困ったー

困ったことを調べたブログ

【エクセル2016】入力効率を上げるには?

スポンサーリンク

エクセルは事務処理で非常によく使われます。

ということは、作業効率を上げることで、余計な事務処理の時間を減らせることになります。

ここでは入力効率をあげる方法をまとめていきます。

 

入力のひと手間を減らすには?

STEM 2010-01-30 045

ハイパーリンクをつけずにコピペする

ウェブサイトの記事をコピーしてエクセルにペーストするような場合、ハイパーリンクがそのままくっついてきます。

これはこれで便利ですが、ハイパーリンクが不要な場合があります。

その場合には「コントロール+アルトキー+V」を実行します。

すると下記のように形式を選択して貼り付けできるようになります。

f:id:apicode:20160516145753p:plain

HTML形式の場合ハイパーリンク付きのままペーストされてしまいます。

テキストを選んで貼り付けると、リンクはついてきません。

 

 

IMEの起動する・しないを設定しておく

IMEの起動が、かえって入力の効率を遅らせる場合があります。

そこで、IMEの起動の有無を指定しておくと便利です。

まずセルを選び、データタブから「データの入力規則」を選びます。

f:id:apicode:20160504221049p:plain

 

「日本語入力」タブを選び、日本語入力をオフにしたり、ひらがななどに設定することができます。

f:id:apicode:20160504221140p:plain

 

複数セルへ一度に同じ数値を入力する

複数のセルに一度に文字をいれます。

まずは複数のセルをマウスドラッグで指定します。

続けてキーボードから文字を入れます。

f:id:apicode:20160430114139p:plain

 

その後「コントロールキー」を押しながら「エンターキー」を打つと、同じデータが指定したセルへ一気に入力されます。

f:id:apicode:20160430114128p:plain

 

日付や時刻を素早く入れる

「コントロールキー」+「;」で日付が自動的に入ります。

f:id:apicode:20160430114406p:plain

 

「コントロールキー」+「:」で時刻が自動的に入ります。

f:id:apicode:20160430114428p:plain

 

 

複数行の処理

エクセルで改行するには?

エンターキーで通常確定して次のセルへフォーカスが移動します。

しかし「アルトキー+エンターキー」を押すと、セルは移動せずに文章入力を続けることができます。

 

複数行を1つのセルへペーストするには?

エクセルでは改行のある長文を打つのが面倒です。ワードなどで先に文章を作った方がらくかもしれません。

 

しかしセルを選択し、ほかのアプリで作った複数行の文章をペーストすると、セルが分割されてしまいます。

各行ごとにセルに分けられるためです。

 

こういう場合には、セルへペーストするのではなく、セルを選択後「数式」などを入れる上のフィールドのほうへペーストします。

すると、1つのセルに収まります。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。