読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【PDF】ウェブサイトやメールをPDFにするには? スマホ編


コンビニでプリントできるネットプリントやプリントスマッシュなどのサービスではPDFを印刷できます。ある意味もうプリンタを買わなくてもいいかもしれません。

ウェブサイトなどもPDFとして保存するとコンビニで出せますから、PDFにする方法をマスターしておきましょう。(最終更新日:2017/316)

 

サイトやメールをPDFにする必要性は? 

PdF.Europe

最近はスマホからもファイルをコンビニで印刷することができます。

コンビニ印刷用アプリ「ネットプリント」や「プリントスマッシュ」などでもPDFがサポートされています。

つまりサイトやメールをPDFにできれば、コンビニでも印刷できるというわけです。

 

なお印刷方法については下記ページを参照下さい。 

apicodes.hatenablog.com

 

 またPCで変換する場合には以下ページを参照ください。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

ウェブサイトをPDFにする

iPhone

サファリ

サファリでネットを見ている場合にPDF化することができます。

「共有」アイコンを選び「PDFをiBooksに保存」を選びます。

f:id:apicode:20161127113928j:plain

 

するとiBooksの本棚にPDF化されたファイルが格納されました。

f:id:apicode:20161127113930j:plain

 

 URL2PDF

f:id:apicode:20170316152234p:plain

「URL2PDF」は、ウェブサイトをPDFにする専用アプリです。

有料ですが120円です。

 

ウェブサイトのURLをコピペします。あとは、変換ボタンでPDFが作成されます。

f:id:apicode:20170316154527p:plain

 

試したところ日本語も無事PDF化されていました。

f:id:apicode:20170316154536p:plain

 

ダウンロード:URL2PDF - Web to PDF Converterを App Store で

 

PDF Converter

f:id:apicode:20170316153028p:plain

「PDF Converter」は、ウェブサイト、クリップボードの文字列などをPDFにできる高機能アプリです。

有料600円ですが、メールのPDF化にも便利なので結構重宝すると思います。

 

このアプリを入れると、サファリの共有の場合「その他」に「PDFに変換」というオプションができるのでオンにします。

f:id:apicode:20170316154557p:plain

 

あとはサファリでページへアクセス。共有から「PDFに変換」を選べばそのページをPDF化できます。

f:id:apicode:20170316154606p:plain

 

ダウンロード:

PDF Converter - Convert Documents, Photos to PDF on the App Store

 

アンドロイドスマホ

クローム

クロームでは印刷のなかにPDFでの保存させるオプションがあるので利用しましょう。

 

ページで印刷を選びます。そして「送信先」の「変更」ボタンを押します。

f:id:apicode:20161004085227p:plain

 

 

「ローカルの送信先」で「PDFに保存」を選びます。

f:id:apicode:20161004085143p:plain

 

その後、あらためて「印刷」を実行します。

するとファイル名を聞いてくるので名前を付けてPDFとして保存しましょう。

f:id:apicode:20161004085755p:plain

 

 

 

メールをPDFにする

メールをPDFに変換するサービス(PC、スマホ)

メールを送るだけで、メールの文章をPDF化し添付ファイルとして送り返しくれるサービスがあります。

これがあれば、アプリがメール文章の共有や書き出しに対応していなくも使えるので便利です。

 

pdfconvert.me

「pdfconvert@pdfconvert.me」にメールを送ると、PDF化し添付ファイルとして送り返してくれます。

試したところ、レスポンスが速くすぐかえってくるので便利でした。

しかし日本語対応していないようで、日本語の箇所はことごとくちゃんとPDF化されていませんでした。

英文のみPDFにする場合にはちょうどいいかもしれません。

 

 

iPhone

iPhoneのいくつかのメールアプリをみてみると、PDF書き出しのような機能はありませんでした。

そこで、以下のようなアプリを使って、本文をコピペしてからPDF化するという方法が考えられます。

 

PDF Converter

f:id:apicode:20170316153028p:plain

上記でウェブサイトのPDF化に利用できるとして紹介した「PDF Converter」。

こちらにはメールをPDFにするのに便利な機能があります。

 

まずメールアプリからメールの文章を選択してコピーします。

次にこのアプリで「クリップボード」を選ぶと、コピーした文章がペースト(貼り付け)されます。

あとはPDFへ変換するだけ。

 

文字だけかと思いきや画像も対応しているようです。

有料ですが、使い勝手がいいのでお勧めです。

 

ダウンロード:

PDF Converter - Convert Documents, Photos to PDF on the App Store

 

アンドロイド

Gメール

GメールではPDFへの印刷機能があるのでそれを使って書き出すことができます。

メール本文を開き、右上のメニューから「印刷」を選びます。

f:id:apicode:20170316175244p:plain

 

印刷モードになったら、プルダウンメニューから「PDF形式で保存」を選択。

右側にある「PDF」ボタンを押して書き出しを実行します。

f:id:apicode:20170316175250p:plain

 

それ以外のメール(アウトルック、ヤフーメールなど)

Gメールのように印刷機能がない場合には、文字をコピペで他のアプリへもっていきます。

 

まずコピーしたいメールを開き、文字を全部選択して「コピー」を実行します。

 

続いて「ワードアプリ」のようなアプリを開き、新規文書を作成してから「ペースト」します。

f:id:apicode:20170316175723p:plain

 

左上のメニューから「印刷」を選びます。

f:id:apicode:20170316175728p:plain

 

 印刷モードになったら、プルダウンメニューから「PDF形式で保存」を選択し、PDF書き出しを実行しましょう。

 

なお「ワード」アプリのダウンロードリンクはこちらです。

Microsoft Word - Google Play の Android アプリ

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。