読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

Lenovo Service Bridgeとは?


普通にパソコンを使っていたら、Lenovo Service Bridgeによるエラーダイアログがでてきました。果たしてLenovo Service Bridgeとは?エラーが出ないようにするには?

 

Lenovo Service Bridgeのエラーは?

Thinks!

エラー内容は?

普通にパソコンを使っていたら、Lenovo Service Bridgeによるエラーダイアログがでてきました。

エラー内容は「Lenovo Service Bridge用のHTTPサーバが起動できない。50123か50124のポートが利用可能か確認しましょう」というもの。

f:id:apicode:20170211100118p:plain

 

Lenovo Service Bridgeとは?

Lenovoのページによれば、「Lenovo サポートサイトの各種機能を使いやすくし、サイトのナビゲーションを円滑にするための Windows ソフトウェア」となっています。

よくわかりません(w)。

 

機種やシリアル番号を特定してくれるので、ユーザが選択する手間を省いてくれるようです。またファイルダウンロードでは複数ファイルのダウンロードをまとめてできるようにし、停止や再開も可能にするといいます。

このあたりも全然意味がよくわかりません。

 

ウィンドウズの操作には必須ではないように思うので、なくても大丈夫なのかもしれません。

 

Lenovo Service Bridgeのエラーを防ぐには?

アンインストールすることができ、「コントロールパネル>プログラム>プログラムのアンインストール」で「Lenovo Service Bridge」を選んでアンインストールします。

 

Lenovo Service Bridgeは、タスクスケジュールに登録されており自動で起動するようです。アンインストールだけでタスクスケジュールの方が消えてないというケースもあるかもしれませんので、その場合は手動でオフにしておくとよいでしょう。

 

「ファイル名を指定して実行」で「taskschd.msc」といれてタスクスケジューラを起動します。

タスクスケジューラで「Lenovo」のところに「Lenovo Service Bridge」があります。

右クリックして「無効」または「削除」を実行します。

f:id:apicode:20170211100122p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。