困ったー

困ったことを調べたブログ

アマゾンプライム年会費とは何?楽天プレミアムとどっちが得?

日本でネットショッピングをするときに真っ先にあがるのが楽天かアマゾンでしょう。

楽天はなんといってもポイントが魅力です。アマゾンはポイントは必ずしもつくわけではありませんが、価格や品ぞろえでは楽天にまけてはいません。またプライム系の新しいサービスを次々リリースするのもすごいです。

果たして2社の勝負の行方は?

 

アマゾンプライム年会費とは何?

アマゾンが提供している会員サービスがアマゾンプライムです。

年会費制で、年会費3,900円(税込)を毎年1度支払います。

すると1年間はずっと以下の特典を利用できるというものです。

 

お急ぎ便の利用

プライム対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用できます。

 

またプライム会員であれば、いくらからでも配送料が無料となります。これだけで元が取れるのではないでしょうか。

 

プライムビデオ、プライムミュージック

あくまで対象商品のみとなりますが、アルバムや映画ごとに支払う必要がなくなります。

またビデオでは、松本人志さんオリジナルの「ドキュメンタル」、吉本の「戦闘車」「カリギュラ」といった人気作品が配信されております。これはアマゾンのみの配信です。

人気ドラマ「ウォーキングデッド」なども現在プライムで利用可能です。 

 

プライムフォト

写真はアマゾンドライブに容量無制限でおくことができます。

うちではこれは使っていません。

 

ダッシュボタン

1ボタンで追加注文ができる専用の装置です。たとえば「ひげそりの刃」が切れたら、ボタンを押せばもう注文されてしまいます。

ただしwifiをセットしている必要があります。 

apicodes.hatenablog.com

 

キンドルで毎月1冊無料

キンドルライブラリーで、対象作品は毎月1冊無料で読むことができます。 

apicodes.hatenablog.com

 

プライム読み放題対象

1000冊弱のキンドル本が、プライム会員なら読み放題となるサービスが開始されました。

 

家族利用

同居のご家族を2人まで家族会員として登録可能。

家族会員は上記のお急ぎ便などの特典がちゃんと適用されます。

 

年会費の元を取るには?

配送料を500円とすれば、8回程度の利用で元がとれます。

月1回は使うという場合には会員になるメリットがあるでしょう。

 

また映画レンタル費を399円程度すると、10回程度の利用で元が取れます。

 

会員でない人でも無料体験できます。

申し込みはこちら。

 

 

 

楽天プレミアムとは?

アマゾンプレミアムに対抗した?ようなサービスが楽天からも出ています。

こちらも年会費制で、年会費3,900円(税込)を年に一度支払います。

 

送料ポイント還元

送料はポイント換算されませんが、楽天プレミアムならポイントとしてつきます。

送料無料の場合は役立ちません。通常はたくさん買うと送料無料といったお店も多いと思います。

その場合には、ポイント倍率がアップとなります。

 

ただしプレミアム対象商品のみとなり、上限500ポイントまで。

利用回数も月間10回まで。

 

限定クーポン・優待など

楽天kobo電子書籍購入時ポイント2倍など。

 

アマゾンプレミアムと楽天プレミアム、どっちが得?

会費

どちらも年会費3900円です。

配送料

どちらも対象商品のみとなっています。

しかしアマゾンではお急ぎ便利用可能で、配送料も無料です。

一方楽天では、あくまでポイント還元で、しかも回数などに限度が設定されています。

使い勝手ではアマゾンのほうが便利です。

優待・クーポン

優待やクーポンは楽天プレミアムで発行されます。が、個人的にはそれほど利用していないのでメリットがあまり強く感じません。

動画、音楽

ビデオや音楽聞き放題はアマゾンプライムのみ。

これ結構いいです。

 

ということで、基本的にはアマゾンプライムのほうが使っていて便利だと思います。実際うちでも利用しているのはアマゾンプライムのほうです。

 

最近楽天を使わなくなったわけ

最近楽天がいまいちという記事が目立つようになりました。

実際問題、最近は楽天で買い物をしなくなりました。

 

以前はポイントをつけたいために楽天をどうしても利用するといった感じですが、最近はポイントをわざわざつけるよりは、アマゾンでサクっと買い物を済ませてしまおうというふうになりました。

 

品ぞろえの充実

「楽天>アマゾン」という図式がうちのなかでなくなった理由は、品ぞろえの充実ということを抜きには語れません。

 

以前は「薬」なんかはアマゾンではあまり買えなかったのですが、最近はそうでもありません。

 

マーケットプレイスが充実してきたので、アマゾンじゃないアマゾン出品商品が相当増えました。

 

最近はお坊さんまで頼めるそうで心強い?です。

 

むかーしはあった楽天のほうが品ぞろえが上」というのもなくなってきたことがまず第一の理由でしょう。

 

ポイント失速

2つめの理由は、楽天さん自体の問題ではなく、貼っていたサイトの楽天アフィリエイトから入ってくるポイントが減ってきたので、ポイントを使う楽しみが減ったことにあります。

 

サイトのPVが落ちたという問題です。

 

ポイント減る>使うポイントない>買う気減る

...って感じです。

 

すいません。

 

アマゾンプライムの期待感

アマゾンプライムへの期待感というか、ブランドイメージも欠かせません。

 

ビデオや音楽は、数には制限があれどやはり使えると楽しいです。

 

配達は早いは、デジタルフォトはアップできるは、とサービスが充実してきているのもいいですね。

 

アマゾンへのサービス利用度がアップし、必然的にサイトを開く回数も増えています。

 

 

楽天とアマゾンの今後は?

http://www.flickr.com/photos/7189565@N07/2443946244

photo by Galería de ► Bee, like bees! <3

今後の予想ははっきりいってアマゾンの圧勝です。

 

と言い切れるのは、アプリの使い勝手にあります。

 

 

スマホでは楽天は使いにくい

まず楽天のアプリでは、検索の文字入力で検索候補自体が出てこないという「そもそも」の使いにくさがあります。

 

また楽天の持ち味である豊富な品ぞろえも、スマホの小さい画面で同じ商品が複数店舗で異なる価格で検索結果に出てくるのでは、使い勝手がさらに悪くなります

 

それよりは、アマゾンで探したいアイテムのページへさくっといけてすぐ頼めるほうがいいわけです。

 

 

この場合、「楽天でポイントをつけること」よりも「無駄な手間や時間を省ける」のが魅力です。

 

特にスマホの場合PCほど寛容ではいられません。

 

最近は買い物といえばアマゾンアプリのみとなっています。

 

 

結局ポイントさえつけていればホイホイ集客できた時代の成功体験で?、楽天のサービス自体の使い勝手は悪いままです。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。