、380円で200GBが追加できます。

f:id:apicode:20151007211751p:plain

 

オフィス365を利用して1TBもらうには?

オフィス365は、マイクロソフトの月額サービスです。

オフィス365ソロなら月1274円です(ただし年間購読ならディスカウントされます)。

エクセルやワードなどのオフィス製品が利用できるうえ、1TBのワンドライブ容量がつきます。1TB(テラバイト)は1024GB(ギガバイト)です。

オフィス365の導入については以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 

 

ワンドライブを利用できるようにする

 初めての場合、エクスプローラからアクセスしてもダイアログが出るだけです。

f:id:apicode:20150804171940p:plain

 

使ってみるをクリックすると、サイイン画面になります。

 

ホットメールなどのマイクロソフトアカウントがある人はそれを入力。ない場合は「新規登録」をクリックしてアカウントを作りましょう。

f:id:apicode:20150804172019p:plain

 

ログインすると、フォルダー設定画面になります。

「次へ」をクリック。

f:id:apicode:20150804172233p:plain

 

こちらも基本的に初期状態でいいでしょう。

「次へ」をクリック。

 

f:id:apicode:20150804172335p:plain

 

これで完了です。

f:id:apicode:20150804172427p:plain

 

もしすでにワンドライブを使っていれば、ワンドライブにアップロードしているファイルが、このワンドライブのディレクトリにも表示されることでしょう。

f:id:apicode:20150804172557p:plain

 

ワンドライブからサインアウトするには?

タスクバーに入っている雲のマークのアイコンがワンドライブです。

f:id:apicode:20150918142030p:plain

右クリックして「設定」を選びます。

f:id:apicode:20150918142032p:plain

 

「OneDriveのリンク解除」を押すことでサインアウトできます。

またPCを再起動したときにワンドライブを自動で始めないようにするためには、ここの「ウィンドウズにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」のチェックをオフにしましょう。

f:id:apicode:20150918142502p:plain

 

ワンドライブへサインインするには?

スタートメニューからOneDriveを選ぶんでワンドライブを実行します。

f:id:apicode:20150918141747p:plain

 

またはファイルエクスプローラーでワンドライブの場所へ移動します。

f:id:apicode:20150918142701p:plain

 

するとワンドライブのダイアログが表示されます。「使ってみる」をクリックします。

f:id:apicode:20150918142657p:plain

 

するとサインイン画面になります。マイクロソフトアカウントがあれば、それでサインインしましょう。ない場合は新規に作成しましょう。

f:id:apicode:20150918142659p:plain

 

サインイン後は、フォルダの位置を訊いてきます。基本的には「次へ」「次へ」で以下の画面となりワンドライブの利用が可能となります。

「完了」を押して作業を行ってください。

f:id:apicode:20150918142703p:plain

 

ワンドライブを起動するには?

単純にワンドライブが終了しており、起動するだけの場合には、ウィンドウズキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を起動します。

あとは「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe」と入力しましょう。

 

 

ファイルをアップロードする

ファイルをアップするには大きく分けて2つの方法があります。

エクスプローラからアップする

エクスプローラで、ワンドライブのフォルダにファイルを作成・移動すると自動的にクラウドのほうへアップロードしてくれます。

f:id:apicode:20160515203851p:plain

 

ブラウザからアップする

onedrive.comへログインし、ブラウザのアップロードボタンをクリックしてファイルをアップします。

f:id:apicode:20160515204029p:plain

 

ただしブラウザによってアップロード機能が違うので注意しましょう。

インターネットエクスプローラ、エッジ、ファイアフォックスでは、ファイルは指定できますが、ディレクトリを指定して一気にアップロードすることができません。

f:id:apicode:20151007185705p:plain

 

クロームオペラでは、フォルダーを指定して一気にフォルダ内のファイルをアップロードできました。

またオペラではディレクトリをドラッグアンドドロップしてもアップできました。

f:id:apicode:20151007185707p:plain

 

現在ディレクトリごとにブラウザ経由でワンドライブへアップするにはオペラブラウザを利用するのが一番使い勝手がよさそうです。

 

 

パソコン起動時に毎回サインイン画面が出る場合は?

ワンドライブへログインして利用後、PCを再起動するとまたサインイン画面が出る場合があります。

以下確認してみましょう。

設定を確認する

タスクバーにあるワンドライブのアイコンを右クリックし、設定画面を出します。

設定で「Windowsにサインインした時にOneDriveを自動的に開始する」がチェックされているか確認します。オフならオンにします。

f:id:apicode:20160501104929p:plain

 

資格情報を確認する

「コントロールパネル>資格情報マネージャー>Windows資格情報の管理」を起動します。

f:id:apicode:20160501105024p:plain

 

もしログインできていれば「OneDrive Cached Credential」というのがあります。

「削除」を実行し、PCを再起動するとワンドライブのサインイン画面が出てくるのでサインインします。

その後パソコンを再起動してもサインイン画面が出なくなっていればOKです。

f:id:apicode:20160501105018p:plain

 

アカウントを確認する

  • パソコンへサインインするときのアカウントと、ワンドライブへのサインインアカウントが一緒かどうか
  • 利用しているマイクロソフトアカウントが認証済みかどうか(設定>アカウントで確認しましょう)

などチェックしてみましょう。

 

ログインできない場合は?

ネットワークを確認する

きちんとネットワークへアクセスできるか確認しましょう。

またファイアウォールやアンチウィルスソフトによってブロックされていないか確認しましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。