読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【ビジュアルスタジオ】インストールのまとめ インストールできない場合は?


ウィンドウズ10アプリをつくってみたりしたい場合に欠かせないのがヴィジュアルスタジオ(Visual Studio)。ようやくヴィジュアルスタジオ2017がリリースされました。

 

ビジュアルスタジオ2017 ダウンロードするには?

いままでビジュアルスタジオ2015として公開されていましたが、いよいよビジュアルスタジオ2017版が登場です。

 

コミュニティ版は無料で使えますので、ダウンロードしておくだけでもありかもしれません。

サイトはこちら。

www.visualstudio.com

 

ページで「Visual Studioのダウンロード」を選ぶとさらに選択肢がでます。

通常は「Community 2017」を選んでダウンロードします。

f:id:apicode:20170429101012p:plain

 

セットアップをダウンロードしたら起動します。

ロード時間はちょっとかかりますが、起動すると以下のように。

昔のヴィジュアルスタジオからすると、きれいにすっきりなインタフェースとなっています。

必要なコンポーネントを選んだら「インストール」でインストールを開始しましょう。

f:id:apicode:20170429101015p:plain

 

あとはインストールの終了を待つだけ。

f:id:apicode:20170429101017p:plain

 

 

準備をする

まず開発者向けモードに設定をしておきましょう。

 

「設定>更新とセキュリティ>開発者向け」を選びます。

 右の選択肢から開発者モードを選びます。

 選ぶと確認ダイアログが出ますのでOKをします。

f:id:apicode:20150813202810p:plain

 

 

起動する

ビジュアルスタジオを起動します。

 最初はサインインするように促されます。

f:id:apicode:20150813202942p:plain

 

スキップして「後で行う」も可能ですが、ここではマイクロソフトアカウントでサインインします。

f:id:apicode:20150813203015p:plain

 

「続行」で進みます。

 デザインを選んで、初期設定は終わります。

 

ビジュアルスタジオが起動します。

f:id:apicode:20150813203106p:plain

 

 

 アプリを作るには「新規作成」から「プロジェクト」を選びます。 

f:id:apicode:20150813203129p:plain

 

すると作るアプリの種類を決めるダイアログが出てきます。

 「空白のアプリ」を選び、プロジェクト名やディレクトリを設定して「OK」を押します。

 

最初はデフォルトでいいでしょう。

f:id:apicode:20150813203156p:plain

 

「実行」や「ビルド」などを選び、アプリを動かしてみます。

f:id:apicode:20150813203332p:plain

 

すると空白で何もしないアプリが起動します。

f:id:apicode:20150813203358p:plain

 

以降、プログラムを書いたり、リソースを追加したりしてアプリを作成させましょう。

 

 

インストールできない場合は?

再インストール

「インストールが終わらない」などの場合は、念のため再度インストールしなおしてみましょう。

その際、一度キャッシュを完全に削除してからインストールしたほうが安全だと思います。

インストーラは「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer.」などのディレクトリにあるので消してから再インストールしましょう。

 

(更新)

あるサイトによれば、

  • C:\ProgramData\Microsoft\VisualStudio
  • %localappdata%\Microsoft\VisualStudio
  • %appdata%\Microsoft\VisualStudio

などのディレクトリを削除します。

 

これらのディレクトリには、特にインストーラ類があると思われる「Setup」や、パッケージ系の「Packages」、ビジスタ2017用の「2017」といったフォルダが含まれていると思います。これらを消去するわけです。

 

さらに

  • HKLM\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\15.0
  • HKLM\SOFTWARE\WoW6432Node\Microsoft\VisualStudio\15.0
  • HKCU\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\15.0

といったレジストリを削除したうえで再インストールしたら治ったという人もいるようです。

 

通常はファイル削除だけでも大丈夫だと思います。

参考:Resolving Installation Issues with Visual Studio 2017 - CodeProject

Can't install visual studio 2017 - Error 0x80004003

 

ISO版でインストールする

ビジュアルスタジオ2015インストール中に「セットアップパッケージが紛失・破損してます」といったエラーがでる場合があります。

今回試してみたら、「操作が中断」されてしまい、インストールできませんでした。 

 

その場合の対応としてISO版をダウンロードしてインストールすると大丈夫かもしれません。

 

(更新)

以前は提供されていたISO版ですが、ビジュアルスタジオ2017では現見当たりません。

また何かわかりましたら更新したいと思います。

 

AVG

アンチウィルスであるAVGを使っている場合、エラーとなってインストールがうまくいかない場合があるようです。

インストール前に一度AVGを「一時的に無効」にしてから、VSをインストールしてみましょう。

 

サブプロセス

インストールでは実は複数のプログラムが稼働します。そのうちの1つがインストールに失敗しているため、全体としてのインストール作業が停止してしまっているケースがあります。

あるユーザはタスクマネージャを使って監視。「SecondaryInstaller.exe」というプロセスが稼働していないことを発見。そのプロセスをキル(無効)にしたらインストールを無事進めることができたそうです。

 

参考:
installation - Visual Studio 2015 installer hangs during install? - Stack Overflow

 

エラーコード一覧

BITS job failed
0x80200010, 0x80072efe, or 0x80072ee7

プログラムがネット接続が失敗したときのエラーです。ネット接続が可能かどうか確認。
プログラムの入手先を変更してみるのも手です。

https://www.visualstudio.com/downloads
https://www.microsoft.com/en-us/download
https://msdn.microsoft.com/subscriptions/securedownloads

参考:
Setup fails and "BITS job failed" error message is logged when you install Visual Studio 2015 Update 1

 

-2147205120

セットアップ実行前に必要なPCのリスタート作業が停止しています。
PCを一度リスタートさせてから再度実行させてみましょう。

参考:
"-2147205120" error code occurs when you set up Visual Studio

 

0x80070005

インストールに必要なファイルが破損などでアクセスできない状態にあります。
管理者権限でサインインしなおす、アンチウィルスソフトを一度オフにするなどの対処をためしてみましょう。

参考:
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3039361#bookmark-locked

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。