読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】おすすめマインドマップ作成アプリ


マインドマップは、一人ブレストなどに便利なアイデアプロセッサです。ここではマインドマップ作製に便利ソフトをまとめていきます。

 

マインドマップとは?

mindmap

ブレストなどのアイデア出しにぴったりの手法です。関連したアイデアをどんどんツリー状に書き出すことによって、優先順位をつけたり、アイデアを整理することが可能です。

アイデアの整理には、位置が随時変更可能なように付箋紙を利用したり、PCソフトを活用するのが最適です。

 

エスプレッソ マインドマップ ライト

エスプレッソは、シンプルで使いやすいマインドマップアプリです。

ライト・バージョンは無料で利用することが可能です。

 

新規に作成したい場所をダブルクリックでアイテムが作成できます。

選択アイテムの右にあるペンアイコンで編集モードとなり名前を編集できます。

f:id:apicode:20160711160736j:plain

右上にあるアイコンで「プロパティ」を表示。説明文やハイパーリンク。形状や色なども変更できます。

f:id:apicode:20160711160835j:plain

画面を右クリックすると、ファイル関連のメニューが上に、下にアンドゥなどの操作支援メニューが表示されます。

f:id:apicode:20160711161150j:plain

おすすめ度:★★★

メリットは、

  • 無料版あり
  • ファイルサイズも軽量
  • シンプルで操作性もわかりやすい
  • 作成図柄をHTML5としてHTML出力可能

デメリットは、

  • デザインがややフラット
  • メニューが英語メニュー

無料版は以下よりダウンロードできます。有料版でも200円とお安いんです。社長さん。

www.microsoft.com

 

Grapholite

有料でちょっとお値段もするアプリですが、機能は充実しているハイエンド型のグラフィックツールです。

マインドマップやダイアグラム、フロアマップ(部屋の見取り図)など、作れるものも多岐にわたります。

f:id:apicode:20160809101131p:plain

画面左のツールから、ペンを円らで描画したりできます。直線は自動で補正されるので、まっすぐのラインが描けます。

画面右側には、ダイアグラムのテンプレートツール、レイヤーツール、書類設定、描画の配色パターンの変更などが用意されています。

おすすめ度:★★★★

メリットは

  • 機能が豊富です
  • 全体的にすっきりしており、操作性もいいです。
  • 直線の自動補正に対応しています。
  • JPEG,PNG,SVGやPDFでの出力可能です。

デメリットは

  • メニューは英語のみ
  • 有料アプリで値段は高め

 

今回は評価版が利用できたのですが、日常よくダイアグラムを作成するような人にはあっても良いアプリだと思います。

ダウンロードはこちら。

www.microsoft.com

 

ナレッジベース・ビルダー

概念図のダイアグラム作成にびったいなアプリです。

項目を追加します。名前などのデータを入れOKを押して確定します。

f:id:apicode:20160711155916j:plain

いわゆるマインドマップとは若干違いますが、非常にきれいでわかりやすい概念図を作成することができます。

f:id:apicode:20160711155925j:plain

「Format Diagram」アイコンを押して、ダイアグラムの色などを後でも変更できます。英語メニューなのが残念。

f:id:apicode:20160711160221j:plain

おすすめ度:★★★

メリット

  • 使いやすい
  • 日本語の入力は可能
  • ビジュアルのきれいな図を作成できる

デメリット

  • 英語メニュー
  • 基本的に有料アプリ

無料お試し版は24時間制限で利用できます。

製品価格は400円程度ですから、高価というわけではありません。

以下リンクより製品、または試用版を利用できます。

www.microsoft.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。