困ったー

困ったことを調べたブログ

【ガジェット】ホバーカメラ・パスポートの評判は?

スポンサーリンク

コンパクトなボディで一躍注目を集めたのがホバーカメラ・パスポートです。

何と販売にあたってはアップルも協力し、アップルストアでも販売されることになりました。(最終更新日:2017/5/10)

 

ホバーカメラ・パスポートとは?

f:id:apicode:20170413142853p:plain

URL:https://gethover.com/hover-camera-passport?d=pc

 

小型のドローン、マイクロドローンが注目されています。ドローン自体も注目はされているのですが、いかんせん大型ドローンの場合には飛行申請が必要など、垣根が高いです。

一方小型の場合は規制外のため、購入後すぐ使うことができます。

 

とくにマイクロドローンのなかでも、この「ホバーカメラ・パスポート」が注目されています。


Tested: Hover Camera Quadcopter Drone

 

まずは折りたたみも可能なコンパクトな設計がキュート。

特にドローンの場合、プロペラまわりが危険だったりしますが、自転車かごのような網目のケースで覆われているため安全性が高いのも優れたポイントです。

 

ビデオによればWiFiでスマホと接続しているようです。

本体自体はGPSなどは搭載されていません。

 

ソフトウェアは、フェイストラッキング、ボディトラッキングに対応。

価格は500ドル台です。日本ではおそらく7万円ぐらいにはなるのではないでしょうか。

 

(更新)

いよいよ日本のアップルストアにも登場です。

気になる価格は税別で60800円。

発送まで4-6週間ということですから、今からオーダーして翌月、または翌々月になると思われます。

www.apple.com

 

スペックは?

バッテリーをあわせ、242gのカメラを搭載。

サイズは182x132x33mm。

ストレージ:32GB

 

最速は秒速8メートル。つまり時速では2.8キロメートル。

これは人間がゆっくり歩くのと一緒ぐらいの速さです。

 

評判は?

風に弱い

レビューでは、やはり風の影響などがあるのでインドアでの利用の方がよさげです。

これはドローン全般的にいえることですが、このように小型軽量のドローンであればなおさら風の影響を受けてしまいます。

風が強くなくても、機体が安定せず、結果として動画が見ずらくなるケースも想定されます。

 

トラッキング精度

フェイストラッキングでは、素早い移動などで顔のトラッキングを見失うケースもあるようです。

ビデオでもあるように、トラッキング中うまく補足できなくなるケースもあるようです。

 

飛行時間

ただしドローンの場合、思ったほど飛行時間がキープできないパターンが多いです。

うちの所有ドローン、パロット・ローリング・スパイダーだと数分ですから、それよりは長いです。

 

このホバーカメラ・パスポートの場合、12分程度。

授業の合間の休み時間にちょっと使えば終わり、といった感じでしょうか。

 

 

参考: 

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。