困ったー

困ったことを調べたブログ

【コルタナ】使えるコマンド、ショートカットキーのまとめ

Cortanaの日本語版がスタートしてしばらくたちます。ただし、まだまだ音声認識としてはSiriやGoogle nowなどに比べると弱いかもしれません。ここでは、いろんなTipsをまとめてみました。

 

コルタナのショートカットキーは?

 

http://www.flickr.com/photos/32703995@N06/12909445105

photo by sam_churchill

コルタナを開くショートカットキーがあります。

ウィンドウズキー+Q

コルタナが開きます。Qは「クエスチョン(Question)のQ」と覚えておくとよいでしょう。

ウィンドウズキー+S

コルタナの検索画面が開きます。Sは「検索=サーチ(Search)のS」と覚えておくとよいでしょう。

 

 

コルタナのできることは?

以下のコマンドはコルタナさんも理解してくれるようです。

計算

「いちたすいちは?」

 

天気

「てんき?」

 

スケジュール

「つぎのよてい」

「しゅうまつのよてい」

 

リマインダ

「あしたくだものをかうことをおもいださせて」

 

アラーム

「ごごくじにおこして」

「にじゅっぷんごにおこして」

 

音楽

「おんがくをさいせい」

 

さらに音楽は拡張され、以下のようなコマンドが可能となっています。

Play <Artist/Track/Title/Genre> on <AppName>
Play Drake on iHeartRadio
Play Christmas music on iHeartRadio
Play NPR Hourly News on TuneIn
Play jazz music on TuneIn

Play <Frequency/Call Letters> on <AppName>
Play 90.3 on iHeartRadio
Play KUOW on TuneIn

 参考:Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14986 for PC - Windows Experience BlogWindows Experience Blog

 

フライト追跡

「じゃる ろくじゅうごびん」

 

経済

「えぬてぃーてぃーどこも かぶか」

「ひゃくゆーろ」

 

なお、うちではコルタナさんは耳が悪いようなので、上記コマンドでもうまく聞き取ってくれない場合がありました。

 

コルタナでパソコンを終了するには?

コルタナには現在初期設定ではパソコンを終了、リスタートさせることはできません。

しかしできるようになると、両手が塞がっていたりするときでもマイクからパソコン終了の合図を送れて便利です。

 

対応策としては、パソコンを終了させるショートカットを作成。それをコルタナから呼び出すという方法が紹介されていました。

 

 

ショートカットを、以下のような「スタートメニュー」のプログラム内に作成します。

C:\Users\\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs」

 

ショートカットでは「shutdown.exe -s -t 10」と記述します。これは10秒後にシャットダウンさせるというものです。

 

ショートカット名は「Shutdown」などとします。

 

あとはコルさんで「コルタナさん、オープン Shutdown」と呼びます。

 

コルさんはShutdownというショートカットキーを実行します。結果、パソコンは終了してくれます。

 

同様にリスタートさせるには「shutdown.exe -r」というショートカットを、

スリープさせるには「rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState 0,1,0」というショートカットを作成して呼び出せばOKです。

 

(更新)

読者の方より、シャットダウンコマンドをしても日本語環境下ではちゃんと終了はしなかったとのご指摘を受けました。

また何等か工夫で終了できそうでしたら更新してみたいと思います。

 

参考:Use Cortana to Restart, Log Off, Hibernate, Shutdown Windows 10

 

(更新 2016/12/10)

いよいよコルタナが正式にパソコンのシャットダウン、リスタート、スリープなどできるようになりました。

コマンドが分かりましたらまた更新したいと思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。