読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー

困ったことを調べたブログ

【ワード2016】ウィンドウズ10での使い方まとめ

オフィス2016にしたりワード2016にアップグレードした人も多いと思います。

果たしてどんな新機能があるのでしょうか。また、基本的な使い方も再確認しておきましょう。

 

ワードをウィンドウズ10で使うには?

すでにワードを利用している場合、ウィンドウズ10へアップグレードしてもワードは利用できます。ワード2010などもウィンドウズ10ではちゃんと動作します。

 

ウィンドウズ10にしただけでは最新版のワード2016には自動的にはなりませんので注意しましょう。

 

なお、ウィンドウズ10でワード2016を利用する場合、パッケージを買う場合とオフィス365のような定期購入サービスを利用する場合があります。以下参照に便利な方を利用するとよいでしょう。

apicodes.hatenablog.com

 

 

ワードの使い方は?

文字を編集するには

起動後は文字を普通に打っていけば入力できます。最初は「ホーム」タブがメインで、リボンでは文字編集のコマンドが並んでいます。

f:id:apicode:20160509092018p:plain

 

文字入力後に選択して右クリックすることで、文字変換をし直したり、カット・コピーなどの操作を行うことができます。

f:id:apicode:20160504164957p:plain

 

デザインをきれいにするには?

デザインタブではデザインのフォーマットや配色パターンを選ぶことができます。

f:id:apicode:20160509093436p:plain

 

文字を選択後、右クリックしてメニューからスタイルを選びます。

あとは「表題」「見出し1」「見出し2」「強調文字」などの種類を選ぶと、指定したデザインパターンに応じた文字装飾やカラーリングが適用されます。

f:id:apicode:20160509093555p:plain

 

画像を挿入するには?

「挿入」では表やアドイン、画像を挿入できます。

「オンライン画像」を選ぶと「Bing」で写真を検索し、目的に合ったものを追加することも簡単にできます。

f:id:apicode:20160509092942p:plain

 

サイズを変更するには?

レイアウトメニューを選び、リボンからサイズを選べば自由に変更できます。

f:id:apicode:20160504101842p:plain

 

ブラウザで表示するには?

ブラウザでプレビューは初期状態ではリボンにありません。

追加するには「ファイル>オプション>リボンのユーザー設定」で「リボンになりコマンド」をプルダウンから選びます。

「ブラウザーでプレビュー」というのがあるので選択。

f:id:apicode:20160504110506p:plain

あとは「新しいグループ」を作ってそこへ追加します。

f:id:apicode:20160504110653p:plain

今回はホームへ追加したので、ホームのリボンにボタンが出てきます。利用するときはクリックすればOKです。

f:id:apicode:20160504110808p:plain

 

印刷するには?

上の「ファイル」タブをクリック。

f:id:apicode:20150831141126p:plain

 

すると、左の一覧に「印刷」とあるのでそれをクリック。

印刷設定画面になり、「印刷ボタン」を押せば印刷します。

f:id:apicode:20150831141159p:plain

 

この画面から元に戻るには、左側一番上にある「←」マークのボタンを押しましょう。

 

 

よく印刷を行う場合には、上記の方法だとちょっとひと手間多いです。

そこで、クリックアクセスツールバーにボタンを置きます。「クィック印刷」や「印刷プレビューと印刷」ボタンをメニューで指定して配置します。あとは、ボタンを押すだけで印刷へ移動できます。

f:id:apicode:20150831141459p:plain

 

 

手順が面倒なので「コントロールキー+P」でももちろん可能です。

 

ワード2016での新機能は?

ヘルプ

テルミーという新しいヘルプ機能が追加されました。

文章をテルミーのところへ打つと、ヘルプ内容がすぐ調べられるというものです。

ワードの全部の機能を覚えるのは無理ですから、不明箇所がこうしてすぐに調べられるのは便利です。

例えば「テーブル」とうつと「テーブル」に関連したヘルプトピックが一覧できます。

f:id:apicode:20160509092221p:plain

 

数式

挿入>記号と特殊文字>インク文字で、描画ツールを使って数式を作成できるようになります。

f:id:apicode:20160509092508p:plain

文字に自動的に認識、変換されます。

たまたまサンプルでうった数式はうまく変換できませんでしたが(笑)。

f:id:apicode:20160509092536p:plain

 

共有機能

画面右上に共有ボタンがあり、簡単にドキュメントのシェアが可能となりました。

f:id:apicode:20160509092654p:plain

先にワンドライブへファイルを保存します。これによって他のユーザと共同で文書を執筆することもできるようになります。

f:id:apicode:20160509092758p:plain

 

ワード2016の不具合

起動が遅い場合

起動が遅い、フリーズが増えたなどの場合は以下の設定を見直してみましょう。

apicodes.hatenablog.com

 

Microsoft Word 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)

Microsoft Word 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。