読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【ウーバーイーツ】配達可能エリアは?評判は?


配送サービスを提供するウーバーからウーバーイーツというデリバリーサービスがスタートしました。お店やドライバーと契約し、注文後はドライバーの方がピックして届けてくれるサービスになります。果たしてその評判は?(最終更新日2017/2/28)

 

ウーバーイーツとは?

DSCF2053.jpg

ウーバーイーツとは?

ウーバーの提供するデリバリーサービスです。

ウーバーは、運転手と乗客を仲介するサービス大手です。

日本では残念ながら無許可タクシー(白タク)は禁じられており、ウーバーの拡大はさほどうまくいっていません。

 

しかしこのデリバリーサービスでは、運転手はお店から自宅まで食事を配送するだけなので、強い規制にはひっかからないと思われます。

運転手は自由に登録し、空き時間にデリバリーを行うため、一種のクラウドソーシングのようなシステムとなります。

 

実際、法律に基づく届け出が必要ない自転車と125CC以下のスクーターを当面利用するそうです。

 

参考:ウーバー料理宅配サービス、日本に上陸 順次拡大へ | ロイター

 

配達エリアは?

渋谷区や港区(渋谷や恵比寿、六本木あたり)が対象で、当面配送料も無料となります。

 

(更新 2016/12/12)

提供エリアが新宿・代々木・四ツ谷・市ヶ谷・三軒茶屋・下北沢にも拡大されました。

また1週間前からの予約にも対応しました。

新宿 界隈も小規模事業事務所は多数あるのでより便利になりそうです。

 

 

ウーバーイーツを利用するには?

https://lh3.googleusercontent.com/-M679h76FAjLJI6sv9VYUGKLXK7jdG1_95XRV8DJslC1e3_2QAesO7H7jDtDYEObTc3w=w300

アプリをダウンロードしましょう。

iOS:

UberEATS:フードデリバリーをスピーディーにを App Store で

アンドロイド:

UberEATS - Google Play の Android アプリ

 

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20160929104713j:plain

 

ウーバーのアカウントでログインできます。

f:id:apicode:20160929104729j:plain

 

住所を登録します。しかし該当エリアでないと「もうしばらくお待ちください」と出てしまいます。

f:id:apicode:20160929104740j:plain

 

配達員になるには?

配達員として登録、お金を稼ぐことも可能です。

 

その実情についてですが、ウーバイーツの配達員をされた方のブログが公開されています。

 

気になる配送料の支払いは完全歩合制

1件配達ごとに報酬が計上されますが、配達距離によっても変動するようです。

 

スマホでの配達管理は楽な反面、場所の表示精度の問題もあり、実際にはちょっと大変な印象です。

うまくいけば時給2000円ぐらいになりそう!...だそうです。

UberEATSの配達員をやってみたら、長文になった : akiyan.com

 

 

ウーバーイーツの評判は? 

日本での評判は?

利用者評判はまずまずのようですが、

 

ただし写真のないものを頼んでちょっとはずしてしまったという人も....

 

ちなみに「せっかち・辛口」で有名な?高嶋ちさ子さんが「しゃべくり」でウーバーイーツすきを公言。これで一気に世間の評価も上がるかもしれませんね。

 

ウーバーイーツの新規登録者のための招待コードをよく発行しています。

招待コードを使うと初回のオーダーはほぼ無料で済ませることもできます。

これをうまく使って安く済ませている猛者もいるようです。

友達の多い人は、どんどん招待コードを活用していけそうですね。 

 

海外での評判は?

すでにサービスインしている海外。

とはいえサービス開始直後は、届かないトラブルも多く、多くのおなかをすかしたユーザをがっかりさせたこともあるようです。

 

参考:

www.geekwire.co

 

海外ではこんなパッケージで届くようです。

 

 

入れ物自体はお店ごとでしょう。たぶん。

 

 

見ている感じ、最近はそんなにトラブルはなさそうです。もっとも招待コードのつぶやきが多いためかもしれませんが...。

 

現在はアプリの評価は4.1となっており、デリバリーが期待以上だったというユーザもいます。海外での評価はまずまずといったところではないでしょうか。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。