困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】3Dビルダーの使い方まとめ

Windows10には3Dプリント用データをつくれるアプリ、3D Builderが付属しています。高機能な3Dアプリではありませんが、初心者の人でも利用しやすいアプリとなっています。3Dプリントアウト機能にも対応しているのも見逃せません。

 

3D Builderとは

ウィンドウズ10で搭載された3D編集ソフトです。

3Dパーツを組み合わせたりして簡単にモデリングデータを作成できます。

3Dプリントへオーダーする機能もあります。

 

バージョンも順調に更新されていて、現在はすっきりしたデザインでかなり使いやすくなっています。

 

(更新 2017/9/9)

どうやら3Dビルダーは、ウィンドウズの更新によっては最初からインストールされなくなるようです。

 

...が安心してください。

引き続きストアからはダウンロードできるようです。

利用したいけどない!....という場合は、ストアからインストールしましょう。

www.microsoft.com

 

3D Builderの使い方

スタートメニューで「すべてのアプリを表示」させると「3D Buidler」があるのでクリックします。

f:id:apicode:20150805085809p:plain

 

するとアプリが起動します。

f:id:apicode:20171213094032p:plain

 

 

「開く」を選んで、3Dのファイルをロードすることができます。

f:id:apicode:20171213100902p:plain

 

オブジェクトを読み込むでは、対応ファイルはSTL、OBJ、3MF、WRL、PLY、GLTF、GLBなどです。

f:id:apicode:20151213152835p:plain

 

挿入

最初は「挿入」メニューが開きます。立方体など好きなアイテムをステージ上へ配置しましょう。

f:id:apicode:20171213094119p:plain

 

 

手前の下にあるパレットで移動、回転、拡縮とモードを切り替えます。

移動したいアイテムをまずクリックで選択。下で(例えば)回転アイコンをクリックすると、回転用の補助線が表示されます。

あとはそれをマウスドラッグで動かします。

f:id:apicode:20171213094127p:plain

 

 

 

3Dの編集では、いろんな角度から物体を見て確認します。

最初に視点の変更などの機能に馴れておいたほうがよいでしょう。

 

オブジェクト

「オブジェクト」メニューでは、「複製」「コピー」「切り取り」「貼り付け」「削除」といったコマンドを選ぶことができます。

f:id:apicode:20171213094354p:plain

 

 

編集

編集では「単純化」「分割」「スムーズ」「エンボス」など、3Dの物体を変化させるコマンドが用意されています。

f:id:apicode:20171213094531p:plain

 

エンボスを選ぶと、文字を彫り物のようにいれることができます。

f:id:apicode:20171213094640p:plain

 

また深度を指定してくぼみをいれることもできます。

f:id:apicode:20171213094647p:plain

 

ペイント

「ペイント」メニューで、色付けをすることができます。

 

f:id:apicode:20171213094738p:plain

 

表示

表示では、影や反射といった状況をオンオフできたり、物体をワイヤーフレーム表示させたりすることができます。 

f:id:apicode:20171213094814p:plain

3D Builderから3Dプリントする

画面右上には3D印刷用のボタンがあります。

押すと、3Dプリント用画面が開き、3Dプリンタがある場合は接続してくれます。

f:id:apicode:20171213094934p:plain

 

クラウドで印刷注文することも可能です。

その場合、オンラインで3D印刷してくれるサービスの大手の一つ「i.materialize」のページへ移動し、注文画面が開きます。

価格も出るのでわかりやすいです。

f:id:apicode:20171213094937p:plain

 

 

 

その他のメニュー

左上のメニューを開くとこんな感じ。

ファイルを開いたり保存するためのメニューがあります。

f:id:apicode:20171213100819p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。