困ったー

困ったことを調べたブログ

ARヘッドセットのまとめ

スポンサーリンク

スマホをそのままVRヘッドセットにするグーグルカードボードは結構利用者が増えました。一方話題のオキュラスなどのヘッドセットは苦戦している印象です。

やはり価格や手軽さが、このような新しいガジェットの鍵かもしれません。

で、AR分野では今度Prismなるガジェットが登場。お手軽にARできるようです。

その他のARヘッドセットもあわせてまとめていきます。

 

ARヘッドセットとは?

ARがみれるゴーグルのようは装着装置です。

VRの場合、視野を完全に覆ってしまいます。それに対してARの場合は目の前がきちんと見えるうえに情報を重ねて表示することができます。

 

VRではオキュラスリフトなどの高級品は伸び悩んでいますが、グーグルカードボードのようなスマホ+1000円ぐらいの筐体のものは結構利用者数が多いです。

同様にARヘッドセットでも低価格のものが一気に普及してくる可能性も高いように思います。

 

現在アップルではARキットを提供しており、ARの表示技術の難易度が下がっていくこともAR関連には追い風といえるでしょう。

 

低価格ARヘッドセット

Prism

f:id:apicode:20170719110259p:plain

出典:https://www.mirareality.com/

 

スマホと組み合わせることで低価格を実現するARヘッドセットがリリース予定となっています。

 

Miraが2017年中に発売予定の「Prism」は、ヘッドバンドで頭部に固定するシンプルなバイザーだ。iPhoneを使って目の前に3Dイメージを投影でき、99ドルで先行予約を受け付けている。

出典:https://japan.cnet.com/article/35104403/

 

通常のVRヘッドセットが5万、10万当たり前なのを考えるとかなりの低価格です。

その秘密は、サンバイザーにiPhoneから映像を投影させることにあります。

つまりARの合成作業などはiPhoneのほうで行うわけです。

 

Prismの伸縮素材を使ったヘッドバンドには、額の前にiPhoneをはめ込む部分がある。大きなミラー状のバイザーがiPhoneの立体イメージを反射させ、そのイメージを浮遊する3D(ただし仮想の)オブジェクトに変換する仕組みだ。

出典:https://japan.cnet.com/article/35104403/

 

実際のトレーラービデオはこちら。


Mira Prism AR Headset Trailer

 

 

daystAR 

f:id:apicode:20170722213805p:plain

出典エンガジェット

 

マイクロソフトのホロレンズは高価格になりそうですが、廉価版ARヘッドセットがLenovoからリリースされるかもしれません。

40度の視野角をもつヘッドセットとなりそうです。

 

細かい仕様はまだ不明ですが、Lenovoのことですからかなり廉価版になるものと思われます。

 

わかり次第また更新したいと思います。

 

 

高価格ARヘッドセット

ホロレンズ

win10-HoloLens_front

マイクロソフトのARヘッドセットです。

現在デベロッパーバージョンがリリースされています。

コンシューマ版が実際いくらになるのかはまだ名言されていません。が、たぶんお値段は高いものと思われます。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

リリースが先行しているため、すでにいくつかの対応アプリもリリースされています。 

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。