読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【通信】5G(第5世代移動通信方式)とは?どんなサービスが登場する?


現在4Gが主流な通信方式ですが、ドコモなどは2020年までに商用化を目指し5G(第5世代移動通信方式)の研究開発がすすめられています。

はたして5Gになると、どんなことが実現するのでしょうか。

 

5Gとは?

5

次の世代の移動通信方式です。

主な特徴は以下になります。

 

大容量

特徴はなんといってもより大容量で高速な通信が利用できることです。

10Gbps以上の超高速通信も実現してくるかもしれません。

高速化

速度はさらに早くなり、データ転送の遅延もさらに抑えられます。

IoT対応

今後は車や家電、時計や服などにネットセンサーがたくさんつく時代になるといわれています。

いわゆる「モノのインターネット(IoT)」です。

 

すると、多端末からのアクセスにも対応できるキャパが求められます。

通信での省電力化や、バックエンドの費用の低コスト対応も必要です。

5Gでは、高速大容量通信以外にもIoTにより対応しやすい技術が念頭に開発がすすめられています。

 

5Gでどんなサービスが普及する?

5Gが普及してくるとどんなサービスが利用できるようになるのでしょうか。

 

高画質

20101016-DSC_0795


まず5Gのメリットとして考えられるのが4Kなどの高画質の画像配信です。

テレビや動画配信はますますきれいで、きめ細かい映像で見ることができます。

スマホでも4K表示が当たり前となり、かなり高解像度な表示が可能となります。

 

オリンピックや日本シリーズ、ワールドカップなどの多くのスポーツ番組は、ますます臨場感がアップすることでしょう。

 

ライブコンサートの中継なども、より高画質で楽しめることになるでしょう。

 

 

遠隔医療

NEC-Medical-41

画質があがることで大きなメリットとして考えられるのは遠隔医療などのケースでしょう。

よりディテールのわかる映像があれば、お医者さんはより的確に患者さんの症状を診断しやすくなるでしょう。

 

遠隔医療はこれから普及が見込まれます(すでにアメリカでは遠隔医療サービスを手掛ける会社がナスダックに上場していたりします)。

遠隔医療自体の体制が整備されるとともに、5Gによるきれいな映像配信も追い風になると思います。

 

VR

Google Cardboard

VRはバーチャルリアリティの略称です。

ヘッドマウントディスプレイという視野をまるごと覆い隠すゴッツいディスプレイを装着すると、360度自分の見たい方向を自由に頭を動かすだけで見れてしまいます。

 

VRは、現在グーグルデイドリームやオキュラスリフトなどのいろんな製品がやっと出てきて、コンシューマモデルもこれからといった感じです。

 

VRでゲームや動画を配信するとなると、従来の画像や動画よりもより大量のデータを送ることになります。

1画面を送るだけというのと、360度全方位分のデータを送るのでは、おそらくデータ量が3~10倍ぐらい増えるのではないでしょうか。

となると大容量に対応した通信方法でないとVRのストリーミングはなかなか満足いくクォリティでは配信できないと思います。

 

むしろ5Gのような大容量高速通信が実現してやっと本格的に普及ができるということになるのではないかと思います。

 

自動運転

Tesla

5Gは、現在注目されている自動運転車などにも利用されます。

特に自動車の場合には速度や安定性が命となります。

リアルタイム処理も多くなるであろう自動運転車においては、データ遅延がより少なくなる5Gのネットワーク技術の恩恵も多くなると思われます。

 

またDeNAとドコモによる5G活用実験では、バスからの映像を高品質に転送する...といった活用も行われています。

高解像度の画像が送信されるため、遠隔地のオペレータが転送画像をチェックしやすくなります。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。