困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】消費電力を抑える設定にする

Windows 10は、動作が軽快で便利なOSです。

 

一方、いろんなアプリが動作しているので、充電だけを頼りに作動させていくと、バッテリがどんどん減っていきます。

 

ここでは、節電のTIPSをまとめてみました。

 

無駄なアプリを調べる

あまり使ってないのに、がんがんネットワークを使っているようなアプリはオフにすべきです。

 しかしどのアプリがそうなのか調べないといけません。

 

タスクマネージャーの「アプリの履歴」タブをクリック。

 すると、ネットワークの列で、ネットへの接続量をチェックできます。

f:id:apicode:20150806094246p:plain

 

バックグラウンドで動くアプリを制限する

メッセージの受信などでは、アプリを終了していても裏でアプリが動いてるなんてことがあります。

 そんな、裏で動いているアプリを設定して、無駄なアプリを排除しておきましょう。

 

スタートメニュー>設定>プライバシーで、バックグラウンドアプリを選びます。

 アプリのトグルをオフにして、無駄なアプリがバックグラウンドで実行されないようにしておきます。

f:id:apicode:20150806095008p:plain

 

スリープ開始を設定する

こちらは、Win10にかかわらず定番です。

 一定時間動作しない場合にスリープを開始させ、電源消費を抑えます。

 

スタートメニュー>設定>システム

を開きます。

 

「電源とスリープ」を選び、それぞれの時間を設定します。

f:id:apicode:20150806094638p:plain

 

ここで電源の追加・設定をクリックします。

 するとさらにオプションが出てきます。

 ここで「省電力」のプランを選ぶと、動作より節電を優先してくれます。

f:id:apicode:20150806094757p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。