困ったー

困ったことを調べたブログ

【スカイプ】新バージョンの使い方

スカイプがデザイン一新となりました。使った感じ、すっきりしており使いやすくなっています。設定も項目が大きく減っており、そのあたりも評価できると思います。

ここではスカイプの新バージョンについての情報をまとめていきます。

 

新スカイプの使い方

スカイプのデザインが一新されました。

全体的にすっきりしていることが一番でしょうか。

 

インストール

入手するには、まず以下サイトからダウンロード、インストールしましょう。

https://www.skype.com/ja/get-skype/

f:id:apicode:20171101094259j:plain

 

無事インストールがおわれば起動しましょう。

マイクロソフトアカウントがあれば、そちらでもログインできます。

f:id:apicode:20171101093257j:plain

 

最初にテーマの設定などをおこないます。

そのままスキップしてもOKです。

f:id:apicode:20171101093300j:plain

 

通話する

通話方法は大きくはかわりません。

左のバーの一覧から通話したい相手を選びます。

f:id:apicode:20171101093303j:plain

 

相手を表示したら、右上にある電話ボタンをクリックするとコールします。

その隣にはビデオ通話ボタンもあります。

f:id:apicode:20171101093306j:plain

 

するとツルツルー、ツルツルーっと呼び出します。

f:id:apicode:20171101093316j:plain

 

つながらない場合はこんな感じ。

f:id:apicode:20171101093311j:plain

 

下にはチャット画面があります。

文章をうって、右はしの折り紙ボタンをおすと送信できます。

f:id:apicode:20171101093319j:plain

 

チャット部分の右端にあるビット文字アイコンをタップすると、アイコンを選ぶことができます。

f:id:apicode:20171101093323j:plain

 

チャット部分の右端にあるファイルアイコンをクリックすると、ファイルを選んで相手に転送することができます。

f:id:apicode:20171101093326j:plain

 

アカウント設定

左上の自分の顔アイコンをクリックすると、アカウントやプロフィールなどの設定へアクセスすることができます。

f:id:apicode:20171101095457j:plain

 

設定する

今回の新バージョンでは、設定画面が一気にスリムになりました。

以前はどこにどこ?といった感じでした。

 

上部にあるメニューボタンをクリックすると、「アプリケーションの設定」「オーディオとビデオの設定」ぐらいになっています。

f:id:apicode:20171101093329j:plain

 

アプリの基本設定は前者、音声やビデオの動作については後者になります。

 

アプリケーション設定

通知やアプリの状態(自動的に開始するか、終了させるかなど)が設定できます。

f:id:apicode:20171101093339j:plain

 

下のほうにはプライバシー関連の項目があります。

f:id:apicode:20171101093343j:plain

 

「skypeでユーザを検索する方法を管理します」からは、自分のスカイプ名が検索に出るかどうかを設定できます。

スカイプでは変な人から?不審なコールがある場合もあります。

そういうのが嫌なら、ここで検索に出ないようにしておくとよいでしょう。

f:id:apicode:20171101093346j:plain

 

オーディオとビデオの設定

こちらでは音声やビデオの設定を行います。

特にマイクやビデオカメラの切り替えがプルダウンから行えるようになり、これは非常に便利になったと思います。

というのも、人によってはヘッドセットを使う場合や使わない場合でいちいち切り替えるのが面倒というケースもあるからです。

f:id:apicode:20171101093332j:plain

 

新スカイプにバージョンアップすべき?

使いやすくなっていますので、基本的にはバージョンアップしてもよいでしょう。

 

ただし、新ソフトへの切り替えではかならず不具合を伴います。

インストール後は、まず「オーディオとビデオの設定」を開き「無料テスト通話」を試してみましょう。

 

ここへかけると、自動音声が流れます。

続けて自分がしゃべり、その音声が再生されれば通話ができることが確認できることになります。

 

テストがうまくいかない場合には、マイク設定を再度確認しましょう。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。