困ったー

困ったことを調べたブログ

【質問コーナー】翻訳しますかを間違えていいえにしたときは?

アンドロイドでウェブブラウザを利用しているとき、海外のサイトでは「翻訳しますか」と出てきます。間違えて「いいえ」にしてしまったあと、「翻訳にしますか」は出てこないので翻訳してほしいのにできなくなってしまいます。

そんな場合にどうする?...というご質問があったので試してみました。

 

翻訳しますかを間違えていいえにしたときは?

アンドロイドのクロームなどで海外のサイトへアクセスすると「日本語に翻訳しますか」と出てきます。

f:id:apicode:20160912164410j:plain

 

「いいえ」を選び、「このサイトは翻訳しない」にすると以降はこのような表示は出てこず、サイトは翻訳されないままになります。

f:id:apicode:20160912164412j:plain

 

しかしこれでは、翻訳してほしくなったときとかに不便です。再度このような表示を出すようにすることはできるのでしょうか。

 

対処方法

結論からいうと、クローム自体のデータを消去したあとに、このサイトへアクセスするとまた「日本語に翻訳しますか」が出るようになりました。

 

クローム自体のデータを消去するには、アンドロイドの設定>アプリ>Chromeを選びます。そして「ストレージ」から「データの消去」を実行します。

 

ただしクロームに関連した設定などを一度リセットする感じになってしまいますのでご注意を。

 

他に試してみたこと

以下試してみましたが、変化はなかったです。

一応メモで残しておきます。

 

言語

まずクロームの「設定」を開きます。メニューから「サイトの設定」を開きます。

f:id:apicode:20160912164814j:plain

 

すると下の方に「言語」があります。

f:id:apicode:20160912164830j:plain

 

ここで「Google翻訳」が「ページを翻訳するかどうかを尋ねます」とチェックがあります。

外して再度チェックしてみたりしたのですが、一度「いいえ」にした場合に再度確認がでてくるということはありませんでした。

f:id:apicode:20160912164901j:plain

 

ストレージ

ずクロームの「設定」を開きます。メニューから「サイトの設定」を開き「ストレージ」を選びます。

すると先ほどアクセスした海外のページがありますので選びます。

f:id:apicode:20160912202737p:plain

 

すると、「データの消去」という項目があるので実行しました。

これで「翻訳はいいえ」のデータも消えてくれるのではと期待したのですが....

...が、一度「翻訳をいいえ」にした場合に再度確認がでてくるということはありませんでした。

f:id:apicode:20160912165057j:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。