困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】オフィスレンズのまとめ

ビジピー(ビジネスピーポー)にとって非常に重宝するカメラアプリがオフィスレンズです。アンドロイドなどのスマホ版がリリースされていましたが、UWPとしてウィンドウズ10アプリ版がリリースされました。

 

オフィスレンズとは?

オフィスシリーズらしい、ビジネスシーンに便利なカメラアプリです。

以下より無料でダウンロードできます。

www.microsoft.com

 

カメラが利用できない場合は?

残念ながらうちで起動すると真っ黒け。

f:id:apicode:20160916193915p:plain

カメラ設定もいろいろ探したのですが、特に変化なし。

ためしにほかの「カメラ」アプリを試すと、そちらは無事カメラが反映されていました。

 

治し方が分かりましたらまた更新したいと思います。

 

なお、写真画像のインポート機能はあるため、「カメラ」アプリで撮ってインポートをすることで、オフィスレンズのいろいろな機能が使えます。

カメラが映らない場合は、先にカメラアプリを利用して撮影をしておくとよいでしょう。

カメラアプリの使い方はこちらです。

apicodes.hatenablog.com

 画像をロードするには、右下のメニューアイコンをクリック。その後「インポート」を実行します。

f:id:apicode:20160916194436p:plain

 

 

オフィスレンズの便利な機能は?

表示モードを変更する

画像右上には表示の切り替えモードがあります。

  • 写真
  • ドキュメント
  • ホワイトボード
  • 名刺

などがあります。

例えば撮影した名刺が、さらに見やすくなるような処理を施すことができます。

 

f:id:apicode:20160916194550p:plain

 

写真モード。こちらが通常の画像です。

f:id:apicode:20160916194845p:plain

 

こっちらはホワイトボード。たしかにホワイトボードっぽくなっています。

f:id:apicode:20160916194730p:plain

 

たとえば名刺にするとコントラストが強くなり、文字が強く表示されるようになります。

f:id:apicode:20160916194809p:plain

 

文字の場所を修正する

カメラで撮った向きや、ホワイトボードの殴り書きなどによっては、文字が水平でなくみずらいことがあります。

 

そこで、右上のアイコンから場所指定アイコンを選びます。

f:id:apicode:20160916195427p:plain

 

次に切り出す四角形の場所を指定します。端にある〇をドラッグして移動します。

f:id:apicode:20160916195325p:plain

 

後は右下のチェックマークを押すと、こんな感じに切り取ってくれます。

f:id:apicode:20160916195359p:plain

 

PDFに書き出す

右下にある保存アイコンをクリックすると、保存先が出てきます。

PDF形式での保存もできます。

f:id:apicode:20160916194932p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。