困ったー

困ったことを調べたブログ

キンドルペーパーホワイトWi-Fi + 3Gのレビュー

スポンサーリンク

アマゾンプライムで特典の無料キンドル本を読もうと思うと、やはりほしいのはキンドル。うちでは無線WiFiをまだやってないので3G付きキンドルを購入してみました。

 

キンドルペーパーホワイトWi-Fi + 3Gとは?

Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ブラック、キャンペーン情報つき

キンペこと(?)キンドルペーパーホワイトは、アマゾンの電子ブックリーダキンドルにおいても「読みやすさ」を大きく改善したシリーズです。

 

また、3G対応モデルならWiFiがなくても常時利用可能です。この場合、3Gで契約したりとか通信費も払う必要はありません。

ただし漫画などのサイズの大きい本は3Gモードでは対応しません。また端末の価格も割高となります。

 

価格は?

通常のキンドルが¥8,980(プライム会員価格 ¥4,980) 、

通常のキンドルペーパーホワイトが¥14,280(プライム会員価格 ¥10,280 )

 

それに対し3G対応キンドルペーパーホワイトは、¥19,480(プライム会員価格 ¥15,480 )となります。

 

プライム会員がもとをとるには?

アマゾンプライムでは月1でキンドル本を無料で読めます。

価格の高い順で見てみると、1冊20000円のキンドル本があります。

f:id:apicode:20160511111040p:plain

Amazon.co.jp: Amazonプライム対象商品 - Kindle本: Kindleストア

 

プライム会員価格 ¥15,480で購入したとして、20000円の本がただになれば、それだけでモトが取れてしまいます。

実際にはそんなことはないでしょうから、

  • 1500円の本なら10か月で15000円、
  • 1000円の本なら15か月で15000円。

といった感じでしょう。プライム会員費用を別とすれば、1年前後で端末費用をクリアできそうです。

 

キンドル3Gでできないことは?

容量の大きい本

3Gモードでは漫画などの容量の大きい本は利用できません。

ビジネス書などでも写真や図が結構入っているようなものは3Gではダウンロードできません。

サイトアクセス

3Gモードではキンドルからのサイトアクセスは、ウィキペディアのみだそうです。

 

裏技でサイトへアクセスできたという記事もありましたが、2012-3年ころの記事なので現在は期待しないほうがよさそうです。

参考:

【amazonの致命的ミス】Kindleの無料3Gを使い倒す方法が公開される - NAVER まとめ

 

国内のみ

3G対応は国内のみ。また一部地域(山奥など)はアクセスできません。

したがって、先にたくさん未読本を積み上げておいてから持っておくのがよさそうです。

参考:【購入前に要チェック!】kindleの無料3Gの注意点 - NAVER まとめ

 

 

キンドル・ペーパーホワイトの使い方は?

本を読むには?

本を開いたら、画面上部をタップしてメニューを、画面右部をタップするとページ戻り、画面左部をタップするとページ進み。

画面右部をスワイプするとページ進みで、画面左部をスワイプするとページ戻り。

(ただし本の縦書き・横書きなどの進行方向の違いで変わってきます)

メニューから文字設定ができます。読みやすいサイズや行間にしておきましょう。

www.instagram.com

 

空きを確認するには?

設定で端末情報を表示することで見れます。

参考:

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/kindlepaperwhite/Kindle_Paperwhite_User_Guide.pdf

 

 

アマゾンプライムで無料でもらえる本を探すには?

たまたま何冊かプライム無料対象作品を買っていて、これだったらキンドル買った方がいいかなぁという判断でした。

しかしキンドル購入後、アマゾンプライム無料対象作品で自分好みなものを探してみると意外に少ないですね(汗)。ちょっと失敗。

 

ちなみにプライム対象の本では「(プライムで)無料で読む」ボタンが表示されます。

www.instagram.com

なお「最初の月以降、翌月に新しい本を読むには先月の本を返却する必要がある」のだそうです。無料本がどんどんたまっていくというイメージでしたが、そうでもないようです。

 

充電度を見るには?

購入後はPCとUSBつないで充電します。

しかしどのぐらい充電したらいいか確認場所がわかりません。

 

ぐぐってみると、どうやら「●●%です」のような表示はないようです。

(一応3分割?で表示される電源アイコンはあり)

充電中はオレンジ、満充電でグリーンのランプになるようです。

 

プライム会員用無料キンドル本でポイントはつく?

アマゾンポイントですが、つかないっぽいです。

というか無料本を購入後、アマゾンポイントのほうをチェックしたら変わってませんでした。

 

キンドルをスマホでテザリングするには?

3G版を選ぶ場合、家や会社(学校)にWiFiがないケースが大半だと思います。

とはいえ、ビジネス書でも本によってはWiFiがないとダウンロードできない場合があります。

するとWiFiのある場所へ移動するまでは、読みたくても本が読めないということになります。

 

対策としてはスマホがあれば、スマホのテザリング機能を使います。つまりスマホを無線WiFiがわりにしてしまうわけです。

 

アンドロイドの場合、「設定>無線とネットワーク>もっと見る」を選びます。

f:id:apicode:20160524154248p:plain

 

「テザリング」があるのでタップ。

f:id:apicode:20160524154251p:plain

 

「WiFiテザリング」をオンにします。」

f:id:apicode:20160524154254p:plain

 

ネットワーク名とパスワードで任意の文字を入れます。

f:id:apicode:20160524154257p:plain

 

あとはキンドル側で無線WiFiをスキャン。

先ほど指定したネットワーク名が出てきたら、指定してパスワードを入れます。

 

うちではこれでキンドルからWiFiにつなぐことができました。

ただしスマホがテザリングモードのためでしょうか。

ツイッターへの登録画面では、ツイッターへの登録を認証するコードがスマホに送られているのにスマホ側で確認ができない、...ということがありました。

 

ツイッター認証はwIfIスポットへ行った時にでもやっておいたほうがいいかもしれませんね。

 

キンドル・ペーパーホワイトの評判は?

レビューの評判は?

星4つとまずまずです。

 

重さは、軽いという人と思いという人と両方です。個人的にはもうちょい軽くてもいいかないう感じでした。

 

文字のみやすさについては大体一致するところのようです。

 

3Gについては、本によって利用できないため面倒という意見があります。

うちでもマンガはどうせ読まないし...と思って安心していたら?結構ビジネス書なんかでも3Gがダメというやつがあります。

したがって3Gにして圧倒的にいい、という感じではありません。

 

キャンペーンについては批判的な意見が目立ちました。スリープからの戻りでワンステップ増えるためだそうです。

個人的には初キンドルということもあり気になりませんでした。

 

実際に利用した感想

アマゾンの箱で来るかと思ったら、郵便物できました。てっきりアマゾンペーパーホワイトと間違えて、普通の本をオーダーしてしまったのかと思いました。

www.instagram.com

同梱物はUSBケーブルと説明書x2つ。左のはがきは大きさがわかるように置いたものです。意外に小さいですね。買うときはサイズを全然気にしませんでした。

www.instagram.com

ディスプレイはこんな感じ。

www.instagram.com

使った感じでは、まずスマホでのキンドルに慣れてしまったので画面をついついスワイプしてしまいますが、タップでページめくりします。

(その後スワイプも対応していることが判明しました)

 

スクリーンは結構ざらざらしていて、スマホに慣れたイメージから言うとちょっとイマイチかなという印象です。

 

画面はモノクロ表示で、しかも画面切り替えのちらつきはかなりしっかり出ます。

 

ただし文字の読みやすさなどは、さすがに見やすいです。

 

端末の重さ自体はスマホと同じくらいといったところでしょうか。もうちょい軽くてもいいような...という感じです。

 

アマゾンプライム会員なので無料本をとりあえず利用したいという場合に購入するというのがおすすめです。

 

で、結局おすすめは?

電子ブックはスマホでは読みずらいので、通勤などで見やすいブックリーダーとしては全然ありだとは思います。

 

読みやすい反面、

  • 3Gのメリットがちょっと物足りない、
  • プライム無料本が案外少ない、
  • しかも返却しないと次もらえないらしい、

....などのデメリットが気になりました。

 

3Gキャンペーン付きでプライム会員価格 ¥15,480でしたが、やはりキャンペーンなどで1万円以下ならいいかなぁ~という感じです。

もちろん人によって3Gの有無やキャンペーンの有無がありますけど。

 

1時間後の感想

本がっつり読破しました。

結構目が疲れません。やはりスマホなどのようにスクリーンが明るくないからでしょうか。

角度による見えにくさもありません。

 

また最初は気になったスクリーンの手触りですが、慣れていくうちに「紙」っぽく感じるからあら不思議。

 

画面の切り替わりでのチラツキも、通常の文字画面ではありません。絵柄のページとの切り替えでちらつくので、文字がメインのものではそんなに気になりませんでした。

 

またスマホ充電のマイクロUSBでそのまま充電できたので、これも楽ちんでいいです。PCのUSBだとパソコンをつけてないといけないので。

 

最初スマホのキンドルアプリで見ていた時の印象からして、ちょっと失敗かなぁという感想でした。

 

しかし数時間読書を満喫すると、やはり良さが目立ってきました。

人によって価格への印象はまちまちかと思いますが、リーダとしてはお勧めできる範囲に仕上がっていると思います。

 

ウォーキングしながらの感想

天気がいいので外でウォーキン(ウォーキング・キンドル)してみました。

片手でキンドルを持ちながら歩きます。

まずはなんといっても日光のもとでも読みやすです。

ペーパーホワイトはまさにウォーキングやアウトドアのためのブックリーダともいえそうです。

 

重さは気になりませんが、女性やお子さんだとまた違うかもしれません。筋トレの一環だと思えば問題ないのでしょうが...

 

ウォーキングキンドルは快適でしたが、やはり気になるのは防水や落とした時の破損です。

 

防水はだめなようで、対応商品がでているぐらいです。

こちらは完全防水に加工したウォーターファイという商品です。

海外製品?のようで購入方法や日本のアマゾンとの互換性はよくわかりません。

f:id:apicode:20160605102311j:plain

http://waterfi.com/waterproof-kindle

 

また防水用ケースも販売されています。お風呂などで便利そうですが、評判はもうひとつといったところでしょうか...

【Kindle Paperwhite専用 防水ケース】 Incipio Atlas  ブラック

【Kindle Paperwhite専用 防水ケース】 Incipio Atlas ブラック

 

 

また水や落下の2年保証が販売されています。

ウォーキングの場合には入っていた方がいいようにも思います。1890円ですので、月当たり約80円です。

Kindle Paperwhite 用 事故保証プラン (2年・落下・水濡れ等の保証付き)

Kindle Paperwhite 用 事故保証プラン (2年・落下・水濡れ等の保証付き)

 

 

更に使っての感想

20冊近く読んでの感想です。

 

3Gではダウンロード不可という本を購入した場合でも、どうやら気を利かせて(?)ダウンロードしてくれるようです。ただし全部が全部そうかはわかりませんのであまり期待しないようにしましょう。

Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ブラック、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ブラック、キャンペーン情報つき

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。