困ったー

困ったことを調べたブログ

TV一体型のアマゾンFireTVエディションが登場

スポンサーリンク

スティックでTVに挿入するタイプの端末などをリリースしてきたアマゾンですが、TV画面と一体型製品をいよいよリリースです。

 

「アマゾンFireTVエディション」とは?

アマゾンでは、これまでタブレットやスティック型製品などをリリース。アマゾンの豊富な動画を簡単に見れるようにしています。

スティックタイプについては以下レビューを参照ください。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

そして、いよいよテレビと一体型タイプが登場です。

「アマゾン・ファイア・TVエディション」として発売されます。

ファイアTVの機能はすべてビルトイン(内臓)されているため、接続等のセットアップの手間はないものと思われます。


Fire TV Edition is Amazon's Alexa TV

 

接続端子は?

HDMI端子自体はあるので、ほかの端末をつなぐことも可能となっています。

ほかにもUSB端子などもあります。

 

リモコンは?

リモコンも付属しており、ボイスボタンもあります。

つまり音声指示を行うこともすでに可能となるようです。

リモコンにはさらに「アマゾンプライム」「ネットフリックス」「アマゾンプライムミュージック」ボタンが装備されており、ワンタッチでこれらのサービスを呼び出せるようになっています。

このあたりも使い勝手がよさそうな印象です。

 

 

購入するには?

まだアマゾンコムのほうでの取り扱いですので、日本版は正式ローンチを待ったほうがよいでしょう。

f:id:apicode:20170517104302p:plain

 

現在6/14発売としています。

サイズは

  • 43インチ
  • 50インチ
  • 55インチ
  • 65インチ

となっています。

 

「アマゾンFireTVエディション」の感想は?

うちではファイアTVスティックを使っています。

これでかなり簡単にアマゾンプライムビデオなどを見ることができます。

 

それでもリモコンがTV用とファイアスティック用と2つ使い分けないといけなかったり、HDMI端子へ接続が複数ある時の切り替えなどの面倒くささはまだまだ残っていました。

 

しかし一体型になれば、そのちょっとした面倒くささも解消されそうです。

 

またアマゾン製品ですから、価格的にも十分魅力的。

 

アマゾンを日常よく使っているユーザ(ということはたいていのユーザ)にとっては、非常に魅力的な内容と思います。日本版の登場も早期に期待したいところです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。