困ったー

困ったことを調べたブログ

【ブログ運営】はてなブログでBad Requestになる場合は?

スポンサーリンク

はてなブログを使っていると、公開や保存ボタンを実行するとBad Requestとだけ表示されてエラーになる場合があります。

また一度「Bad Request」となると、本文を全部消して実行しても同様のエラーになるので、一度フラグが立つと記事が更新できなくなるようなので不便です。

 

Bad Requestとは?

Bad Boys (parte quarta)

その名の通り、サーバへの要求が不正とみなされることです。

はてブロの場合には、本文が不適切な内容を含んでいると判断されることでこのような表示になるようです。

 

いっしょうけんめい?書いた記事が、BadRequestと処理されると、苦労が水の泡になるのでがっくり来ます。

 

Bad Requestが来ないようにするには?

blocked.

大抵のブログ記事を書いている場合では、同エラーにはなりません。

以下は自分が試した感じの憶測記事なので、このとおりでBadRequestになるとは限りません。あくまで参考程度でご利用ください。

 

リンクに注意する

ブログでは参考記事へのリンクをよく貼ります。

ところがあるサイトへのリンクをするとBadRequestが起きやすいようです。

代表的な例では海外の掲示板サイトRedditです。

リンクを削除したらBadRequestが回避できたことがありました。

 

全部のRedditへのリンクがダメかどうかはわかりませんが、場合によってはハイパーリンクを埋めるのではなく、単なる文字列で参考記事のURLを書いておくほうがいいかもしれません。

 

ユーチューブやフリッカーの埋め込みに注意する

埋め込んでいるユーチューブやフリッカーのタイトル文字(あるいは投稿者名など?)が引っかかっているケースがあるようです。

 

BadRequestが出るページで、ユーチューブやフリッカーの埋め込みを削除したら大丈夫だったことがありました。

 

内容的にも別にやばい動画や写真ということではないので、埋め込み文字列の方がチェックされているのかなとも思います。

 

 

BadRequestになったら?

はてブロではクッキー?などに書きかけのデータが保存されているようです。

ページを戻るか、新しい記事を書くで開いたページで書きかけを復元するかしましょう。

 

そこで一度HTML編集データなどをテキストエディタの方へコピペして退避させます。

 

一度エラーになったページではそのまま作業してもエラーになるかもしれません。

そこで新しい記事を書くで空白ページを開き、テキストエディタからコピペで貼り付けます。

 

外部リンクやフリッカー、ユーチューブ埋め込みを削除して、保存ができるかどうか確認します。

 

いまのところ、うちでは上のようにして退避しています。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。