読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【リンクトイン】年収検索ツール「リンクトイン・サラリー」公開


海外で職業の年収をチェックするにはグラスドアなどのサイトがよく使われます。が、リンクトインからも年収検索ツール「リンクトイン・サラリー」で、年収の相場を手軽に調べることができます。

 

「リンクトイン・サラリー」とは?

ビジネスSNSのリンクトインでは、地域や職種で年収をチェックするためのツールを公開しています。

リンクトインでは、職業募集などもよく行われています。年収やボーナスなどにも膨大なデータを持っており、それが使われているのでしょう。

 

年収を調べるには?

サイトへアクセスします。

https://www.linkedin.com/salary/

 

Jobには職業「Programmer(プログラマー)」など、Location(位置)には場所「San Francisco(サンフランシスコ)」などと入れて検索します。

残念ながら東京(Tokyo)、大阪(Osaka)などの国内の都市にはまだ対応していないようです。

f:id:apicode:20161103101635p:plain

 

検索するとこんな感じ。

グラフがでて中央値などもわかります。

これによればサンフランシスコのプログラマーは年間10万ドル、日本円で約1000万円前後稼げるというのが相場だということがわかります。

f:id:apicode:20161103101641p:plain

 

次にハワイのグラフィックデザイナーで調べてみました。

すると以下のようにダイアログがでてきて、「この機能を年間無料で使うにはあなたのサラリーを登録してください」と出てきます。

 

実際、リンクトインプレミアムのメンバーであれば制限なく使えるようです。

それ以外の場合は、自分の年収データを登録をすることで制限を解除できます。

 

サラリーを登録してもプライベートで非公開となり、プロフィールページに掲載されることもありません。

f:id:apicode:20161103102244p:plain

 

また下の方にはグラフィックデザイナーで、最も高級な地域のランキングが表示されます。

これによれば、やはりサンフランシスコが高いようです。

気になる数字のデータは、アンロックしないとみれません。

f:id:apicode:20161103102451p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。