読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【IoT事例】Zepp ゴルフ・センスのレビュー スイング軌道をチェックするには?充電できない場合は?


最近はIoTブームで?、いろんなものにセンサーが入るようになってきました。Zeppのスイングセンサーはゴルフスイングをチェックするウェアラブルなら端末です。ゴルフグローブに装着するタイプですが、実際に利用してみると装着はほとんど気になりません。

安倍さんはトランプ次期大統領にゴルフグッズをプレゼントしたそうですが、今後あなたもいつトランプさんと会うことになるかもしれません(?)。そうなってもあわてないように、まずはしっかりこれらのガジェットを駆使してゴルフに慣れておきましょう。

 

Zepp GolfSense スイングアナライザーとは?

ゴルフグローブ(手袋)にセンサー端末をつけることで、ゴルフのスイング軌道をチェックしてくれるシステムです。

アプリは無料でダウンロードできます。

アンドロイド:

GolfSense - Google Play の Android アプリ

 

 

とりあえずアマゾンで安いのを買ってみました。

届くとこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BM7pSaEBhFn/

#golfsense #golf #zepp

 

開封するとこんな感じ。端末とUSBケーブル、充電用のクレードル、説明書などが入っています。

説明書は日本語部分もありますが、(グーグルがニューラルネットワークを導入してよりナチュラルな翻訳を実現する...よりも以前に行われたようなもろ)機械翻訳でした。

https://www.instagram.com/p/BM7pxf-hZfv/

#golf #golfsense #zepp

 

本体は、ゴルフグローブへ装着します。

本体裏にゴムバンドが2本走っています。これをゴルフグローブを閉じるための突起テープ部にくぐらせます。

https://www.instagram.com/p/BM-t1BjB2th/

#oakley #golf #golfsense

 

あとはテープを閉じてグローブを締めるようにします。

本体はかなり軽いので、一度このように固定してしまえば装着していることも忘れるほどなので心配ありません。

https://www.instagram.com/p/BM-uGeqBZ6t/

#oakley #golfsense #golf

 

使い方は?

まず本体に電源をいれます。ボタン長押しでオンにします。

ランプが点灯するのでわかると思います。

 

次にスマホのブルートゥースで本体を認識させておきましょう。設定>ブルートゥースで更新すると「GolfSense」が出てくるので、タップします。

特にパスワードを入れる必要はありません。

 

アプリを起動後、本体をグローブにつけてクラブを握ります。

ボタンを2回素早く押すことで記録がスタートされます。

以降は、特になにもしなくてもスイングするたびに記録されていきます。

 

ただしクラブの設定は自動ではありません。

画面左下のクラブのアイコンをタップ。で、選択肢から今利用しているクラブを選ぶ必要があります。

f:id:apicode:20161119145822j:plain

 

スイング軌道をチェックしてみましょう。

黄色の再生ボタンでリプレイがみれます。

 

自分のスイングが黄色のようです。理想が青の線のようです。

どうやら、少しクラブが水平方向に流れているようなので、もう少し縦スイングになるようにしたほうがいいかもしれません。

f:id:apicode:20161119145846j:plain

 

スイング軌道はいろんな角度からもチェックできます。画面上で指を押しながら動かすといろんな方向からみることができます。

また、ピンチすることでズームすることもできます。

 

メニューはこんな感じ。

f:id:apicode:20161119145826j:plain

 

統計データも後で確認できます。

f:id:apicode:20161119145833j:plain

 

データを見ながら改善点をチェックしていきましょう。

テンポ

スイングのテンポです。もうちょっと早いほうがよさそうです。

バックスイングの位置

理想の角度に比べると、まだゴルフのクラブのバックスイングが降りあがり切れていないようです。

クラブプレーン

これはスイング時のクラブのブレのようで、100%になるとほぼぶれずにスイングできていることになるようです。

ハンドプレーン

これはスイング時の手のブレで、100%になるとぶれずにスイングできていることになります。

 

スイングは改善できる?

これらを意識してスイングを改善したところ、なかには98点と高得点のスイングも出るようになりました。

f:id:apicode:20161124221501j:plain

 

バックスイング角度も初回は217度程度だったのが、237度へとアップしました。

f:id:apicode:20161124221620j:plain

 

自分で試行錯誤しながら、このように数値を改善していけました。

個人で打ちっぱなしなどで練習する場合、スイングの良しあしをなかなかチェックできません。アプリでこのように自分でフィードバックがとれるのは、便利に思いました。

 

使った感想は?

スイング軌道は、特に自分だけで練習している場合にチェックするのが大変です。このようなセンサーを使って状態を確認できるのは便利です。 

 

アプリは日本語化されているので利用しやすいです。

自分のスイングは、もちろん後から1スイング1スイング確認することができます。 

これからゴルフを始めるようなビギナーには非常に便利だと思いました。

 

弱点としては、スイングしておいてたスマホを取り出して確認...とかするのがちょっと煩雑。将来的にはグーグルグラスみたいなので、リプレイが目の前のデバイスですぐはじまる...といった感じになるといいかなと思います。

 

とりあえず今回はスマホを安易に変な場所に置きっぱなしにしてやりました(本体は近くになくてもブルートゥースで記録はされています)。

何かのタイミングで破損してしまったりするかもしれないので注意が必要そうです。

 

 

Zepp GolfSense スイングアナライザーの不具合は?

充電できない?

最初、クレードルをUSB接続し、本体を入れたもののさっぱり充電されませんでした。

よくよく見るとセンサー本体の充電端子部分にうすい保護用のシールが貼られたままでした。

シールをはずして再度クレードルにセットすると、無事充電できました。意外に充電時間はかかりました。3時間程度でしょうか。

 

ブルートゥースで認識しない?

スマホとはブルートゥースで接続します。しかし、うちでは最初は認識できませんでした。

その後、充電がうまくされていないことが判明。充電後に本体の電源をオン(ボタン長押し)にすると、ブルートゥースで認識されました。 

 

 

 

Zepp GolfSense スイングセンサー

【日本正規代理店品・保証付】Zepp Technology Zepp Golf (ゴルフスイングセンサー) ZEP-OT-000002

Zeppからは、よりコンパクトなセンサーもリリースされています。

アプリはこちら。

Zepp Golf Swing Analyzer - Google Play の Android アプリ

 

こちらのほうがよりレッスンのコースウェアがしっかり用意されている感じです。

f:id:apicode:20161119151226j:plain

 

こちらは計測画面。

f:id:apicode:20161119151255j:plain

 

Zepp2センサーを装着します。こちらのほうがコンパクトなサイズです。

f:id:apicode:20161119151257j:plain

 

ブルートゥースで本体と接続します。

f:id:apicode:20161119151301j:plain

 

こちらも端末はグローブの上に追加します。クリップ型になっていました。

https://www.instagram.com/p/BOlr_Lth9dS/

#Zepp #golf

 

センサーを装着、接続したら、クラブの種類を設定してからいよいよスイングします。

f:id:apicode:20161229153948j:plain

 

得点表示や、スイング軌道の表示、リプレイなどができます。

f:id:apicode:20161229153952j:plain

 

後でスイングしたスピードなどの平均を確認することもできます。

f:id:apicode:20161229153956j:plain

 

 

 

お値段は、こちらのほうが高いようです。 

アマゾンで注文したら届くまでにずいぶんかかりました(1月近く?)ので注意しましょう。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。