困ったー

困ったことを調べたブログ

【アンドロイド】グーグル2段階認証まとめ

機種変更した場合には、グーグル認証の設定も変更しておきましょう。

グーグル認証では2段階認証で、携帯電話から認証用コードを発行することで本人確認をより厳密に行うものです。

 

グーグル2段階認証とは?

アンドロイドスマホを使ったり、gmailなどのグーグルのサービスを利用するにはgoogleアカウントが必要となります。

 

不正なアクセスをされないようにするには、2段階認証を利用することができます。

 

通常、ユーザ名(メール名)とパスワードによって本人確認をします。

2段階となると2つめの確認が行われることになります。

 

スマホ宛にSMSで番号を送る場合や、スマホのコード生成アプリを利用して一時的に利用可能なコードを取得するといったやり方が用いられます。

この場合、利用可能なスマホは登録されている機種のものに制限されるため、本人確認がより強固になります。

 

パスワードだけであれば、本人じゃなくても知ってしまえばいくらでもアクセス可能になりますから、2段階認証の方がはるかに安全といえるでしょう。

 

機種変更前後の設定は?

Aというスマホから、Bというスマホに切り替えるとします。

 

2段階認証をしている場合、Bというスマホをアカウントに登録する必要があります。

しかしBというスマホでログインしようとすると2段階認証用コードをみるためにAというスマホから確認しないといけません。

運悪くBを買ったときに、Aを処分してしまったとしたらもうコードが見れなくなります。結果としてBというスマホでは自分のアカウントにログインできないという怖い事態になります。

 

したがってスマホの買い替えの時には、一度2段階認証をオフにしておいてメールアドレスとパスワードだけでログインできるようにしておいたほうが便利だと思います。

新機種でログイン後に2段階認証をオンにしなおせばいいからです。

 

2段階認証を利用するには

スマホにグーグル認証のアプリをインストールする必要があります。

もちろん無料です。

play.google.com

 

2段階認証でログインするには?

2段階認証でログインの仕方です。

グーグルアカウントのページへ移動します。

まずは自分のメールアドレスを入れます。たいていは(○○○○@gmail.com)。

f:id:apicode:20160501093807p:plain

 

次にパスワードを入れます。

f:id:apicode:20160501093810p:plain

 

すると2段階認証プロセスとなり、確認コードが必要になります。

f:id:apicode:20160501093813p:plain

 

確認コードは、Google認証システムのアプリを起動すると表示されます。

なお一定の時間がたつとコードは変更になります。

こうすることで、コードを盗み見されても後で使えなくなるようになっています。

右の円チャートによって残り時間がわかります。

出きれば残り時間がたっぷりあるときにコードを記憶して入力するようにしましょう。

f:id:apicode:20160501093816p:plain

 

コードが無事OKならこれでログインできました。

 

 

2段階認証を設定するには?

グーグルにログイン

クロームなどのブラウザからグーグルのセキュリティページへログインします。

https://myaccount.google.com/security?pli=1

 

2段階認証プロセスをクリック。

f:id:apicode:20151006092408p:plain

 

受け取り方法で「別の携帯端末に移動」をクリック。

f:id:apicode:20151006092410p:plain

 

機種変更した機種を選択し「次へ」。

f:id:apicode:20151006092412p:plain

 

認証アプリを起動します。

そして、バーコードをスキャンで表示されているQRコードを読み取ります。

認証コードの数字が出てきたらそれを入力すればOKです。

f:id:apicode:20151006092414p:plain

 

2段階認証を解除にするには?

グーグルのアカウントページへ移動・ログインします。

https://myaccount.google.com/

f:id:apicode:20160501094318p:plain

 

 

「ログインとセキュリティ」から「Googleへのログイン」を選びます。

f:id:apicode:20160501094322p:plain

 

下のほうに「2段階認証プロセス」という項目があるのでタップ。

f:id:apicode:20160501094324p:plain

 

「2段階認証プロセス」が有効になっていれば「オフにする」をタップします。

f:id:apicode:20160501094328p:plain

 

確認が出てくるので、オフの場合はそのまま下にある「オフにする」ボタンをタップします。

f:id:apicode:20160501094331p:plain

 

2段階認証に失敗する場合は?

認証アプリは時刻によってパスワードを変更します。スマホの時刻設定が正しくない場合には認証コードも正確でない可能性があります。

 

スマホの日時を確認する

まずはスマホの設定>日時と時間設定で、現在の時刻が正しく設定されているか確認しましょう。設定後、念のため認証アプリを再起動します。

 

アプリで同期を実行する

認証アプリの右上のメニューをタップ。設定から「コードの時刻調整」を選びます。

「今すぐ同期」を実行すると、同期が正しくセットされます。

 

参考:2FA token is always invalid, how do I fix this? – CEX.IO HELP CENTRE

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。