困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】3D Builderの使い方

スポンサーリンク

Windows10には3Dプリント用データをつくれるアプリ、3D Builderが付属しています。高機能な3Dアプリではありませんが、むしろ3D初心者の人にはとっつきやすいアプリとなっています。また3Dプリントアウト機能にも対応しています。

 

3D Builderとは

ウィンドウズ10で搭載された3D編集ソフトです。

3Dパーツを組み合わせたりして簡単にモデリングデータを作成できます。

3Dプリントへオーダーする機能もあります。

 

(更新 2017/9/9)

どうやら3Dビルダーは、ウィンドウズの更新によって非搭載となるようです。

引き続きストアからはダウンロードできるようです。

利用したいけどない!という場合は、ストアのほうを探してみましょう。

 

3D Builderの起動

スタートメニューで「すべてのアプリを表示」させると「3D Buidler」があるのでクリックします。

f:id:apicode:20150805085809p:plain

 

するとアプリが起動します。

f:id:apicode:20161024201319p:plain

 

 

「モデルを読み込む」を選ぶと3Dのファイルをロードすることができます。

対応ファイルはSTL、OBJ、3mfなどです。

f:id:apicode:20151213152835p:plain

 

モデルを適当に選ぶかロードすることで、編集画面へ移動します。

f:id:apicode:20161024201405p:plain

 

 

3D Builderの編集

移動・回転・拡縮

手前の下にあるパレットで移動、回転、拡縮とモードを切り替えます。

移動したいアイテムをまずクリックで選択。下で(例えば)回転アイコンをクリックすると、回転用の補助線が表示されます。

あとはそれをマウスドラッグで動かします。

f:id:apicode:20161024201917p:plain

なおステージ自体は、右クリックしながら画面をドラッグすることで回転させることができます。マウスホイールを使えばズームイン、ズームアウトさせることができます。

 

3Dの編集では、いろんな角度から物体を見る必要があるので、これらの機能を上手に使いましょう。

 

追加・削除

「挿入」メニューで立方体や円錐といったオブジェクトを選択。

あとは画面上をクリックすることで配置することができます。

配置後は移動や拡縮などを行いましょう。

f:id:apicode:20161024202200p:plain

 

メニューで「オブジェクト」を選ぶと、複製や削除といった作業を行えます。

物体を削除したい場合はクリックで先に選択。その後「オブジェクト」メニューの「削除」を実行しましょう。

f:id:apicode:20161024202205p:plain

 

カラー・テクスチャ

物体を選択後、「素材」メニューを選び、選択肢からカラーを選ぶことで色を変えることができます。

色は「カスタム素材の追加」で増やすことができます。

f:id:apicode:20161024202522p:plain

 

今回はテクスチャ(画像ファイルをそのまま3Dへマッピングする)については機能ボタンのようなものはみつかりませんでした。

 

ひょっとすると3Dプリンタ印刷との兼ね合い(3Dプリンタでテクスチャを使う場合、3Dプリント用マテリアルが限定される)もあって機能が用意されていないような気もします。

 

テクスチャについては、また何かわかり次第更新したいと思います。

 

3D Builderから3Dプリントする

画面右上には3D印刷用のボタンがあります。

f:id:apicode:20161024202847p:plain

 

クリックすると、クラウド型の3Dプリントサービスと接続できます。

試していませんが、データをオンライン注文すると3Dプリントして届けてくれると思います。興味ある方は挑戦してみましょう。

f:id:apicode:20161024202857p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。