読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【エクセル2016】昔のツールバーメニューを追加するには?

エクセル2016では、GUIの設定を変更するだけで効率がずいぶん違います。小さいノートの画面では表示を最小限にしたほうが捗るかもしれません。

ここでは操作インタフェースの変更についてのTIPSをまとめていきます。

 

昔のツールバーメニューを追加するには?

リボンは、カスタマイズによって表示内容を変更できますが、以前のエクセルを使い慣れた人からはちょっと不便かもしれません。

f:id:apicode:20160623112754j:plain

 

あるアドオンを使うことと、昔のエクセルのような小アイコンのツールバーを表示させることができます。

まずは以下サイトへアクセスします。

Download Classic Menu for Office 2010, 2013 and 2016 Programs

 

「Classi menu for Excel(エクセル用のクラシックメニュー)」をダウンロードします。

f:id:apicode:20160623112304j:plain

 

ダウンロード後はインストーラを起動してファイルをインストールします。

その後エクセルを起動、または再起動すると以下のような画面になりました。

f:id:apicode:20160623112417j:plain

 

なお、やっぱりいらない!という場合には、コントロールパネルからプログラムのアンインストールで、「Classic menu for excel」を削除すればOKです。

 

リボンのアイコンの間隔を広げる

タブレットや2イン1などで、タッチパネルで使う分にはリボンのアイコンが離れているほうが便利です。

 

設定するには、上のバーにある▼アイコンから「タッチマウスモードの切り替え」を選びます。

f:id:apicode:20160623113013j:plain

 

すると切り替えボタンが出るのでクリックし、メニューから「タッチ」を選びます。

f:id:apicode:20160623113015j:plain

 

すると「タッチ」用にリボンの幅が広がります。

f:id:apicode:20160623113017j:plain

 

リボンを隠すには?

右上にある「↑」アイコンから表示設定の選択ができます。

「リボンを自動的に非表示にする」にすれば、リボンが隠れます。

上部をクリックすると表示されます。

f:id:apicode:20160623113435j:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。