読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【ブログ運営】ランサーズ クラウドワークス 頼むならどっち?


最近は某ウェルクさんの件でますます注目の集まるクラウドソーシング。

今回はじめて代表的なクラウドソーシング会社のランサーズとクラウドワークスさんにそれぞれ依頼してみました。依頼しやすさなどを比べてみました。

 

ランサーズとクラウドワークスとは?

Wheelmap App iPhone

クラウドソーシングとは?

どちらもクラウドソーシングの会社です。

クラウドソーシングとは、ネットを使って仕事を依頼したい人と仕事を受けたい不特定対数の人を仲介してくれる仕組みと考えるとわかりやすいでしょう。

 

国内の代表的な企業は、ランサーズとクラウドワークスで、どちらも上場しています。

 

後発のクラウドワークスがランサーズのシステムをほぼパクって参考にして作っているためか、使い勝手はかなり一緒です。

 

ランサーズのサイトはこちら。

www.lancers.jp

 

クラウドワークスはこちら。

crowdworks.jp

 

登録者数が多いいのは?

あるサイトによれば

クライアント数

  • ランサーズ:約6万
  • クラウドワークス:約2万

登録者数

  • ランサーズ:約25万
  • クラウドワークス:約11万

となっています。

 

数だけみれば、依頼者数や受託者数はランサーズのほうが多いです。

ただしサービスインの時期はランサーズの方が早いので、そのあたりで差がついているだけかもしれません。

参考:クラウドワークスとランサーズの違いがわかる!比較体験レビュー

 

 

ランサーズとクラウドワークス 頼むならどっち?

CV Clinique - Job Meeting Bologna 2012

今回は「アプリの使いやすさについての口コミ」という似たようなテーマで両社へ発注してみました。

 

依頼内容の作りやすさは?

依頼データの作成ですが、後発のクラウドワークスはランサーズのシステムをほぼ踏襲しているためか、作りやすさには差はほとんどありませんでした。

 

発注時に仮払いをするのですが、どちらもペイパルに対応していたためペイパルにて送金できました。

他どちらもクレジットカード払い、銀行払いに対応しており、差はほとんどないでしょう。

今回は互角です。

 

記事の集まりやすさは?

ランサーズでは昼発注ぐらいで当日夜には10件すべて応募がありました。

クラウドワークスは午前発注で夕方ころには10件すべて応募がありました。

応募がそろった速さについては、体感的には一緒といった感じです。

今回は互角です。

 

依頼した記事の質は?

今回は10件で両社に発注。

大体記事のクォリティは一緒ぐらいな印象です。

どちらかが圧倒的に優れているということでもなく、どちらかが極端に「雑」でいい加減...という感じではありませんでした。

今回は互角です。

 

集めたデータの見やすさは?

クラウドワークスの方が集まったデータを一覧すぐできました。

ランサーズの方は、一覧しずらくダウンロードしないとちゃんとブラウズできない感じでした。

見やすさはクラウドワークスの方がいいかなと思いました。

 

その他便利機能は?

クラウドワークスには、応募者に「ありがとう」をするボタンがあるのがよかったです。

 

クラウドソーシングでは、依頼者と応募者は分断されてしまいます。

記事をたんに承諾するだけでなく、いい記事をしてくれた人にはさらに「ありがとう」を送れるのは気に入りました。

 

使ったうえでの評価は?

記事の作成から、いただいた応募の速さや質について、ほとんど差はない印象です。

 

集計データのみやすさや「ありがとう」機能があるところで、若干クラウドワークスのほうが使いやすいかなという感じでした。

 

今回は「アプリ」がテーマでしたので、「美容」や「金融」などのテーマによってはまた差がでるのかもしれません。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。