読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

じぶん書店をつくるには?

講談社が自分で好きな本をセレクトしたオンライン書店ページが作れる「じぶん書店」をスタート。さっそくつくってみました。

 

じぶん書店をつくるには?

Summer road trip : day4 : Salem

誰でも講談社作品から自由にセレクトして書店が作れるサービスです。

登録も無料です。

 

アカウントをつくるには?

サイトへアクセス。

https://www.jibunshoten.com/

 

まずはアカウントを作りましょう。

f:id:apicode:20170516151154p:plain

 

アカウントはフェイスブックやツイッターアカウントからもログイン可能です。

f:id:apicode:20170516151158p:plain

 

書店の作成

アカウントができたら自分書店をつくりましょう。

書店名や説明文を登録します。

f:id:apicode:20170516151202p:plain

 

登録したメールアドレスに4ケタの認証番号が贈られるので、それを入力。

f:id:apicode:20170516151208p:plain

 

すると完成。あとは本を選びましょう。

f:id:apicode:20170516151211p:plain

 

本を検索して選びます。

f:id:apicode:20170516151216p:plain

 

次に、タイトルや推薦文を書きます。

f:id:apicode:20170516151221p:plain

 

 

作った作品を公開するには?

できたら「公開する」を押して公開しましょう。

f:id:apicode:20170516151226p:plain

 

試しに作ったマイページはこちらです。

www.jibunshoten.com

 

 

作った感想は?

スマホに画面が最適化されているため、パソコンからだと非常に使いにくいです。

レスポンシブぐらいちゃんと対応していれば、というのが率直なところ。

 

一方、講談社といえば人気漫画をはじめ、江戸川乱歩賞を中心としたミステリー小説など、ファンには垂涎の作品も多く登録されているため、アフィリエイトがてら書店を作ってみるのは結構楽しいと思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。