困ったー

困ったことを調べたブログ

【フェイスブック】ライブ動画配信まとめ

スポンサーリンク

フェイスブックがペリスコープなどに対抗してライブ中継サービスをスタート。

いよいよ日本からも利用できるようになりました。

ここではライブ中継の投稿の仕方や見方などについてまとめていきます。

 

ライブ動画とは?

Video Girl #2.

スマホのカメラ画質も向上し、スマホからそのまま全世界へ動画配信しやすくなってきました。

ペリスコープやミーアカット、日本でもツイキャスなどが有名です。

そしてフェイスブックでも、いよいよライブ動画配信が利用できるようになりました。

 

 

ライブ動画を見るには?

Girls holding camera

画面右側の「アプリ」に「ライブ動画」があります。

クリックしましょう。

f:id:apicode:20160521094938p:plain

 

すると地図が現れます。

f:id:apicode:20160521095423j:plain

 

青い点が中継を行っているところ。

日本で青丸の上にカーソルを持っていくと、プレビューが出ます。

f:id:apicode:20160521095602j:plain

 

動画を選ぶとこんな感じ。

サイズは小さめでフレームレートも遅めでした。

 

f:id:apicode:20160521094827p:plain

 

ライブ中継がうまく見れない場合は?

PCでのライブ中継はHTML5を使って行われているようです。

 

一時停止(pause)や無音(mute)は、画面右クリックメニューから行うことができます。

f:id:apicode:20160920192429p:plain

 

表示されない、音が出ないなどの不具合については以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 

 

 

ライブ配信するには?

3, 2, 1... Grabando

配信するには?

現在はアプリから中継ができるようになりました。

まずは通常の投稿フォームをタップします。

f:id:apicode:20160815231747p:plain

 

すると「ライブ配信を開始」という項目がありました。「NEW」とあるので新機能として追加されたことがわかります。

なおこの項目が出ない場合は、念のためアプリの更新をおこなってみてください。

ちなみにうちではアンドロイドを利用しています。

f:id:apicode:20160815231749p:plain

 

「ライブ配信を開始」をタップすると、設定画面となります。

タイトルをつけたり、カメラをきりかえておきましょう。

終わったら「ライブ配信を開始」をタップします。

f:id:apicode:20160815232047p:plain

 

するとライブ配信をスタートできます。

なおカウントダウンしてから始まるので3秒ほど余裕があります。

f:id:apicode:20160815231859p:plain

 

フィルターをかけるには

ライブ中、左上のアイコンをタップすることでフィルターやペンを利用できます。

下にフィルターをかけた例がでてくるので、好きなフィルターを選びましょう。

f:id:apicode:20160815233337p:plain

 

これは色を変えるフィルターを使ったものです。

f:id:apicode:20160815233340p:plain

 

左下にあるペンアイコンを選べば、画像の上に直接ペイントできます。

なにかを説明するときに重宝しそうです。

f:id:apicode:20160815233341p:plain

 

配信を終了するには

右下にある「完了」を押せば配信終了。

その後は「削除する」またはリプレイ動画をタイムラインへおいて友達が見れるように「投稿する」を選択します。

f:id:apicode:20160815231901p:plain

 

 

 

制限は?

ライブ放送をするためのグラフAPIが公開されています。その場合の利用制限についての情報も公開されています。

フェイスブックのライブ動画配信では、その制限がそのまま適用されるものと思われます。

 

制限は以下の通りです。

  • 最大解像度:720 x 1280
  • 最大:秒30フレーム
  • 最大ビットレート: 4MBPS
  • 最長ライブ時間:4時間
  • タイトル文字数:255以下
  • 推奨ビデオエンコード:H264
  • 推奨オーディオエンコード:AAC

参考;Live Video API - Videos - ドキュメンテーション - 開発者向けFacebook

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。