困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】Cube PDFのまとめ

スポンサーリンク

印刷機能からPDFファイルの作成を指定できるソフトです。印刷機能があれば、たいていのアプリから利用できると思います。

 

Cube PDFとは? 

f:id:apicode:20161228103105p:plain

無料で使えるPDF作成ソフトです。

文書やウェブサイトなどをPDFにしたい場合にご利用いただけます。

印刷機能に組み込まれるため、このソフトを起動してファイルをロードして...といった手間はありません。

また印刷機能に対応していればいいので、市販のたいていのワープロや表計算ソフトなどから使えると思います。

 

ダウンロード

まずはサイトよりダウンロード。

個人、法人、商用を問わず無料でご利用いただけます。

 

PDFにするには?

今回はブラウザからネットのサイトを印刷してみます。

クロームで印刷を実行します。

 

印刷画面になったら「送信先」で「変更」を押します。

f:id:apicode:20161228102212p:plain

 

ちゃんと「Cube PDF」がインストールされていれば、ここから「Cube PDF」を指定することができます。

f:id:apicode:20161228102320p:plain

 

指定が終わったら印刷を実行します。

ちょっと待つと以下のように設定ダイアログがでてきます。

設定があまりわからない場合はそのまま「変換」を押してもよいでしょう。

f:id:apicode:20161228102220p:plain

 

変換が終わると自動でPDFビューワが起動して表示してくれました。

f:id:apicode:20161228102225p:plain

 

ウィンドウズ10で利用できない?

うちではウィンドウズ10でも問題なく使えました。

ただしOSをウィンドウズ10へアップグレードした場合など、フォルダのアクセス権限が変更されて利用できなくなるケースがあるようです。

 

メーカー再度としては、ソフトのアンインストールからの再インストールを推奨しています。

参考:FAQ:CubePDF

 

 

使った感想は?

印刷からPDFにするソフトはいろいろあると思います。

ただしPDFにする場合に表示が崩れるようなケースは多々あると思いますので、予備として?複数の代替えソフトを入れておくのは「あり」だと思います。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。