困ったー

困ったことを調べたブログ

Docs.comの使い方

スポンサーリンク

Docs.comは、マイクロソフトのファイル共有サイトです。

ワンドライブなど、マイクロソフトのクラウドストレージサイトはありますが、Docs.comは多くの人に自由に使ってほしいファイルをアップする場合に利用するとよいでしょう。(注:2017年末には閉鎖されることが発表されました。文書をアップしている方はバックアップ等注意してください)

 

Docs.comの使い方は?

Docs.comとは?

マイクロソフトの運営する文書共有サイトです。

誰でも自由にドキュメントをアップし、公開することができます。

ドキュメントは主に文書で、ワードやエクセル、PDFファイルなどがアップできます。SWAYにも対応しているのがマイクロソフトのサイトらしいところでしょうか。

 

(更新)

2017/12/15に閉鎖されることが発表されました。

support.office.com

 

共有サイトとしては目新しくないこともあって利用者数がそれほど増えなかったということが原因のようにも思います。

またファイル公開はワンドライブでも可能ですから、Docs.comのポジショニングももともとそんなにいいとはいえません。

 

なお、ファイル自体はワンドライブのほうへ転送されるようです。そのため、公開リンクをdocs.comから行っている場合にはワンドライブへ自動的にリダイレクトされることになります。

 

使い方は?

まずはサイトへアクセス。

docs.com

 

次にマイクロソフトアカウントでログインします。

f:id:apicode:20150807102643p:plain

 

 

ログイン後に、「公開」ボタンを押すとアップロード画面になります。

 ここでは、ファイルをドラッグしてアップロードできます。

 

JPEGがないのであえて画像JPEGファイルをドラッグしてみます。すると

f:id:apicode:20150807102717p:plain

 

Docs が共有できるのは Word (.doc、.docx)、PowerPoint (.ppt、.pptx)、Excel (.xls、.xlsx)、PDF (.pdf) のファイルです。別のファイルをお試しください。」

 

と怒られてしまいました。

 

 

 

ので今度はワードのファイルをドラッグ。

 すると今度はアップロードされます。

f:id:apicode:20150807103047p:plain

 

ファイルの共有リンク先がつくられました。

 

なおここでの設定で、ほかの人がコメントをつけたり、ダウンロードできるかどうかなどをセットすることができます。

 

ワンドライブとの使い分けは?

マイクロソフトでは、クラウドストレージ「ワンドライブ」があります。

ある程度の容量までは無料でファイルをアップし、共有したりすることができます。

 

しいてDocs.comと使い分けするのであれば、一般公開やファイル共有用にはDocs.comを利用します。

ファイルを共同で作成・編集するような場合にはワンドライブを利用することになります。ただしワンドライブ上のファイルも公開して共有することができます。

 

 

ファイルの制限は?

現時点ではファイル数やファイルサイズで特定の制限はありません。

ただし、OneNote ノートブックには 100 MB 以下というサイズ制限があります。

 

参考:Docs.com についてよく寄せられる質問 - Office のサポート

 

Docs.comは安全?

マイクロソフトが公式に運営しているサイトですので、基本的には安全と思います。

 

ただし違法なコンテンツをアップロードした場合には、マイクロソフト側には審査・削除する権利があります。

詳細については、利用規約のほうを参照ください。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。