困ったー

困ったことを調べたブログ

【アップルウォッチ】バッテリーやメモリを確認するには?

アップルウォッチ3を上手に活用するには、バッテリーやメモリ残量のチェックが欠かせません。ここでは利用量のチェック方法や節約方法についてまとめていきます。

バッテリー

kayla williams

 

バッテリーを確認する

バッテリー残量の確認は大事です。 確認するのに便利なアプリがあるので入れておくとよいでしょう。  

 

コントロールセンター

時計表示画面で画面を上にスワイプするとコントロールセンターが出ます。 するとバッテリー残量もすぐチェックできます。 この場合64%となっています。 f:id:apicode:20171001093610p:plain  

 

タップすると拡大してわかりやすく表示されます。 下には「省電力モード」用のスライドボタンがあります。

f:id:apicode:20171001093613p:plain    

 

Power 2

時計画面に表示させるにはPower 2というアプリを使います。

f:id:apicode:20170930232926p:plain  

アイフォンで見るとこんな感じ。アイフォンからアップルウォッチの残量をチェックすることもできます。

f:id:apicode:20171001093844j:plain  

有料アプリ240円。

Power 2 for iPhone and Apple Watchを App Store で  

 

バッテリーを持たせる

ワークアウト省電力モード

電源が少ない時には、なるべくバッテリーの減りが少なくなるようにしたいものです。 アップルウォッチでは「設定>一般」で「ワークアウト省電力モード」をオンにすると、ワークアウト中のモバイル通信や心拍センサーをオフにできます。  

 

アプリのバックグラウンド更新を停止する

最新版にしておく必要の少ないアプリは、バックグラウンドう更新を停止しておくことで無駄なバッテリー消耗を減らすことができます。 このへんはアイフォンと一緒ですね。

f:id:apicode:20171001191423p:plain   @f

 

メモリ

girl-child-blonde-suitcase-mood-wallpaper-2560x1600

 

メモリを確認する

アイフォンのアップルウォッチアプリで「設定>一般」を実行します。 すると容量や使用可能サイズが表示されます。 ちなみにうちのは容量が13GB,使用可能が11.3GBと表示されているのがわかります。

f:id:apicode:20170930224440j:plain  

 

メモリを節約する

不要なアプリを削除する

アプリがたくさんあると、選びにくくなります。 そこであまり使わないものはアンインストールしておくとよいでしょう。 アイフォンのウォッチアプリで下のほうにアプリ一覧があります。 アンインストールしたいアプリを選びます。

f:id:apicode:20171001202434j:plain  

 

「AppをApple Watchで表示」をオフにすると、アップルウォッチのほうでインストールされます。

f:id:apicode:20171001202457j:plain  

 

安心してください。 「利用可能なApp」として下のほうに出てきますので再度インストールするのは簡単にできるようになっています。

f:id:apicode:20171001202447j:plain  

 

同期するアルバムを指定する

容量を節約するには、画像データの量を多くしないことが大事です。 アップルの「フォト」アプリでは同期するアルバムを指定できます。

 

やみくもに全部の写真を同期させると容量がすぐなくなると思うので、ウォッチで人に見せれるようのもの(ペットの写真とか?)だけアルバムにまとめておいてそれを同期させるようにしましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。