読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【ガジェット】GlocalMeのレビュー 評判は?海外でWiFiを使う注意点は? 


海外出張などでもネットへの接続をどう保つかは、最優先で検討すべき問題です。ここでは海外WiFiルータとして人気のGlocalMeの使い方を中心にまとめていきます。

GlocalMeは初期費用がちょっと高いですが、以降は国ごとや旅行ごとにいちいちWiFiレンタルをしたり設定しなくても済みます。また4G接続へ自動的に対応しているのもポイントです。

ものぐさなうちにぴったりのWiFiルータといえるかもしれません。

 

海外でWiFiを使うには?

現地情報や地図をいち早く調べるにはなんといってもネットに接続できないといけません。

 

自分でWiFiスポットへつなぐ

ホテルや空港で無料WiFiも多いです。

スマホでWiFiをスキャン。無料ですぐログインしたり、無料で与えられれたパスワードなどでログインすれば基本的にはWiFiが使えます。

 

一方、パスワードなど必要な情報を調べる労力や、セキュリティでの心配があります。

今回は面倒なのでパスです。

 

キャリアの海外ローミングを使う

ドコモなどのキャリアでは、海外プランがあります。

うちはドコモですが、「海外パケホーダイ」というのがあります。

 

20万パケットまで最大1,980円/日。1日最大2980円です。

やや高額なのがデメリットでしょうか。

 

使う場合にはWorldWingに申し込みがまず必要だそうです。

みてみたら一応オンにはなってました。

WORLD WINGのお申込み | サービス・機能 | NTTドコモ

 

現地ではスマホの設定で「もっと見る」を選びます。

f:id:apicode:20161016100628j:plain

 

すると「モバイルネットワーク」というのがあるのでタップ。

f:id:apicode:20161016100632j:plain

 

デュアルSIMの場合、差しているSIMカード別に設定できるようになっています。

ドコモの方のSIMで「データローミング」をオンにします。

f:id:apicode:20161016100638j:plain

 

すると「データローミングを許可しますか」とでるのでOKをします。

飛行機の乗り継ぎ中などで対象国以外のネットワークへ接続されてかなり高額になるケースもあるようです。ので、滞在国へ無事到着してからローミングをオンにするほうがよいでしょう。

f:id:apicode:20161016100640j:plain

 

さて使ってみた結果です。

2日間30MBほど利用してみたら、5940円もかかっていました。

国内では20GBのデータパック6000円と同じレベルですから、月当たりの支払額が一気に倍になる感じです。

f:id:apicode:20161016100659p:plain

 

ただし、海外用WiFiルータが不調だったり落ちた場合などは、やはりこのようなローミングサービスで一時的にネットに接続しないといけないケースもあるかと思います。

 

価格的にはおすすめしません。しかし緊急時には接続できるると非常に助かります。利用できるかどうかを、旅行前に確認しておくといいと思います。

 

海外用WiFiルーターを使う

海外で自動的に最適なWiFiへ自動接続するWiFIルーターを使うことで、スマホを安く的確にWiFiへ接続します。

 

GlocalMeのように機器を購入してしまうやり方や、旅行の都度でレンタルする場合があります。

 

そんなにしょっちゅう海外に行かないのであればレンタルで済ませるのがよさげですが、毎回の申し込みや空港や宅配で受け取りといった手間が派生します。

 

今回は何度も行けるのに便利なようGlocalMeというのを購入してみました。

GlocalMeなら購入後は、いちいち借りたり返却したりする手間は不要です。4Gへ自動的に接続してくれるので、ネットをいい環境で利用できます。

またモバイルバッテリー内蔵のため、本体でも長時間利用できます。

 

レンタルWiFiでは、結局モバイルバッテリーもレンタルしないといけないケースもあるため、1つにまとまっているのも便利なポイントといえるでしょう。

 

 

海外でWiFiを使う注意点は?

ローミングをオフにする

ドコモなどは海外パケホーダイとして、データ通信が可能になります。

飛行機の乗り換え経由地などの場所によっては、勝手に接続されて思わぬ高額になるケースもあるのだとか。

基本的には対応地域へ行ってからローミングを開始するように、オンオフを自分で管理しましょう。

アンドロイドの場合、「設定>その他の設定」でローミングをオフにできます。

 

アップデートをオフにする

音楽やファイルなどはWiFi接続時にアップロード・ダウンロードされる設定になっているケースがあります。

海外へ行ってWiFiへつないだとたん、これらのアプリが勝手にダウンロードをしはじめて思わぬデータ転送量となる可能性があります。

 

やばそうな?アプリはオフにするか、あらかじめ国内でWiFiへ接続してアップロードやダウンロードが起きないことを確認しておきましょう。

 

GlocalMeの使い方

購入する

まずは購入します。アマゾンで買えました。

2万円ぐらいです。

www.instagram.com

 

本体とケーブルが付属(電池は大きさ比較用です)しています。本体はやや厚めなので、ワイシャツの胸ポケットに入れて持ち運ぶというのは厳しいと思います。バッグやポーチのほうへ入れておく感じでしょうか。

 

重さはちょい重めです。これはモバイルバッテリー機能も内蔵しているためです。

ただしレンタルのWiFiルータとモバイルバッテリーと両方持ち運ぶのを考えれば、一緒になっていてくれたほうがかえってよかったりするかもしれません。

 

www.instagram.com

 

付属の説明書は残念ながら英語のみでした。

 

モバイルバッテリーの機能もあるため、フル充電までは7時間30分程度。以降は動作にもよりますが15時間程度使えるようです。

 

接続可能なデバイスは5台までとなっています。

 

アプリのインストール

スマホのほうへアプリを入れます。

説明書にあるURLへ移動します。

https://www.glocalme.com/downloadapp

f:id:apicode:20161002195549j:plain

 

ところがアンドロイドの場合APKファイルをダウンロードします。

起動後インストール作業を行うのですが....なんとうちの機種ではインストールボタンが押せませんでした。

f:id:apicode:20161002200100j:plain

 

どうやらMoto 4G Plustではインストールできないようです。

インストールボタンが押せない場合の対処については以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 うちのもう一つのスマホ「アクオスSH04G」では無事インストールできました。

 

 (更新)

別のリンク先よりダウンロードしたAPKファイルを使って「Moto G4 Plus」へも無事アプリをインストールできました。ホームページのトップページ下にあるDownloadを利用しました。

 

GlocalMe本体の起動

電源ボタンを長押しで起動します。

本体自体は日本語化されているので大体の操作はわかりやすいと思います。

www.instagram.com

 

こちらでQRコードを表示させ、スマホアプリからスキャンしてデバイス認識をさせます。手順は以下参照ください。

 

アプリの使い方

基本的な操作はスマホのアプリから行います。

f:id:apicode:20161002223628j:plain

 

My Device

デバイスをアクティベートします。「Activate Device」をタップすると、QRコードのスキャン画面となります。

GlocalMe本体気を起動してQRコードを表示させ、それをスキャンさせることでデバイス認証作業を行います。

f:id:apicode:20161002200752p:plain

 

Settings

設定です。Languagesで言語を切り替えられますが、日本語はなしです。

f:id:apicode:20161002200710p:plain

 

Traffic Shop

通信プランを購入できます。

f:id:apicode:20161002200907p:plain

 

My Account

購入履歴などを確認できます。

f:id:apicode:20161002201056p:plain

 

ToopUpをタップすることで、利用料に応じた課金のためのデポジットができるようです。

f:id:apicode:20161002200949p:plain

 

デバイス認証がすんでしまえば、あとはGlobalMeの画面に表示されるWiFi名とパスワードを使って、スマホからWiFiへ接続すればOKです。

 

追加購入するには?

利用都度課金もありますが、基本的にはデータパックのような感じで追加購入したほうが安くなると思います。

アプリから「Traffic Shop」を選び、買いたい国のパックを選びます。

韓国だと300MBが4ユーロです。450円ぐらいです。

f:id:apicode:20161016102547j:plain

 

「BUY」を押すと説明書きが出て、アリペイかペイパルで支払うことになります。

f:id:apicode:20161016102600j:plain

 

ペイパルを選ぶといきなりハングル語でした。右上のプルダウンから英語メニューに切り替えできますので安心してください。

f:id:apicode:20161016102612j:plain

 

購入後はアプリのMyVolumeで確認できます。

購入後にすぐに反映されないので、結局2回買ってしまいました。

購入後7日間程度無利用の場合は自動的にキャンセルになるようです。なので大丈夫だとは思いますが....。

 

f:id:apicode:20161016102615j:plain

 

 

評判は?

レビューの評価は?

「国ごとにWiFiのてつづきをしなくてよい」などで便利さを評価する声は多いです。一方、モバイルバッテリーの機能を兼用しているせいか、重さを指摘する声もあります。

 

使った感じは?

使った感じ、まずセットアップでいきなり苦労しました。

アプリがインストールできなかったためです。

結局別リンクからのアプリで対応できました。

 

アプリインストール後は、わりあいサクっと接続まで行けました。

 

実際に海外へ持ち運んで使った感じでは、最初の接続がちょっと時間がかかって冷や汗をかいた?のですが、無事接続されました。

あとはスマホからWiFi経由でネットが使い放題。

 

特に最初の1GBはプレゼント?されています。1GB過ぎるまでは、特に追加購入する必要はありませんでした。

 

モバイルバッテリーとしても使えて、スマホをつないで充電することも無事できました。

 

個人的には十分おすすめできる内容だと思います。ただし初期費用が2万弱かかってますから、何回か海外旅行をする人向けの商品ではあるでしょう。

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。