困ったー

困ったことを調べたブログ

【3Dプリント】XYZメイカーの使い方

スポンサーリンク

 ダビンチシリーズなどXYZプリンティングの3Dプリンターを扱う場合、XYZメイカーというモデリングソフトを無料で利用できます。

3Dプリンタの出力設定もこのソフトから行うことができます。

 

XYZメイカーとは?

ダビンチシリーズなどの3DプリンタをリリースしているXYZプリンティングが無料で公開しているモデリングソフトです。

 

3D印刷の場合には、3Dプリンタの設定やフィラメントのロード、キャリブレーションといった作業もこのソフトから指示することができます。

 

ダビンチについてはこちらにまとめてあります。 

apicodes.hatenablog.com 

 

 

XYZメイカーの使い方

以下サイトよりダウンロードできます。

https://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/XYZmaker

 

インストール

まずは「Sign up」を選びアカウント登録をします。

「国(Residense/country)」のところは「Japan」と入れます。

f:id:apicode:20170811092655p:plain

 

登録後、メールが来るので確認ボタン(「Go」ボタン)を押します。

するとパスワード設定画面が開くので任意のパスワードを指定します。

f:id:apicode:20170811092720p:plain

 

あとはダウンロードページからXYZmakerをダウンロードします。

f:id:apicode:20170811092735p:plain

 

操作

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20170811092741p:plain

 

「Edit>Preferrene」を開くと言語設定があります。Languageで日本語にしておくと使いやすいでしょう。

f:id:apicode:20170811092759p:plain

 

左のピラミッドアイコンを選ぶと、3Dの基本図形が選べます。

例えば立方体をダブルクリックすると、画面に立方体が現れます。

f:id:apicode:20170811092747p:plain

 

位置(Position)や大きさ(Dimenstion)を変更できます。

f:id:apicode:20170811092752p:plain

 

3Dプリントのセットアップ

メニューより印刷を選びます。

 

「ダッシュボード」タブを選ぶと各種設定を行います。

まずはプリンタとつながり、プリンタが待機中になっているか確認しましょう。

f:id:apicode:20170811092813p:plain

 

ファームウェアの更新

3Dプリンタ購入時にはまずファームウェアの更新をしましょう。

セットアップで「Fwupgrade」を選びます。

f:id:apicode:20170811092820p:plain

 

「upgrade now」で開始します。しかしうちではずっと更新中となってしまい、うまくいきませんでした。

f:id:apicode:20170811092827p:plain

 

カリブレーション

ペンタイプのパソコンなどを使っている人におなじみなのがカリブレーション。

位置を適正にセットします。

「セットアップ」から選んで実行しましょう。

f:id:apicode:20170811092843p:plain

 

まずはプリンタのノズルにあるボタンを指示されたように押してから開始。

f:id:apicode:20170811092848p:plain

 

その後ノズルの横にあるボタンを図のように押して「次へ」で終了です。

f:id:apicode:20170811092859p:plain

 

3Dプリントの印刷

フィラメントのロード

フィラメントは造形の材料です。

過熱して溶かして印刷できるようにロードします。

「フィラメント」で「フィラメントをロード」を実行します。

f:id:apicode:20170811092835p:plain

 

フィラメントを指していない場合には、以下の図のようにさします。

f:id:apicode:20170811092911p:plain

 

「開始」をすると加熱され温度が上がります。 

温度があがるため、不用意に3Dプリンタを触らないようにしましょう。

f:id:apicode:20170811092920p:plain

 

フィラメントがロードされるのを確認できればOKです。

f:id:apicode:20170811092926p:plain

 

「エクスポート」タブで「エクスポート」ボタンを押すと3Dプリントが開始されます。

f:id:apicode:20170811092807p:plain

 

「印刷」でスタート。予想時間も表示されますが、あまりに長時間の場合、モデルが大きすぎる場合があります。

特に初めての印刷では小さいオブジェクトを指定したほうが印刷時間も短くて済みます。テスト用に小さいデータを使うのをおすすめします。

f:id:apicode:20170811092950p:plain

 

モデルによっては印刷しようとすると自動修復するか聞いてきます。

この場合、とりあえず「Yes」をおして作業を進めてみましょう。

f:id:apicode:20170811092935p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。