困ったー

困ったことを調べたブログ

【パワーポイント2016】ウィンドウズ10での使い方まとめ

スポンサーリンク

ウィンドウズ10でパワーポイント2016を使う流れをまとめてみました。

 

ウィンドウズ10でパワーポイントを使うには?

ウィンドウズ10でもパワーポイントを利用できます。パワーポイントとウィンドウズのバージョンとは必ずしも合致する必要はありません。

つまりウィンドウズ10でもパワーポイント2013をそのまま利用することもできます。

バージョンアップや新規購入でパワーポイント2016を利用してもOKです。

導入については以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 

パワーポイント2016利用の流れ

ここではウィンドウズ10上でパワーポイント2016を利用する流れをまとめていきます。

基本的な使い方は大きな変更はないと思います。

 

表紙を作る

「タイトルを入力」というところをクリックしそのまま文字を入れます。

f:id:apicode:20160515093244p:plain

 

スライドを追加する

左側にスライド一覧が表示されます。右クリックしメニューから「新しいスライド」を選ぶと、スライドを追加できます。

f:id:apicode:20160515093403p:plain

 

あとは追加スライドで文字を入力していきます。

f:id:apicode:20160515093515p:plain

 

図を追加する

書式タブ>図形より図形を選びます。

f:id:apicode:20160515093612p:plain

その後スライド上でドラッグすると図形を挿入することができます。

見やすいスライドを作るには図やグラフィックを効果的に使うのがよいでしょう。

f:id:apicode:20160515093733p:plain

 

サイズ設定

「デザイン」タブを選ぶと、リボンに「スライドのサイズ」というのがあります。

クリックしてメニューが出ます。

「標準」「ワイド画面」と選ぶことができます。

縦型など自由にスライドのサイズを設定するには「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選びます。

f:id:apicode:20150827184908p:plain

 

サイズ指定で選ぶか、自分で幅や高さを設定することでスライドの大きさをカスタマイズすることができます。

またスライドの縦、横を設定することで、縦長の画面にすることもできます。

f:id:apicode:20150827185046p:plain

 

スライドショーを再生する

「スライドショー」タブでは、スライドショーを見るための機能がリボンに表示されます。

右側に「最初から」というのがあり、クリックすると最初からスライドショーをしてくれます。

f:id:apicode:20150827185643p:plain

 

「現在のスライドから」を選ぶと、現在作業で表示してるページのスライドからスライドショーがはじまります。

 

どんどんクリックしていき、終わりまで行けばクリックでスライドショーは終了します。

 

デザインをよくする

パワポ2016にはおすすめデザイン機能などもあります。以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 

 

パワポ2016、使ってみたい新機能は?

テルミー

右上に「操作アシスト」という箇所があります。

f:id:apicode:20160515094225p:plain

クリックして文字を入れると操作説明へすぐアクセスできます。

f:id:apicode:20160515094203p:plain

 

共有・共同編集

パワポ2016で強化されたのが共有や共同編集機能です。右上に共有ボタンがあり、クリック後、ユーザの招待などを行うことができます。

f:id:apicode:20160515094254p:plain

 

インク数式

書式>記号と特殊文字>数式で「インク数式」をクリック。

f:id:apicode:20160515094505p:plain

 

すると数式を描くと自動で変換してくれます。

f:id:apicode:20160515094708p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。