困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows 10】PDFが開かない場合は?

スポンサーリンク

Windows 10にアップグレードしたら、PDFファイルが開かないという場合があります。果たしてそのようなときの対応はどうすればよいのでしょうか?

 

PDFが開かない場合は?

http://www.flickr.com/photos/49531720@N00/422362185

photo by Ann Douglas

PDFリーダーの設定を変更する

PDFは、やはりPDFの本家であるアドビのPDFリーダーで見るのが一番確実です。

ウィンドウズ7などではPDFが見れているのに、ウィンドウズ10にアップグレードしたらみれなくなった!....という場合には設定を変更すると治るかもしれません。

 

リーダー起動し、「編集>環境設定」を選びます。

f:id:apicode:20160408095143p:plain

 

セキュリティ(拡張)」のところで、「起動時に保護モードを有効にする」をオフにします。

f:id:apicode:20160620154704j:plain

上記はアドビアクロバットリーダDCでの設定画面です。

アドビリーダーなどではこの項目がない場合もあります。

参考:Windows 10 - cannot open pdf files in Reader DC | Adobe Community

 

 

PDFビューワーを更新する

ビューワやPDFコンポーネントのバージョンが古い可能性が考えられます。

アドビのPDFビューワを最新のものにしておくとよいでしょう。

get.adobe.com

なお、再インストールなどがエラーでうまくいいかない場合には、完全にアンインストールするとよいでしょう。アドビではクリーンアップツールを提供しています。

まずサイトへアクセス。

Download Adobe Reader and Acrobat Cleaner Tool - Adobe Labs

 

チェックボックスをチェックするとリンクが現れます。

「AcroCleaner for DC and later」 で「Download Adobe Reader DC and Acrobat DC Cleaner Tool for Windows version 4.0」をダウンロード。起動し、「Next」「Accept」で進みます。

Readerを選び、Readerのあるディレクトリを指定すると無事削除できました。

f:id:apicode:20160620154131j:plain

 

 

PDFアプリを変更する

PDFファイルをいつもとは違うアプリで起動すると見れるかもしれません。

 

起動するアプリを変更する

PDFファイルをダブルクリックなどで起動したときに立ち上がるアプリを変更してみましょう。

特に、ウィンドウズ10にしたらPDFが起動する既定のアプリが変更されている場合があります。

 

「設定>システム>既定のアプリ」を選びます。

次に「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」を実行します。

f:id:apicode:20160430204545p:plain

 

左側に拡張子の一覧が出ます。

PDF」のところまで移動。右側に既定のアプリがあるのでクリックします。

するとPDFに対応しているアプリの選択肢が出てきますので、任意のアプリを選びます。

f:id:apicode:20160430204457p:plain

 

PDFを開けるアプリは?

PDFといえばアドビリーダなどが一般的によく使われています。

 

ウィンドウズ10では、標準的にEdgeというウェブブラウザーがついています。EdgeではPDFビューワがビルトインされているため、Edgeから開くとPDFが見れます。

 

他にもPDFソフトがリリースされています。PDFが見れない場合には以下のアプリをお試しください。

 

Adobe Reader Touch

f:id:apicode:20160520204152p:plain

無料アプリ。

日本語メニューになっています。

アドビのPDFリーダで、タッチインタフェース用です。しかしPCでも無事起動して、日本語PDFを読むことができました。 

apicodes.hatenablog.com

リーダー

f:id:apicode:20160520204456p:plain

無料アプリ。

日本語ファイルも開けたうえ、インタフェースも日本語です。

しかし文字がにじんだようで、スッキリ表示されない感じなのが残念です。 

apicodes.hatenablog.com 

 

Drawboard PDF

f:id:apicode:20160524094632j:plain

PDF注釈ツール。有料アプリ(執筆時1000円)ですが無料体験版が利用できます。

日本語メニューはありません。

本来PDFに書き込みをするツールなのですが、日本語PDFを開いて無事表示できており、ビューワとしても使えます。

apicodes.hatenablog.com

 

PDF Annotation

f:id:apicode:20160524193356j:plain

PDFに注釈をつけられる有料のPDFソフト。

メニューは日本語化されています。

残念ながらうちで試したところでは、日本語ファイルは開けましたがハイライト注釈をつけると位置がずれてしまいました。

体験版は無しです。

apicodes.hatenablog.com

Open PDF+

f:id:apicode:20160520205332p:plain

無料アプリ(アプリ内課金制)といいつつ、後は何かのタイミングで購入してねと出てきます。

試用期間後は有料となるようです。

250円なので高くはありませんが、「アプリ購入するとどうなる」という説明もないのでちょっと不満です。

一応日本語ファイルは開けましたが、動作はもっさりしているのと、試したファイルは色がでていませんでした。 

apicodes.hatenablog.com

 

PDFをJPEGに変換する

PDFがどうやっても見れない!という場合にはPDFをJPEG画像に変換することで見ることができるかもしれません。

オンライン上にはPDFをJPEG画像に変換してくれるサービスがあります。

そして大抵のウェブブラウザではJPEG表示は可能です。

 

スマートPDF

smallpdf.com

変換するとページごとにサムネイルが表示され、クリックするとダウンロードできます。

また下に「ZIPでダウンロード」ボタンが出てきて一括ダウンロードも可能です。

日本語も大丈夫でした。

 

PDF2JPGネット

その名もPDF2JPGネットは、PDFをアップするとJPEGファイルに変換するサイトです。

pdf2jpg.net

「Choose a PDF file」というボタンを押してファイルを指定。「Convert PDF to JPG」というボタンを押して変換します。(最大25MBまで)

 

変換後はページごとに見たりダウンロードできます。

「You can download your pictures as a ZIP file.」で一括ファイルとしてダウンロードできます。

 

ただし日本語ファイルだとうまく変換できないかもしれません。

 

 

PDFがうまく印刷できない場合は?

表示はできるがうまく印刷できない場合の対応です。

 

保護モードをオフにする

保護モードのチェックを外したら印刷できたというケースが報告されています。

編集で環境設定を選びます。

「文書」は「 PDF/Aモードで文書を表示 適用しない」

「セキュリティ(拡張)」で「起動時に保護モードを有効にする」をオフにします。

 

参考:Windows 10 Anniversary Update後にPDFファイルをAdobe Acrobat Reader - マイクロソフト コミュニティ

 

エッジ以外のアプリで開く

エッジからPDFを開いている場合、ファイルによってはうまく印刷できないケースがあるようです。

アドビPDFリーダなどから開いて印刷してみましょう。

 

イメージとして印刷

オプションで「イメージとして印刷」があれば、チェックしてから印刷します。

 

ファイルを保存しなおす

ブラウザでネット上のファイルをロードした場合、一部のデータがうまくよめなかったりします。そこで、一度ファイルをダウンロードしてお手持ちのPC内に保存します。

それから、保存したファイルを開きなおして印刷を実行します。

参考:Troubleshoot PDF printing in Adobe Acrobat and Reader

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。