読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】マイピープルのまとめ


スマホでは、友達と簡単に連絡を取ったり、居場所が分かったり、最新情報が通知されたりと、まさに連絡の中心となっています。一方、パソコンでは通知もあまりでませんし、いまだにメールソフトが連絡の中心だったりします。

しかしマイピープル機能がリリースされると、タスクバーに友達をピンどめして連絡が取りやすくなります。かなり使い勝手もよくなると思われます。(最終更新日: 2017/5/1)

 

マイピープルとは?

ウィンドウズのタスクバーに友達をそのままアイコンとしてピン止めできる機能です。

友達アイコンをクリックすると、ファイルをすぐ送ったり、スカイプでの会話をすぐ始めることができます。

f:id:apicode:20161030232849p:plain

参考:

創造力の新たな可能性を広げる Windows 10 Creators Update と Surface Studio | Windows Blog for Japan

 

従来のウィンドウズでは、連絡ではメールやスカイプ、スラックといったそれぞれのソフトウェアが担うものという印象です。

 

しかしマイピープルが実装されると、友達との連絡や共有が「タスクバー」というよく使うインタフェースに統合されます。 

常時表示されるため、友達や仕事仲間との連絡が非常に効率的になります。

 

機能は?

機能としては、写真や動画をドラッグアンドドロップするだけで友達に送れるようになります。 

メールやIMなども、マイピープルからすぐアクセス可能となります。

 

通知方法としてShoulder Taps(肩たたき?)」なるものも実装されます。フェイスブックでいうところの「Poke」機能のようなものかなあという気もしますが、こちらはまだわかりません。 

 

リリースは?

2017年に予定されているウィンドウズの大型アップデート「クリエイターズアップデート」を行うとこの機能ができるようです。 

同アップデートで追加予定の「ペイント3D」などはマイクロソフトストアに登録されていたりするのですが、「マイピープル」で検索してみてもいまのところはまだないようです。 

またリリースされ次第試してみたいと思います。

(更新 2017/5/1)

クリエイターズアップデート をしたら利用可能になっていました。インサイダービルド版のみかもしれませんが、今後順次アップデートされていくものと思われます。

 

 

マイピープルの使い方

表示する

タスクバーにピープルアイコンがあるのでクリックします。

ダイアログで「開始する」を選ぶと利用が始まります。

f:id:apicode:20170501143205p:plain

 

連絡先を選びます。

選んだ連絡先をピン止めすることができます。 

f:id:apicode:20170501143627p:plain

 

ピン止めするとタスクバーにこのようにアイコンがでてきます。

f:id:apicode:20170501143921p:plain

 

クリックするとこのようにピープルやメールの情報にアクセスできるようになります。

f:id:apicode:20170501144255p:plain

 

また、その表示エリア内でメールを書くこともできるようになります。

f:id:apicode:20170501144348p:plain

 

非表示にする

タスクバーでのピープルアイコンを非表示にするには「設定>個人用設定>タスクバー」で、「People-show people on the taskbar」をオフにします。

f:id:apicode:20170501142942p:plain

 

 

ピープルとは?

ピープルはウィンドウズ10搭載の連絡先管理アプリです。

おそらくマイピープルはピープルの延長上の機能と思われますが、現時点ではわかりません。

 

スタートメニューでPの欄に「People」があります。

f:id:apicode:20161030234134p:plain

 

起動するとこんな感じ。特定の人物をスタート画面へピン止めすることもできます。

f:id:apicode:20161030234128p:plain

 

ピン止めするとこんな感じです。

f:id:apicode:20161030234140p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。