読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【アプリ】フォトショップ・スケッチ、フォトショップ・フィックスのレビュー


写真レタッチでは第一線のソフト、フォトショップ。そのフォトショップに、スマホ用のスケッチ、フィックスなどのラインアップが加わりました。

無料ですが高性能、かつ機能もスムースでかなり使えるツールになっています。

 

アドビ・フォトショップ・スケッチ

f:id:apicode:20161103181403p:plain

ペン描画できる無料アプリです。

ただしアドビIDによるログインが必要で、ない場合は新規に登録しないといけません。

f:id:apicode:20161103180643j:plain

 

使い方は?

操作は簡単で、左側にペンツールがあるのでペンを選びます。

なおペンツールで下にあるのが消しゴムになります。

あとは右画面に自由に描画するだけ。

f:id:apicode:20161103180652j:plain

 

ペンツールでダブルタップすると、ペンのカラーやサイズといった設定を変更することが可能です。

f:id:apicode:20161103180656j:plain

 

スケッチの大きな特徴の一つがレイヤーのサポートです。

右側で「+」ボタンをタップするとレイヤーを追加することができます。

レイヤーを使うと、背景と人物などを区別して描画できます。

f:id:apicode:20161103180700j:plain

 

すると下のレイヤーの背景を消しても、上のレイヤーの模様はそのまま残ることになります。

ちょっと凝った絵を描こうとすると、レイヤーをうまく分けて描くことで効率を上げることができます。

f:id:apicode:20161103180705j:plain

 

作ったらギャラリーに保存したり、共有することもできます。

f:id:apicode:20161103180711j:plain

 

使った感想は?

使った感じでは、操作もわかりやすいですし、動作も快適でキビキビしています。

またレイヤーがサポートされていることも非常に強力です。

 

無料アプリですし、スケッチ用にスマホを使っている人からすると、入れておいた方がいいアプリに仕上がってると思います。

 

ダウンロード

ダウンロードはこちら。

play.google.com

 

 

アドビ・フォトショップ・フィックス

フィックスでは写真を加工するいわゆるフォトレタッチツールとなっています。

f:id:apicode:20161103181455p:plain

 

こちらも利用するにはアドビIDが必要です。

ない場合は登録しましょう。

f:id:apicode:20161103180719j:plain

 

使い方は?

起動後はまず画像を選択します。

f:id:apicode:20161103180722j:plain

 

上には共有やリドゥ、アンドゥといったコマンドが並びます。

下には「切り抜き」「調整」「ゆがみ」「修復」「スムーズ」などのコマンドがあります。

f:id:apicode:20161103180726j:plain

 

さらに横スクロールで「明るさ」「ペイント」「焦点をぼかす」「周辺光補正」などが出てきます。かなりたくさん機能があり、無料の写真加工アプリとしてはかなり多機能です。

f:id:apicode:20161103180744j:plain

 

例えば切り抜きを選ぶと、切り抜き用グリッドが表示されます。これを拡大縮小し、好みの大きさに変形してから実行すると切り抜くことができます。

また写真自体の回転もここで行うことができます。

f:id:apicode:20161103180729j:plain

 

「調整」では「コントラスト」などを変更できます。

f:id:apicode:20161103180731j:plain

 

「ゆがみ」では「渦巻」上に変形することができます。

中心点をタップし、あとは指をその周りで回転するように動かすと画面が渦を巻いていきます。

動作はうちのスマホではかなりスムーズでした。

f:id:apicode:20161103180735j:plain

 

 また「ゆがみ」で「顔」を選ぶと、顔写真がある場合に自動的に認識してくれます。

 

f:id:apicode:20161103180750j:plain

 

すると顔のゆがみ、幅、輪郭などを変形することができます。

顔の位置がしっかり認識されているため、その人がまるでそのまま太ったかのように拡大したりすることができます。

 

もちろん縮小するとほっそりした顔になります。最近太ったと評判の菊地亜美さんにはぜひとも使ってほしい機能といえましょう。

f:id:apicode:20161103180753j:plain

 

ペイント機能では、お絵かきすることもできます。

f:id:apicode:20161103180747j:plain

 

使った感想は?

非常に多機能なアプリで、さすがアドビといった感じがしました。

渦巻などの変形系や人物の顔の拡大縮小といった機能はかなり面白いですし、動作もスムーズでした。

 

ダウンロードは?

こちらから無料でインストールできます。

play.google.com

 

 

アドビコンプCC

f:id:apicode:20161103182902p:plain

ラフデザインの提出では「カンプを提出」などといいますが、カンプの基本アイデアを簡単にスマホ上で作れるアプリです。

作ったあとは、フォトショなどでさらにディテールを作っていって完成させましょう。

 

使い方は?

まずは新規プロジェクトを作ります。

f:id:apicode:20161103180802j:plain

 

するとスマホやタブレットなどのサイズのテンプレートを選ぶことができます。

つまり、スマホアプリなどのラフレイアウトをこのアプリで手軽に作れるというわけです。

f:id:apicode:20161103180806j:plain

 

作成は、簡単で丸や四角を描くと、アプリの方で自動的にきちんとした四角形などに変換してくれます。

f:id:apicode:20161103180810j:plain

 

 

アプリではそんなに細かいところまでは作れません。

おおまかなレイアウトができたら後は他のソフトなどへ送信しましょう。 

f:id:apicode:20161103180814j:plain

 

使った感想は?

あまりこのようなレイアウト、カンプを作る機会はないため、なんともいえません。ただし必要な人には便利なのかもしれません。

 

ダウンロード

ダウンロードはこちら。

play.google.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。