困ったー

困ったことを調べたブログ

ブルートゥース対応マウスとキーボード「Logicool MK275」レビュー

スポンサーリンク

春なので?いろいろ必需品を買ったり、買い替えたい時期です。ということで、ブルートゥース対応キーボードの「Logicool MK275」を購入してみました。

 

購入理由は?

打ちやすいキーボード

うちではデスクトップPCとノートパソコンの2台体制です。

 

ただしデスクトップPCがそろそろ壊れ始めてきたのですが、ノートPCはキーボードが使いにくいのであまりメインでは作業していませんでした。

 

とはいえ、デスクトップPCが万が一壊れてしまうと、作業のメインはノートになります。

 

ノートは買ったばかりなので、デスクトップを買い替えるタイミングでないというのもあります。

 

その場合キーボードが打ちやすいものにしたいというのがありました。

 

ブルートゥース対応のキーボード

現在ノートPCはHDMIでテレビにつないでいます。

これでアマゾンプライムビデオやネットフリックスなどをテレビでみることができます。

 

しかしケーブルの都合上ノートPCはテレビのそばに置かざるを得ません。

 

そうなるとマウスやキーボードは手元に置いておきたい場合があるかもしれません。

 

となると、やはりブルートゥース対応は必須といえそうです。

 

 

店頭で大きさをチェック

某家電店でチェック。やはり現物を見ると大きさなどがよくわかります

箱から出していてくれる場合もあるので、選びやすくなります。

 

ブルートゥース対応が必須のうえ、自分が使い慣れているキーボード配置になっているかどうかも大事です。

 

例えばうちではテンキーがあります。しかしブルートゥース対応キーボードなどではコンパクトでテンキーを省いているものがあります。

 

最初はキーボードの配置などから選びLogicoolのK275が候補でした。

 

ところがブルートゥース対応のキーボードとマウスのセットのLogicool MK275というのがありました。

 

すると両方が1つのブルートゥースUSBを指すだけで使えますから、こちらのほうがうちにはぴったりでした。

 

となると最終チェックは家電量販店さんには悪いですが、アマゾンとの価格比較です。

 

ここは資本主義自由経済の国。

 

焼肉定食。

 

ジャックニクラウス。

 

弱肉強食の国です。

 

 

心を鬼にして、こっそりスマホでアマゾンの価格をチェック。

 

すると...

 

なんと...

 

意外や意外..

 

家電量販店さん(○ー○電○)の勝利。

 

 

アマゾンでも安くないことがあるんですねー。

 

ということで家電量販店さんで購入できました(3000円ちょいぐらいです)。

 

 

Logicool MK275の評価は?

使ってみての感想は?

こちらが箱。

www.instagram.com

 

こちらが開封の儀。

www.instagram.com

 

店頭では現物は触れなかったので、実際に触ったのは買ってからです。

 

思ったよりはキーボードが深く、押しごたえのある感じです。昔のPCぐらいあります。

 

このあたりは、コンパクトでキータッチの浅いのが好きな人もいるでしょうから好みになります。

 

一方マウスは軽量小ぶり。非常に使いやすいです。

 

 

USBをノートPCにさして、キーボードやマウスとも電池の接続を遮断するシールを抜き出します。

 

これで問題なく、キーボードもマウスも利用できました。

 

キー入力の反応速度もうちでは特に問題なしです。

 

メリットは?

  • ブルートゥース対応のキーボードとマウス両方入っています。
  • キーが深くて押しごたえのあるほうが好きな人に向いています。
  • キーボードが文字キー、矢印キーテンキーとそろっています。

 

デメリットは?

  • キーボードだけあればいいという人は、Logicool K275をお選びください。
  • USBなどから有線でつなぎたい人は、わざわざ高いブルートゥースにしないほうがよいでしょう。
  • テンキーのいらない人はこのタイプは不要です。
  • キーボードが深くてしっかり押すタイプがイヤな人には向いていません。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。