読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows10】おすすめの無料ビデオ編集ソフトは?


ウィンドウズ10での無料で使えるビデオ編集ソフトをいろいろ使い比べてみました。

最近のPCではカメラがビルトインされているものも多く、ますます動画が簡単に使えます。スマホで撮影した動画を編集する場合もPCでやったほうが作業が楽になると思います。

 

初心者でも使いやすいソフトは?

ムービーモーメント

マイクロソフトからリリースされている無料ソフトです。

とりあえずムービーファイルを指定すると編集画面となりました。

 

映像に文字、キャプションをとても簡単に乗せることができます。

下のゲージで紫色の吹き出しをクリックすると文字をのせる画面になります。

f:id:apicode:20160221162047p:plain

 

音楽もプリセットをダウンロードできるため、簡単に音楽をつけることもできます。

 

一方、映像をコピペやカットしたりする機能、複数の映像ファイルから1つの映像作品をつくるといった機能はありません。

 

作りたい用途のビデオによっては、おすすめできるソフトといえます。

カメラで録画して、文字テロップをのせたいだけ、というのであればこのソフトで作るとあっという間にできそうです。

 

機能は少ないですが、非常に手軽に作れるので初心者の方にもおすすめです。

おすすめ度:★★

対応:3g2,3gp,3gp2,asf,avi,m2t,m2ts,m4v,mov,mp4,mp4v,mts,wm,wmv

www.microsoft.com

 

ムービーメイカー

ムービーメイカーはマイクロソフトの動画編集ソフト。初期状態でインストールされているケースもあり、使うのに慣れている人も多いのではないでしょうか。

 

操作性はちょっとクセがありますが、文字入れやつなぎのエフェクト処理、音楽やサウンドファイルを指定、各種デバイス用に出力など、ひととおり最低限の機能が網羅されている感じです。

 

もしプリインストールされていなくても、マイクロソフトから無料でダウンロードできます。

おすすめ度:★★★★

 

VSDCフリー・ビデオ・エディター

多機能な無料ビデオエディタです。

 

使い方も簡単です。

「ファイルのシケンスウィザード」では、動画の切り替えエフェクトが多数出てきます。

f:id:apicode:20151006105440p:plain

 

あとは動画をドラッグアンドドロップで追加。さらに上のエフェクトを「>」マークのところへドラッグアンドドロップします。

これでエフェクトで切り替えて画像をつなぐことができます。終わったら「設定を適用」ボタンを押します。

f:id:apicode:20151006105441p:plain

 

動画に書き出すにはまず「プロジェクト」の「エクスポート」を選びます。

f:id:apicode:20151006105445p:plain

 

出力ファイル名などを設定後、エクスポートメニューから「ファイルの変換」を実行します。

f:id:apicode:20151006105447p:plain

 

メニューも日本語化されており、そこそこ使いやすいと思います。

おすすめ度:★★★★

下記公式サイトよりダウンロードできます。

www.videosoftdev.com

 

MovieEditTouch

MAGIXソフトウェアからリリースされているビデオ編集アプリです。ウィンドウズ10でも動作します。

無料版とプレミアム版とあります。

プレミアム版は400円ですから決してたかくはないでしょう。

f:id:apicode:20160304204446p:plain

画面が日本語化されており使いやすいです。

 

画面右で最適化を選ぶと、画面左のアイコンから「明るさ」や「コントラスト」を調整できます。

画面右のFXアイコンを選ぶとエフェクトが選べます。

しかし画面を90度回転させるものしかありません。

 

無料版では機能は少な目で、いろんなものを使うにはプレミアムにしなさいという感じでした。

おすすめ度:★

対応:avi,mov,mp4,mts,m2ts,wmv

www.microsoft.com

Video Master Editor

無料(広告あり)のビデオエディターです。

起動するとメニューはこんな感じ。作業を選んでから動画ファイルを選びます。

f:id:apicode:20160808100510p:plain

 

動画を見ながら、編集パラメーターを変更していきましょう。

f:id:apicode:20160808100544p:plain

主な機能は

  • トリム
  • マージ(結合)
  • スライドショー
  • 文字追加
  • 音楽追加
  • エフェクト(インスタのようにフィルターを適応)
  • フレームグラブ(静止画を抽出)
  • ツールボックス(明るさや輝度の変更など)

 

レビューでは「使いやすい!」という声も結構多いです。

しかし残念ながらメニューは日本語化されていません。広告もちょっと多いかも(広告非表示は0.99ドルです)。

対応ファイル:MP4,WMV,AVI

おすすめ度:★★

ダウンロードはこちら。

www.microsoft.com

 

多機能なビデオ編集ソフトは

movie animator

ウィンドウズ10で動くビデオ編集アプリです。

ムービーメイカーにない機能としては、

  • 映像にフィルターをかけることができる
  • 静止画をタイムラプス動画として追加できる

などのオリジナリティがあります。

f:id:apicode:20160221170904p:plain

英語版のみで、アイコンもちょっと小さめで全般的には若干使いずらいかもしれません。

プレビューではムービーアニメーターの文字が入ってしまいます。

有料版にしないと文字は消せませんから、最終的には有料版にせざるを得ませんw。

対応:MMP4,AVI,WMV,2gp,3gp,mov,3g2,m4v

おすすめ度:★★

www.microsoft.com

 

特殊な用途のビデオを作るには?

エニ・ビデオ・コンバーター

ビデオのフォーマット変換専用ソフトです。

ソフトを起動したら、変換したい動画ファイルをドラッグアンドドロップなどの方法で追加してください。

f:id:apicode:20151005105513p:plain

 

右上のプルダウンから変換したいフォーマットを選びます。

その後「変換」ボタンを押します。

f:id:apicode:20151005105516p:plain

 

変換はファイルごとに処理状況が確認できます。

変換が終わると、自動的にフォルダが開きます。変換先のファイルの場所がすぐわかるので便利です。

f:id:apicode:20151005105517p:plain

多くのフォーマットに対応しています。

またフォーマットに詳しくなくても、iPhoneやアンドロイドなどプラットフォームごとに選べるのでわかりやすいです。

 

対応入力形式:MP4、MPEG、VOB、WMV、3GP、3G2、MKV、MOD、M2TS、RMVB、AVI、MOV、FLV、F4V、DVR-MS、TOD、DV、MXF、OGG、WEBM など。 もっと見る>>>
対応出力形式:WMV、MPG、MP4、AVI、ASF、M2TS、3GP、3G2、FLV、MKV、SWF、WEBM、HTML5 WEBM、HTML5 OGG、HTML5 MP4 など。
対応出力デバイス:iPad Air、iPad Mini、iPhone 6 PlusiPhone 6、Apple TV、Galaxy S III、Google Android、Kindle Fire HD、Sony PSP、Xbox 360 など。

スマホや動画サイトへのアップロードなどでは、ファイルのフォーマットやサイズを適正にする必要があり、このようなソフトが必要となる場合も多いことでしょう。

おすすめ度:★★★

日本版サイトからは以下ダウンロードできます。

jp.any-video-converter.com

Animation Desk

1フレームごとにお絵かきして、パラパラ漫画のように再生できるソフトです。

無料でウィンドウズストアからダウンロードできます。

サインインしてクラウドにデータを保存する場合には年間1000円で利用できます。

f:id:apicode:20160222141840p:plain

まずはフレームで適当にドローイングします。

f:id:apicode:20160222142802p:plain

 

左下にある「+」のアイコンでフレームを追加します。

AddBlankFrameは白紙のページを追加します。

Duplicate frameを押すと、現在のフレームを複製してくれます。

f:id:apicode:20160222141243p:plain

 

このような感じでフレームを追加していき、再生ボタンを押してパラパラ漫画をプレビューしてみましょう。

再生ボタンの下にリピートボタンがあります。これをおしておくと何度もリピート再生してくれるので便利です。オンにしておくとよいでしょう。

f:id:apicode:20160222141303p:plain

 

右上のアイコンからメニューを出すと、Backgroundつまり背景の画像を設定できます。

f:id:apicode:20160222141455p:plain

部分を選んでコピー&ペーストがないのがまずは残念なところです。

レビューでも指摘する声がありました。

 

またソフトが落ちるなど若干不安定なところもあります。

基本オートセーブなので、こまめに保存しないといけないということはありませんが。

 

日本語版は残念ながらなしです。

 

無料で結構できる反面、若干もう少々機能や使い勝手があればいいのになという気もします。

 

ただ、とりあえずパラパラ漫画を作ってみたい!という場合に試す分にはおすすめできるでしょう。

 

おすすめ度:★★

 

www.microsoft.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。