困ったー

困ったことを調べたブログ

【アップルウォッチ3】レビュー 買うべき?

アップルウォッチ3は、今までのウォッチよりも高速化やバッテリー持続が改善。なによりLTE対応となり、時計からも通話ができるようになりました。 値段はまだ高価ですが、気になったため初めて購入してみました。

 

アップルウォッチ3とは?

アップルがリリースしたスマートウォッチです。

 

従来はアイフォンとの組み合わせで通信を行っていましたが、シリーズ3となってからは単独で通信機能を備えました。  

 

通信機能付きはGPS+セルラーモデルとなり、通信機能のないアップルウォッチ歯GPSモデルとして販売されています。  

GPS+セルラーモデルでは、アイフォンがなくても通知が表示できたり、電話自体もアップルウォッチのみでできるようになりました。  

 

キャリアとしては、ドコモ、au、ソフトバンクのどれかを指定する必要があります。  

 

アップルウォッチ3のレビュー

商品レビュー

届くとこんな感じ。 https://www.instagram.com/p/BZqS7ArF54C/ #applewatch3  

 

内箱を開けるとこんな感じ。 https://www.instagram.com/p/BZqTC43FsEw/ #applewatch3  

 

下のほうには充電用ケーブルがあります。 https://www.instagram.com/p/BZqTNK7FARv/ #applewatch #applewatch3  

 

右下のボタンを長押しすると起動します。 f:id:apicode:20170930202817j:plain  

 

するとアイフォンを近くに置くよう指示されます。 #applewatch  

 

アイフォンを近づけると、アイフォンのほうにアップルウォッチのアプリがインストールされます。

f:id:apicode:20170930202829j:plain  

 

ペアリングする

アイフォンのほうのアップルウォッチアプリを起動します。

f:id:apicode:20170930214949j:plain  

 

利用規約に同意し、「ペアリングを開始」」を実行します。 f:id:apicode:20170930210953j:plain  

 

ペアリングでは、カメラからアップルウォッチの画面を写してウォッチと同期を開始します。

f:id:apicode:20170930214825j:plain    

 

無事ペアリングが終われば各種設定に入ります。

まずは装着する腕を指定します。

f:id:apicode:20170930214856j:plain  

 

こちらはGPSを使った経路追跡の設定です。 f:id:apicode:20170930211116j:plain  

 

設定としては位置情報、siri、解析データが共有されます。 f:id:apicode:20170930211105j:plain  

 

アップルウォッチでは活動量計として活用する方も多いでしょうから、アクティビティを設定することができます。 

f:id:apicode:20170930211219j:plain  

 

1日の消費カロリーを設定することができます。 f:id:apicode:20170930211235j:plain  

 

SOSボタンの設定もあります。

f:id:apicode:20170930211326j:plain  

 

モバイル通信では単独での通信が設定されます。

うちでは自動的にドコモが起動しました。 ただし今日は月末なので来月頭に再度設定しようかなと思います(一応日割りとは書いていましたが...)

f:id:apicode:20170930211347j:plain  

 

アイフォンとアップルウォッチで共用できるアプリが自動でインストールできます。

うちで使っているインスタグラムやメッセンジャーなどのアプリが自動で入りました。

f:id:apicode:20170930211458j:plain  

 

以上で大体の設定はおしまいです。

f:id:apicode:20170930211601j:plain   

 

 

アップルウォッチ3は買い?

アップルウォッチ3は現在アップルのネットストアなどえ販売されています。

 

うちではレビューを見てからほしくなったので、ネットのアップルストアで注文しました。  

 

GPSのみ対応のモデルは数日で届くようですが、GPS+セルラーモデルは3-4週間の待ちと表示されていました。 しかし実際には1週間ほどで届きました。 オンラインストアの各店の取り扱い状況は以下ページを参照ください。 

 

装着感は?

アップルウォッチでは38と42ミリの2つのモデルがあります。

 

42ミリのほうが大きめとなります。  

うちが購入したのは38ミリモデルです。 それでも、見た目はちょっと大きいかなと思いましたが、つけてみると重さは感じずです。 軽いので長時間つけていても大丈夫かなという印象です。  

 

ただしディスプレイは小さめ。 タッチパネルでの操作は、ぎりぎり許容範囲といったところで小さいことは小さいです。

あまりごちゃごちゃした操作が苦手な人は、42ミリモデルのほうがいいかもしれませんね。  

 

バンドやアクセサリーは?

購入したスポーツループというバンドは、見た目は結構チープでちゃっちいです。 しかし、ジョギングやジム、睡眠時などのフィット感はしっかりあるので、運動中心に利用される場合にはそんなに問題ないでしょう。  

皮やステンレスといったバンドも販売されていますので、気に入らない場合にはそちらを検討してみるとよいでしょう。 

   

写真機能は?

まだカメラがついていないです。 インスタはウォッチ用アプリがあるので、最新のタイムラインをチェックできます。

また「カメラ」アプリはあってアイフォンを遠隔撮影することはできます。  

 

通話機能は?

試したところ、問題なく通話できました。  

 

睡眠管理は?

ウォッチをつけたまま寝ると睡眠記録が取れるアプリを試してみました。 ウォッチを装着して寝ることに問題がなければ、結構実用性があると思います。  

 

防水機能は?

ウォッチでは防水ボタンを押すようになっています。

 

(時計を上にスワイプして、コントロールセンターを表示。すると水滴ボタンが確認できるかと思います)  

先日、それを忘れたままウォッチを付けたままシャワーをしてしまいました。 ...で、後でビビったのですが、一応大丈夫でした。

なので日常の急な雨ぐらいは、特に設定しなくても大丈夫かもしれません。 ただし水泳やシャワーなどの場合、

 

一応防水ボタンを押しておいたほうがよいでしょう。なんたって高いですしね。  

 

 

価格とコスパは?

価格的には5万ぐらいになります。スマホ1台分と考えれば、なかなかの金額です。 なので素直におすすめというと微妙です。  

 

ただしアイフォンにしろ、エアポッズにしろ、アップル製品は高いです。

 

が、毎日使うもの...と考えれば実はコスパは悪くないのかもしれません。  

 

トータルでは?

結局電話がかかってきて対応することを考えると、スマホは随時携帯しておきたいものでした。  

 

しかし「電話がウォッチでもできる」...ととなると、「ウォッチだけでもいいや」という選択肢が増えると思います。  

 

うちはジョギング、ジムなどはよく利用するので、そこでウォッチだけで済むというのは思ったより快適でした。   ゴルフ(あるいはプール)の時も、スマホなしでウォッチだけでいけるのは便利だったりします。  

 

もちろんウォッチではカメラもなく、ネットサーフィンもできません。 なので全部をウォッチで置き換えることはできないとは思います。  

日常のシーンで「スマホでいく」「ウォッチだけで済ます」といった選択肢が増えることを良しとするのであれば、ウォッチの購入はおすすめできると思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。