読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【アンドロイド】AQUOS Zeta SH-04Hレビュー


AQUOS Zeta SH-04Hは、アクオスの2016年夏のドコモ用スマホ最新版となります。

果たして使い勝手は?

 

AQUOS Zeta SH-04Hとは?

MoKo docomo AQUOS ZETA SH-04H softbank AQUOS Xx3 au AQUOS SERIE SHV34 5.3インチ用強化ガラスフィルム 液晶保護フィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D ラウンドエッジ加工

今や台湾企業?となってしまったシャープです。

 

しかしシャープのスマホラインであるAQUOSフォンシリーズは、リーズナブルな価格帯ながら防水にもきっちり対応しています。

 

スマホ本体にはあまり金額をかけたくないが、それでもスマホ自体はしっかりしたものを選びたい!という場合にはおすすめです。

 

画面はシャープのお家芸IGZOが採用されており、画面は非常にきれいです。

 

その秘密は画像更新度(コマ数)の高さにあるのですが、バッテリーが少なくなって来たらその更新度を低めに抑えることでバッテリーの減りの速さを抑えることも可能です。

 

このあたりもシャープのスマホが人気である秘密でもあります。

 

スペックは?

主なスペックは以下の通り。

  • 高さ:約 149mm
  • 幅:約 73mm
  • 厚さ:約 7.6mm
  • 重さ:約 155g
  • バッテリー容量:3000mAh
  • 画面サイズ:約 5.3インチ(1080×1920)
  • 内臓ROM:32GB
  • 内臓RAM:3GB
  • CPU:Qualcomm MSM8996 2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)
    クアッドコア
  • アウトカメラ:約 2260万画素

 

AQUOS Zeta SH-04Hの評判は?

触ってみた感じです。

うちは小ぶりなAQUOSに慣れているので、やや大きく感じました。厚みや重さについてはそんなに悪い印象はありません。

やはりレビューでも、やや長めであるという意見の方もいらっしゃいます。

 

もっとも、大画面が好みという方も多いことでしょう。ポッケからちょっとはみ出すぐらいでちょうどいいと思う人もいることでしょう。

このあたりは好みの分かれることでしょう。

 

動作はスムーズです。IGZOテクノロジーによる画面はきれいで、スクロールも滑らかに感じます。

 

気になるバッテリーですが、CPU動作制限倍速液晶表示をオフに設定することも可能。特にゲームなどでハイパフォーマンスを求めるのでなければ、これらで長持ち設定にしたまま使ってもよいでしょう。

 

AQUOSのスマホを使っていた人からすると、パフォーマンスにはまず問題なしで、あとはスマホの大きさや持ちやすさがカギかと思います。

 

うちはちょっと気になりましたが、電子書籍などをよく利用されるのであればこのぐらいのサイズ感のほうがいいのかもしれません。

 

そしてなによりも、新規または更新で5万円台で入手できるのは魅力です。できれば店頭で一度チェックされるとよいでしょう。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。